Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

WCF RIAServicesで業務アプリケーションをよりシンプルに

Silverlight 4で作る新しいRIAアプリケーション(3)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Silverlight 4では、n階層に分割されたアプリケーションを作成するためのフレームワークとして、WCF RIA Servicesが提供されています。今後2回に渡りWCF RIA Servicesの概要と仕組みを紹介します。今回は、GUIを利用したWCF RIA Servicesの簡単なアプリケーションの作成を通じてWCF RIA Servicesの概要を解説します。

目次

はじめに

 Silverlight 4では、n階層に分割されたアプリケーションを作成するためのアプリケーションフレームワークとして、WCF RIA Servicesが提供されています。

 これから2回に渡って、WCF RIA Servicesの概要と仕組みについて解説を行います。前編の今回は、GUIを利用した開発でWCF RIA Servicesの簡単なアプリケーションの作成を通じてWCF RIA Servicesの概要を解説します。

WCF RIA Servicesとは

 WCF RIA Servicesは、Silverlight 4で追加された、Silverlightでn階層アプリケーションを簡単に作成するためのアプリケーションフレームワークです。

n階層型のアプリケーション

 Silverlightでの業務アプリケーション構築を考えた場合、いくつかの課題が頭の中に浮かびます。最も頭を悩ませるのは、Silverlightでサーバリソースを更新したい場合です。通常、Webブラウザで動作しているSilverlightから、データセンターのデータを直接更新することはできません。そのため、データセンター側にWCF等のサービスを作成し、更新や検索の処理を任せる必要があります。図1はn階層アプリケーションを簡単に示した図です。

図1 n階層アプリケーション
図1 n階層アプリケーション

これまでのアプリケーション開発

 n階層型アプリケーションの開発の問題点として、データの検証ロジックなどでサーバ側とクライアント側で同じような処理を重複して記述したり、データモデルの変更時にクライアント側とサーバのモデルを更新する必要がある、などが挙げられます。さらに、Silverlightには同期通信の仕組みが存在しないため、複雑な業務ロジックが絡んでくると、本来作成したい業務ロジックがサービス呼び出しのためのシステム的なコードに埋もれ、肝心な部分が分かりにくくなる可能性もあります。

 WCF RIA Servicesを使用しない場合のサーバサービスとの連携については、連載記事「Silverlightとサーバサービスの連携」を参照してください。この記事はSilverlight 2のときの記事ですが、単純なサービス呼び出しについてはあまり変わらないので、参考になるでしょう。

Silverlight 4で提供されたWCF RIA Services

 Silverlight 4で提供が開始されたWCF RIA Servicesでは、サーバとサービスの連携コードや検証ロジック、サーバ側との共有コードを自動生成することで、プログラマーは重要な業務ロジックに専念できます。WCF RIA Servicesにおけるコードの自動生成の概要を図2に示します。

図2 WCF RIA Servicesのコード自動生成
図2 WCF RIA Servicesのコード自動生成

 つまり、WCF RIA Servicesとは、Silverlightのn階層開発において、主要な部分の開発のみに開発者が注力できるように整備されたアプリケーションフレームワークであると言えます。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 山田 祥寛(ヤマダ ヨシヒロ)

    静岡県榛原町生まれ。一橋大学経済学部卒業後、NECにてシステム企画業務に携わるが、2003年4月に念願かなってフリーライターに転身。Microsoft MVP for ASP/ASP.NET。執筆コミュニティ「WINGSプロジェクト」代表。 主な著書に「入門シリーズ(サーバサイドAjax/XMLD...

  • WINGSプロジェクト かるあ (杉山 洋一)(カルア(スギヤマ ヨウイチ))

    <WINGSプロジェクトについて> 有限会社 WINGSプロジェクトが運営する、テクニカル執筆コミュニティ(代表 山田祥寛)。主にWeb開発分野の書籍/記事執筆、翻訳、講演等を幅広く手がける。2018年11月時点での登録メンバは55名で、現在も執筆メンバを募集中。興味のある方は、どしどし応募頂...

バックナンバー

連載:Silverlight 4で作る新しいRIAアプリケーション

もっと読む

All contents copyright © 2005-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5