CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

ドラッグ&ドロップで項目移動できる
ツリービューを持ったSilverlightアプリケーションの作成

ComponentOne Studio for SilverlightのC1TreeViewコントロールを使ったWebページの作成

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2011/06/14 14:00
目次

Webページの作成

 では、Webページを作成してみましょう。まず、グリッドを1行2列に設定します。左側の列にC1TreeViewコントロールを、右側の列にTextBoxコントロールを配置します。C1TreeViewコントロールの設定は、この後説明します。

コントロールのレイアウト(GridのShowGridLinesプロパティを「True」にしてグリッド線を表示)
コントロールのレイアウト(GridのShowGridLinesプロパティを「True」にしてグリッド線を表示)

Silverlightプロジェクトの作成

 まずは、Silverlightプロジェクトを作成します。Visual Studio 2010 Silverlight Tools 4.0をインストールし、Visual Studioで新しいプロジェクトを作成すると、[プロジェクトの種類]に[Silverlight]が追加されています。これを選んで[テンプレート]から[Silverlightアプリケーション]を選びます。

[Silverlightアプリケーション]を選ぶ
[Silverlightアプリケーション]を選ぶ

 「新しいSilverlightアプリケーション」というダイアログボックスが表示されるので、[新しいWebプロジェクトの種類]でリストから[ASP.NET Webサイト]を選びます。

リストから[ASP.NET Webサイト]を選ぶ
リストから[ASP.NET Webサイト]を選ぶ

 プロジェクトが作成され、新しいWebサイトに「MainPage.xaml」が作られてXAMLのコードが表示されます。このXAMLコードに、以下の名前空間を追加します。

xmlns:c1="http://schemas.componentone.com/winfx/2006/xaml"

 この名前空間の追加によって、XAMLでComponentOne Studio for Silverlightの各コントロールを使うことができるようになります。プロジェクトに次の参照を追加します。

C1.Silverlight.dll
「参照の追加...」を選び
「参照の追加...」を選び
「C1.Silverlight.dll」を選ぶ
「C1.Silverlight.dll」を選ぶ

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 瀬戸 遥(セト ハルカ)

    8ビットコンピュータの時代からBASICを使い、C言語を独習で学びWindows 3.1のフリーソフトを作成、NiftyServeのフォーラムなどで配布。Excel VBAとVisual Basic関連の解説書を中心に現在まで40冊以上の書籍を出版。近著に、「ExcelユーザーのためのAccess再...

バックナンバー

連載:ComponentZine(ComponentOne Studio)

もっと読む

All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5