Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Adobe MAX 2011 ~ 注目のセッション最新情報&発表内容を勝手に予想!

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2011/09/26 14:00

 今年も「Adobe MAX」の季節がやってきました。Adobe MAXは、毎年米国のアドビシステムズ本社(以下、アドビ)が主催する、最新のWebテクノロジーの数々を体験できる大規模カンファレンスです。今年は、10月2日から5日までロサンゼルスで開催され、期間中は基調講演を始め、300を超えるセッションが予定されています。

目次

 例年、日本からもツアーが組まれており、今年は約20名が参加します。参加者が楽しみにしているのは、なんと言っても注目の技術情報がいち早く聞けること、そして何か新しい発表に立ち会えること、の2点です。そこでこの記事では、ツアーに参加できない皆さんのために、Adobe MAXで注目の最新情報と、今年Adobe MAXで発表して欲しいというユーザーの勝手な予想を紹介します。

 ユーザーの予想記事全文や、開催時のMAX現地からのレポートはADC Community Loungeという特設サイトでご覧になれます。

※編集部注

 この記事は、「Adobe MAX 2011 in Los Angeles」(日本語サイト)および「ADC Community Lounge」の内容をまとめたものです。イベント内容の詳細や、基調講演のライブ配信やTweetキャンペーン、およびユーザーの予想記事全文などの詳細情報を知りたい方は、各公式ページも参照ください。

Adobe MAXで聞きたい最新情報

Flash Player 11/AIR 3

 Adobe MAXといえば、何はさておきFlashに注目です。発表されたばかりのFlash Player 11/AIR 3では、表現力や機能に大きな拡張が行われました。

 特にデバイス向けには、AIRアプリケーションからネイティブコードを呼び出せる機能など、Flashの適用領域を大きく広げる機能が追加されました。これからはデスクトップ環境向けだけでなくモバイルデバイス向けにも、Adobe Creative SuiteやAdobe Flash Builderを中心とした高生産性開発ツール群を用いて、非常に高いユーザーエクスペリエンスを提供し、かつ高機能なアプリケーションを開発することが可能となります。

 Flash Player 11/AIR 3関連では多くの新機能に関するセッションが行われます。ここでは主な項目をリストしてみました。

  • Stage3D:ハードウェア機能を利用した高速な描画を実現。CPU負荷を低減し、高度な3D描画もサポート

    Stage3Dを採用した「Zombie Tycoon」Web版 スクリーンショット
    Stage3Dを採用した「Zombie Tycoon」Web版 スクリーンショット

  • NATIVE EXTENSIONS:AIRアプリケーションからネイティブコードで記述されたライブラリを呼び出す機能。デバイス固有のAPIを呼び出したり、既存のコード資産の再利用が可能になる

  • Captive runtime:アプリ実行に必要なファイルをまとめて1つのインストーラーにパッケージ。常にランタイムとアプリのバージョンを固定して配布できる

  • Nativeテキスト入力:OSが提供するテキスト入力画面をAIRアプリケーションから利用可能に。ネイティブアプリケーションと同等の操作性を実現できる

  • JSONサポートの追加:FlashランタイムがJSONのパースを行うAPIを提供。簡単しかも高速にJSONデータをActionScriptから利用可能

Flex 4.6 SDK/Flash Builder 4.6

 アプリを開発するならフレームワークも重要です。今年後半に出荷予定のFlex 4.6 SDKは、モバイルデバイス向けのアプリ開発をさらに強力にサポートします。また、フレームワークだけでなく、Eclipseベースの開発環境・Flash Builderの新バージョン「Flash Builder 4.6」も登場し、Flash Player 11/AIR 3/Flex 4.6 SDKの新機能を簡単に利用できるようになります。

 Flex 4.6 SDK/Flash Builder 4.6の主な新機能は以下の通りです。

  • 新しいUIコンポーネント:上下にリストをスクロールして要素を選択できるスピナーリストやトグルスイッチなど、指で操作しやすい新しいコンポーネントを追加

    左:スピナーリスト 右:トグルスイッチ
    左:スピナーリスト 右:トグルスイッチ
  • デバイスの向きで表示が切り替わるアプリケーションクラス:新しいSplitViewNavigatorの追加により、画面の向きに応じた表示の指定が容易に行える

  • パフォーマンスの改善:Flex 4.6でアプリケーションをパッケージし直すだけで、最大50%パフォーマンスが改善

  • 最新プラットフォームのサポート:iOS5を含む最新バージョンのOSへの書き出しに対応

  • ネットワークモニターやユニットテスト:モバイルプロジェクトでも、ネットワークモニターやユニットテストが利用可能

  • Natuve Extentionサポート:ネイティブコードを含むアプリケーションも簡単にパッケージ

HTML5

 アドビはHTML5関連の技術にも大変力を入れています。Dreamweaverは昨年いち早くHTML5/CSS3に対応し、今年の春に発売されたCS5.5では、jQuery MobilePhoneGapといったモバイル専用の開発環境にも対応しました。もうすぐjQuery Mobileが正式にリリースされる予定なので、Dreamweaverにも何らかの更新が期待されます。

 また、「Edge」と「Muse」という新しいHTML5関連の製品にも注目です。どちらも、まだプレビュー版が公開されたばかりですが、短い間隔での更新が行われています。

 EdgeはHTML5技術をベースとしたアニメーション作成ツールで、従来であればFlashが必要とされたようなインタラクションやアニメーションを簡単に作成して、HTMLに書き出すことができます。

 Museは、サイトの構造設計や画面デザインからHTMLを生成して公開するまでをコードを書かずに行うことができるツールです。デザイナーだけでサイトの制作を実施/管理できるようになれば、Webサイトの制作の新しい姿を実現できるかもしれません。将来がとても楽しみな新製品です。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 上条 晃宏(カミジョウ アキヒロ)

    アドビにてFlashプラットフォーム上のユーザー体験やアーキテクチャデザインのコンサルティングを担当、数多くのFlash/Flexプロジェクトに携わる。

バックナンバー

連載:Adobe Developer Connection

もっと読む

All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5