CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

ナビゲーションバーを持ったスライドショープログラムの作成

ComponentOne Studio Enterprise 2012JのC1NavBarコントロールを使った.NETアプリケーションの作成

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2012/07/30 16:00
目次

コンポーネントのインストール

 この記事の手順を試すには、Visual Studio、Visual Basic、Visual C#の開発環境にComponentOne Studio Enterprise 2012Jをインストールする必要があります。インストーラは、グレープシティのWebページからダウンロードできます。

 製品のトライアル版一覧ページにてダウンロードしたい製品にチェックを入れ、ページ右上部の[申込フォーム]をクリックしてグレープシティのWebサイトへ必要情報を登録すると、添付トライアルライセンスキーファイルとダウンロードサイトを記載したEメールが送られてきますので、ここからダウンロードします。制限事項などの詳細については、インストーラに同梱されているリリースノートを参照ください。

コントロールの追加

 インストールが終了したら、ツールボックスに専用のタブを作成し、プロジェクトに使用するコントロールを追加します。追加するのは、アセンブリ名が「C1.Win.C1Command」の「C1NavBar」です。

アセンブリ名が「C1.Win.C1Command」の「C1NavBar」コントロールを選択する
アセンブリ名が「C1.Win.C1Command」の「C1NavBar」コントロールを選択する

フォームの作成

 今回作成するフォームでは、Timerコントロールを使って、Imageコントロールに表示する画像を切り替えます。C1NavBarコントロールには2つのパネルを組み込み、表示したい画像が格納されているフォルダ(または表示したい画像ファイル)と、スライドショーで表示する時間を設定します。

 画像のファイル(フォルダ)の選択には、OpenFileDialogまたはFolderBrowserDialogコントロールを使用します。スライドショーに表示する画像ファイルを直接選択する場合はOpenFileDialogコントロールを、フォルダ内の全画像ファイルを表示するためにフォルダの指定のみを行いたい場合はFolderBrowserDialogコントロールを使用します。

GUIのデザイン

 フォームにSplitContainerコントロールを配置し、フォルダを2分割して使用します。右のパネルにはPictureBoxコントロールを配置し、左のパネルにC1NavBarコントロールを配置します。

 では、次ページより実際にアプリケーションを作成しながら、C1NavBarコントロールの設定方法を説明していきます。

作成したフォームのデザイン
作成したフォームのデザイン

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 瀬戸 遥(セト ハルカ)

    8ビットコンピュータの時代からBASICを使い、C言語を独習で学びWindows 3.1のフリーソフトを作成、NiftyServeのフォーラムなどで配布。Excel VBAとVisual Basic関連の解説書を中心に現在まで40冊以上の書籍を出版。近著に、「ExcelユーザーのためのAccess再...

バックナンバー

連載:ComponentZine(ComponentOne Studio)

もっと読む

All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5