Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

TIS、「自律型ハイブリッドクラウドプラットフォーム」の技術開発プロジェクトを開始

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2013/11/29 18:28

 TISは、経済産業省が公募した、平成25年度「産業技術実用化開発事業費補助金(ソフトウェア制御型クラウドシステム技術開発プロジェクト)」に採択され、「自律型ハイブリッドクラウドプラットフォーム」の技術開発プロジェクトを開始したことを、28日に発表した。

 「自律型ハイブリッドクラウドプラットフォーム」の技術開発プロジェクトでは、近年注目されている「SDN(Software-Defined Networking)」の技術を活用し、パブリッククラウドやプライベートクラウドをまたいだシステム構築の際に発生する、システム基盤方式設計や、ディザスタリカバリ(DR)を考慮したシステム運用設計などの作業を、テンプレート化して再利用を可能にする技術の開発を行う。

「自律型ハイブリッドクラウドプラットフォーム」の利用イメージ
caption

 具体的には、コンピューティングリソースおよびネットワークの仮想化技術、クラウド統合化技術、クラウド設定自動化技術、ハイブリッドクラウド統合監視技術などを用いて、プライベートクラウドとパブリッククラウドを含む多種多様なシステム稼働環境を統合的に管理するソフトウェアの開発を目指している。

 なお、このソフトウェアを開発するための技術には、OpenStack、OpenFlow、Chef、Zabbix、RubyなどのOSS技術を積極的に活用し、開発した技術はオープン仕様およびOSSとして広く公開する。また、これまでエンタープライズシステムにおいて暗黙知として蓄えられてきた方式設計に関するノウハウを形式知として共有するエコシステムのしくみの提供を行う。

 将来的には、「ハイブリッドクラウド」環境の統合的な運用を実現する本技術プロジェクトの開発技術を活用して、システム開発者がシステムの設計、構築、運用の各段階で、プライベートクラウドやパブリッククラウドといった稼働環境に依存しないシステム開発を可能にする。ソフトウェア制御の技術を活用すれば、エンタープライズシステムへの自律的な自己修復と、拡張の機能の提供が可能になる。

 この機能によって、システムインテグレーターおよびエンタープライズシステムのユーザーは、開発するシステムが実現する価値そのものにより注力できる。


【関連リンク】
TIS
平成25年度「産業技術実用化開発事業費補助金(ソフトウェア制御型クラウドシステム技術開発プロジェクト)」に係る交付先の公募について
平成25年度「産業技術実用化開発事業費補助金(ソフトウェア制御型クラウドシステム技術開発プロジェクト)」に係る交付先の採択結果について

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5