CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

ASP.NET Universal Providersによるセッション管理

Windows Azure 新機能チュートリアル(11)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2012/03/05 14:00
目次

ASP.NET Universal Providersによる管理

 本稿では、Windows Azure SDK 1.4から同梱されるようになった、ASP.NET Universal Providersの設定方法について説明します。

補足

 マイクロソフトがASP.NET Universal Providersを同梱しはじめた理由は分かりませんが、SQL Azureへの初期設定が不要で管理が楽であることなどから、今後のWindows Azureにおけるセッション管理のスタンダードになる可能性があると考えます。

SQL Azureの準備

 ASP.NET Universal Providersが利用するSQL Azureデータベースを作成します(注5)。既存のデータベースがあれば、それを利用しても構いません。

注5

 ASP.NET Universal Providersは、SQL Azure以外にもSQL Server Compactなどを状態ストアとして利用できます。

[1]サーバーの作成

 Azureの管理ポータル上部リボンから、[サーバー]-[作成]ボタンをクリックします。作成する地域は、利用するホステッドサービスと同一地域を選択してください。また、作成途中でファイアーウォール規則の設定を訊かれます(図2)。Webロールからの接続を許可するために、[他のWindows Azureサービスにこのサーバーへのアクセスを許可する]をチェックしてください。

図2 新しいサーバーの作成
図2 新しいサーバーの作成

[2]データベースの作成

 サーバーを作成したら、データベースを作成します。リボンから[データベース]-[作成]ボタンをクリックします。エディションやサイズは適宜選択してください。最小構成は、Webエディションの1GBとなります。図3はデータベース作成後の画面です。

図3 データベース後の画面
図3 データベース後の画面

[3]接続文字列の確認

 図3の右プロパティペインから接続文字列の表示[…]ボタンをクリックします。接続文字列が表示されるため、ADO.NETの部分を控えておいてください。

図4 接続文字列の確認
図4 接続文字列の確認

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

修正履歴

  • 2012/03/06 23:45 1ページ目の表 サポートについて誤りを修正。また、サポートについて追記した。

バックナンバー

連載:Windows Azure新機能チュートリアル

もっと読む

著者プロフィール

  • WINGSプロジェクト statemachine(statemachine)

    <WINGSプロジェクトについて> 有限会社 WINGSプロジェクトが運営する、テクニカル執筆コミュニティ(代表 山田祥寛)。主にWeb開発分野の書籍/記事執筆、翻訳、講演等を幅広く手がける。2018年11月時点での登録メンバは55名で、現在も執筆メンバを募集中。興味のある方は、どしどし応募頂...

  • 山田 祥寛(ヤマダ ヨシヒロ)

    静岡県榛原町生まれ。一橋大学経済学部卒業後、NECにてシステム企画業務に携わるが、2003年4月に念願かなってフリーライターに転身。Microsoft MVP for ASP/ASP.NET。執筆コミュニティ「WINGSプロジェクト」代表。 主な著書に「入門シリーズ(サーバサイドAjax/XM...

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5