CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

複合ゲージを持つ.NETアプリケーションの作成

ComponentOne Studioを活用したWindowsフォームアプリケーションの作成

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2013/08/29 14:00
目次

コントロールの作成と配置

 では、順番に各コントロールを配置しゲージを作成していきましょう。

 ① ツールボックスから、C1Gaugeコントロールのアイコンをフォームにドラッグ&ドロップします。

 「新しいギャラリー」が表示されますので、「円形ゲージ」タブから「Fuelmeter」をクリックします。

 OKボタンをクリックすると、このタイプの円形ゲージが作成されます。

「円形ゲージ」タブから「Fuelmeter」をクリック
「円形ゲージ」タブから「Fuelmeter」をクリック

 ② サイズを大きくし、「C1Gaugeタスク」から「新しいゲージの追加」メニューをクリックします。

「C1Gaugeタスク」から「新しいゲージの追加」メニューをクリック
「C1Gaugeタスク」から「新しいゲージの追加」メニューをクリック

 ③ 再び「新しいゲージギャラリー」が表示されますので、「円形ゲージ」タブから「Auto Clamshell」をクリックします。これで、ゲージ「Fuelmeter」の中にゲージ「Auto Clamshell」が組み込まれ、複合ゲージが作成されます。

「円形ゲージ」タブから「Auto Clamshell」をクリック
「円形ゲージ」タブから「Auto Clamshell」をクリック
ゲージ「Fuelmeter」の中にゲージ「Auto Clamshell」が組み込まれた複合ゲージが作成される
ゲージ「Fuelmeter」の中にゲージ「Auto Clamshell」が組み込まれた複合ゲージが作成される

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

連載:ComponentZine(ComponentOne)

もっと読む

著者プロフィール

  • 瀬戸 遥(セト ハルカ)

    8ビットコンピュータの時代からBASICを使い、C言語を独習で学びWindows 3.1のフリーソフトを作成、NiftyServeのフォーラムなどで配布。Excel VBAとVisual Basic関連の解説書を中心に現在まで40冊以上の書籍を出版。近著に、「ExcelユーザーのためのAccess再...

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5