Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

C++/CX: Windows Runtime Componentをつくる

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2013/12/26 14:00

 .NETの大きなウリの一つが多言語対応です。定められたお作法に則ったコードを書けば、他の言語で書かれたものと自由に混ぜてアプリケーションが作れます。C++/CXはストアアプリの実行環境であるWindows Runtimeの"お作法"に従うよう拡張されたC++てわけ。前回で書いたC++のコードにC++/CXのカワを被せ、C#やVB.NETから呼び出すココロミを紹介します。

目次
※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。
  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • επιστημη(エピステーメー)

    C++に首まで浸かったプログラマ。 Microsoft MVP, Visual C++ (2004.01~2018.06) "だった"り わんくま同盟でたまにセッションスピーカやったり 中国茶淹れてにわか茶人を気取ってたり、 あと Facebook とか。 著書: - STL標準...

All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5