Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

スクロール表示に対応する複合グラフを持ったWPFアプリケーションの作成

ComponentOne Studio Enterprise 2011JのC1Chartコントロールを使ったWPFアプリケーションの作成

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2011/09/29 14:00

 今回も前回に引き続き「ComponentOne Studio Enterprise 2011J」に含まれているコンポーネントの中から、Chart for WPFの「C1Chartコントロール」を取りあげ、具体的なサンプルアプリケーションに沿って解説していきます。本稿では、棒グラフと折れ線グラフを組み合わせた色鮮やかな複合グラフを作成してみます。

目次

はじめに

 前回の記事『マウスイベントに対応したグラフを持つWPFアプリケーションの作成』では、ComponentOne Studio Enterprise 2011J(ComponentOne Studio for WPF 2011J)のChart for WPFコンポーネントに含まれるC1Chartコントロールを使って、東京の8月の気温を表示する折れ線グラフを作成しました。

 C1Chartコントロールには、前回紹介したものの他にも豊富な機能が組み込まれているので、多彩なグラフを作成することができます。そこで今回は、8月の東京電力管内のある地点における1日当たりの最高気温と電力消費量を、縦棒グラフと折れ線グラフを組み合わせた複合グラフで表示するアプリケーションを作成してみました。

1日当たりの最高気温と電力消費量を縦棒グラフと折れ線グラフで表示
1日当たりの最高気温と電力消費量を縦棒グラフと折れ線グラフで表示
スクロールバーでチャートをスクロールできる
スクロールバーでチャートをスクロールできる

対象読者

 Visual Basic、Visual C# 2010を使ってプログラムを作ったことのある人

必要な環境

 Visual Basic 2010、Visual C# 2010、Visual Studio 2010でプログラムが作れる環境。なお、本プログラムはWindows Vista上で動作するVisual Studio 2010を使用して作成し、動作確認を行っています。

※サンプルソース実行時の注意事項

 動作環境として、あらかじめ.NET Framework 4.0がインストールされている必要があります。動作するOSは、以下を参照ください。


動作するOS一覧
OS 32ビット(x86) 64ビット(x64)
Windows XP 日本語版
Windows Vista 日本語版
Windows 7 日本語版
Windows Server 2003 日本語版
Windows Server 2008 日本語版
Windows Server 2008 R2 日本語版 -

コンポーネントのインストール

 この記事の手順を試すには、Visual Studio、Visual Basic、Visual C#の開発環境にComponentOne Studio Enterprise 2011J(または、ComponentOne Studio for WPF 2011J)をインストールする必要があります。インストーラは、グレープシティのWebページからダウンロードできます。

 製品のトライアル版一覧ページにてダウンロードしたい製品にチェックを入れ、ページ右上部の[申込フォーム]をクリックしてグレープシティのWebサイトへ必要情報を登録すると、添付トライアルライセンスキーファイルとダウンロードサイトを記載したE-Mailが送られてきますので、ここからダウンロードします。制限事項などの詳細については、インストーラに同梱されているリリースノートを参照ください。

コントロールの追加

 ComponentOne Studio Enterprise 2011J(または、ComponentOne Studio for WPF 2011J)をインストールしたら、ツールボックスに専用のタブを作成し、使用するコンポーネントを追加します。追加するコンポーネントは、[WPFコンポーネント]でアセンブリ名が「C1.WPF.C1Chart」の「C1Chart」コントロールです。

[WPFコンポーネント]でアセンブリ名が「C1.WPF.C1Chart」の「C1Chart」コントロールを選択する
[WPFコンポーネント]でアセンブリ名が「C1.WPF.C1Chart」の「C1Chart」コントロールを選択する

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 瀬戸 遥(セト ハルカ)

    8ビットコンピュータの時代からBASICを使い、C言語を独習で学びWindows 3.1のフリーソフトを作成、NiftyServeのフォーラムなどで配布。Excel VBAとVisual Basic関連の解説書を中心に現在まで40冊以上の書籍を出版。近著に、「ExcelユーザーのためのAccess再...

バックナンバー

連載:ComponentZine(ComponentOne Studio)

もっと読む

All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5