Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

ドラッグ&ドロップで項目移動できる
ツリービューを持ったSilverlightアプリケーションの作成

ComponentOne Studio for SilverlightのC1TreeViewコントロールを使ったWebページの作成

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2011/06/14 14:00
目次

C1TreeViewコントロールについて

 TreeView for Silverlightは、データ項目を階層的に表示するコントロールです。WPFやWindowsフォーム、Silverlightに標準で装備されているTreeViewコントロールに似ていますが、標準コントロールよりもさらに多い、次のような機能を備えています。

ノードのドラッグ&ドロップ

 C1TreeViewコントロールは、ツリー内のドラッグ&ドロップ操作をサポートします。AllowDragDropプロパティを「true」に設定するだけで、ツリー内のノードをドラッグして並べ替えることができます。また、ドラッグ&ドロップの操作中にイベントを発生し、このイベントを使って一部のノードのドラッグを禁止したり、一部のノードがドロップ先にならないように指定できます。

キーボードによる移動

 カーソルキーを使用して、ノード間の移動や、ノードの展開・折りたたみができます。また、自動検索機能を使用して、特定のノードをすばやく簡単に見つけることができます。

ノードのカスタマイズ

 リスト項目となっているノードヘッダーはコンテンツ要素なので、任意の種類の要素をホストできます。画像、チェックボックスなど、アプリケーションに必要なあらゆる要素を追加できます。

Silverlight Toolkitテーマのサポート

 ExpressionDark、ExpressionLight、WhistlerBlue、RainierOrange、ShinyBlue、BureauBlackなど、よく使用されているMicrosoft Silverlight Toolkitテーマが組み込みでサポートされており、それを使ってUIにスタイルを追加できます。

 C1TreeViewクラスは、次の2つの要素からなる、1つのStackPanelです。

  • 実際のノードを表すヘッダー
  • 別のStackPanelからなる本体

 各リスト項目はC1TreeViewItemクラスになっており、それぞれにHeaderオブジェクトを持ちます。このHeaderオブジェクト内にStackPanelコントロールを組み込むことで、リスト項目にImage、TextBlock、CheckBoxなどのコントロールを組み込むことができます。C1TreeViewクラスは、C1TreeViewItemクラスを入れ子状に配置することで、リスト項目を階層状に表示します。

 C1TreeViewコントロールのAllowDragDropプロパティを「true」に設定すると、ノード、ノードの間、または1つのツリーから別のツリーにドラッグ&ドロップできます。

リストをドラッグ&ドロップで入れ替えることが可能(ヘルプファイルより抜粋)
リストをドラッグ&ドロップで入れ替えることが可能(ヘルプファイルより抜粋)

 実行時にユーザーがノードをクリックすると、そのノードは自動的に選択中としてマークされ、C1TreeViewコントロールにSelectionChangedイベントが発生します。現在選択中の項目を取得するには、SelectedItemプロパティを使用します。ノードの操作では、マウスとキーボードによる移動をサポートします。それぞれの操作とコントロールのアクションは、次表のようになります。

マウス操作とコントロールのアクション
アクション マウスコマンド
ノードの展開 ノード名の左側にあるプラス記号をクリック
ノードの折りたたみ ノード名の左側にあるマイナス記号をクリック
ノードの選択 ノード名をクリック
キーボード操作とコントロールのアクション
アクション キーボードコマンド
ノードの展開 [+]キー
ノードの折りたたみ [-]キー
ノードを上に移動 [↑]キー
ノードを下に移動 [↓]キー
複数ノードの選択 [Ctrl]キー+クリック

 今回は、このC1TreeViewコントロールの機能の中で、ドラッグ&ドロップによるリスト項目の移動を使ったアプリケーションを作成します。


  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 瀬戸 遥(セト ハルカ)

    8ビットコンピュータの時代からBASICを使い、C言語を独習で学びWindows 3.1のフリーソフトを作成、NiftyServeのフォーラムなどで配布。Excel VBAとVisual Basic関連の解説書を中心に現在まで40冊以上の書籍を出版。近著に、「ExcelユーザーのためのAccess再...

バックナンバー

連載:ComponentZine(ComponentOne Studio)

もっと読む

All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5