CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

拡張パネルでコンテンツをドロップダウン表示するASP.NETアプリケーションの作成

C1Expanderコントロールを使ったWebアプリケーションの作成

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2013/05/24 14:00
目次

C1Expanderコントロールの構成要素

 C1Expanderコントロールは、ヘッダー要素とコンテンツ要素に分けられます。

ヘッダー要素

 C1Expanderコントロールのヘッダー領域はコントロールの上部に表示され、当初は空白で表示します。

 ヘッダー領域には、ヘッダーテンプレートを使用して内容(テキスト、HTMLコンテンツ、画像、他のコントロールなど)を追加できます。単純なドラッグ&ドロップ操作で、デザイン時にコントロールのヘッダー領域に、テキストや画像、コントロールを追加できます。

 ヘッダーには、拡張と縮小の方向を示す拡張/縮小インジケータが表示されます。

ヘッダー領域(ヘルプより抜粋)
ヘッダー領域(ヘルプより抜粋)

コンテンツ要素

 C1Expanderコントロールのコンテンツ領域は、カスタムHTMLコンテンツからはリッチテキスト、ContentUrlプロパティからはURLリンク、コンテンツテンプレートからは任意のコントロールを追加できます。単純なドラッグ&ドロップ操作で、デザイン時にコントロールのコンテンツ領域への追加と移動ができます。

 コンテンツを追加するには、コントロールのコンテンツ領域をクリックし、そこに通常どおりテキストを入力したり、画像やコントロールを追加したりするだけです。

コンテンツ領域(ヘルプより抜粋)
コンテンツ領域(ヘルプより抜粋)

C1Expanderコントロールの動作

 C1Expanderコントロールは、デフォルトでは拡張して表示されます。これを、閉じた状態に変更する場合は、Expandedプロパティを「False」にします。

 Expandedプロパティは、[C1Expanderタスク]メニュー、プロパティウィンドウ、ソースビュー、およびコードで設定できます。Expandedプロパティを[C1Expanderタスク]メニューで設定するには、[拡張]ボックスをONまたはOFFにします。

 また、ExpandDirectionプロパティを使用して拡張の方向を指定することができます。デフォルトでは「Bottom」になっており、ヘッダーをクリックすると下方向に拡張してコンテンツを表示します。

 ExpandDirectionプロパティに使用できる値は4つで、以下のExpandDirection列挙体のメンバを設定します。

メンバ名 説明
Top 上(top)
Right 右(right)
Bottom 下(bottom)
Left 左(left)
拡張の方向(ヘルプより抜粋)
拡張の方向(ヘルプより抜粋)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

連載:ComponentZine(ComponentOne)

もっと読む

著者プロフィール

  • 瀬戸 遥(セト ハルカ)

    8ビットコンピュータの時代からBASICを使い、C言語を独習で学びWindows 3.1のフリーソフトを作成、NiftyServeのフォーラムなどで配布。Excel VBAとVisual Basic関連の解説書を中心に現在まで40冊以上の書籍を出版。近著に、「ExcelユーザーのためのAccess再...

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5