CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

ナビゲーションバーを持ったスライドショープログラムの作成

ComponentOne Studio Enterprise 2012JのC1NavBarコントロールを使った.NETアプリケーションの作成

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2012/07/30 16:00
目次

実行コードの作成

 スライドショーに使用する画像の選択と、スライドショーを実行する処理を作成します。それぞれ、既に作成してある4つのイベントハンドラで処理を行います。

画像ファイルを選択する処理

 この処理は、「選択...」ButtonコントロールのClickイベントハンドラで行います。

 ここでは、2つの処理を作成しています。1つは「ファイルを開くダイアログ」を表示し、再生する画像ファイルを直接選択するための処理で、もう1つは「フォルダ選択ダイアログ」を表示し、フォルダだけを選択してもらい、フォルダ内にある画像ファイルを取り出す処理です。

  1. 「ファイルを開くダイアログ」を使う場合は、OpenFileDialogコントロールのMultiSelectプロパティをTrueに設定しているので、ユーザーが選択したファイルをFileNamesプロパティで取り出します。FileNamesプロパティは選択されたファイル名の配列を返しますので、これを変数に格納します。
  2. 「フォルダ選択ダイアログ」を使う場合は、FolderBrowserDialogコントロールのSelectedPathプロパティで、選択されたフォルダ名をフルパスで取得し、DirectoryクラスのGetFilesメソッドでフォルダ内のファイル名を一括取得し配列に格納します。
  3. タイマーをスタートします。
Visual Basic
Imports System.IO

Public Class Form1

    Public fname() As String
    Public cnt As Integer = 0
    Public dirname As String
    Public pos As Integer = 150

    Private Sub Button1_Click(sender As System.Object, e As System.EventArgs) Handles Button1.Click

        'ユーザーに直接ファイルを指定してもらう場合
        'OpenFileDialog1.ShowDialog()
        'OpenFileDialog1.Filter = "*.* | *.*"
        'fname = OpenFileDialog1.FileNames

        'フォルダを選択してもらいフォルダ名からファイルを取得する場合
        If FolderBrowserDialog1.ShowDialog() = Windows.Forms.DialogResult.OK Then
            dirname = FolderBrowserDialog1.SelectedPath

            'DirectoryクラスのGetFilesメソッドでフォルダ内のファイル名を一括取得し配列に格納
            fname = Directory.GetFiles(dirname)

            'タイマー開始
            Timer1.Enabled = True
        End If
    End Sub
C#
using System.IO;
namespace NavBar_cs
{
    public partial class Form1 : Form
    {
        public string[] fname;
        public int cnt = 0;
        public string dirname;
        public int pos = 150;

        public Form1()
        {
            InitializeComponent();
        }

        private void button1_Click(object sender, EventArgs e)
        {
            //ユーザーに直接ファイルを指定してもらう場合
            //OpenFileDialog1.ShowDialog()
            //OpenFileDialog1.Filter = "*.* | *.*"
            //fname = OpenFileDialog1.FileNames

            //フォルダを選択してもらいフォルダ名からファイルを取得する場合
            if(folderBrowserDialog1.ShowDialog() == System.Windows.Forms.DialogResult.OK)
            {
                dirname = folderBrowserDialog1.SelectedPath;

                //DirectoryクラスのGetFilesメソッドでフォルダ内のファイル名を一括取得し配列に格納
                fname = Directory.GetFiles(dirname);

                //タイマー開始
                timer1.Enabled = true;
            }
        }

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 瀬戸 遥(セト ハルカ)

    8ビットコンピュータの時代からBASICを使い、C言語を独習で学びWindows 3.1のフリーソフトを作成、NiftyServeのフォーラムなどで配布。Excel VBAとVisual Basic関連の解説書を中心に現在まで40冊以上の書籍を出版。近著に、「ExcelユーザーのためのAccess再...

バックナンバー

連載:ComponentZine(ComponentOne Studio)

もっと読む

All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5