Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Office 365をより便利に使うために知っておきたいクライアントアプリ ~スマートデバイス向けOfficeアプリやOWAアプリ

Office 365導入セットアップ入門 第5回

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/05/13 14:00

 Office 365はクラウド+クライアントアプリで成り立っているソリューションです。これまでの連載や、他の様々な技術ニュースでは、クラウドの方がよりフューチャーされていましたが、今回はOffice 365のクライアントアプリに着目して注意点や活用法について紹介します。

目次

Office 365を利用するためのクライアントアプリ

 Office 365と連携するMicrosoft純正品のOfficeクライアントアプリは以下になります。いずれもOffice 365やApp Store/Google Play等からダウンロードしてインストールします。

Windows端末/Mac端末上で使えるOfficeアプリ

 Office 365 ProPlusはWindows端末とMac端末どちらでも使えるライセンスで提供されています。

 Windows端末上で、最新のWord/Excel/PowerPoint/OneNote/Outlook/Publisher/Lync/Accessが使えます。また、Mac端末上で最新のWord/Excel/PowerPoint/Outlookが使えます(※Office 365 Businessでは、Lync、Accessは付属していません)。

 ダウンロードはこちらからできます。

スマートデバイス上で使えるクライアントアプリ

 スマートデバイス向けのOfficeクライアントアプリは原則無料でダウンロードできます。Officeを販売してきたMicrosoftが無料で提供しているという点については、普段他のオフィス製品を使用されている方にもインパクトが大きいのではないでしょうか。リリースされている製品は下記になります。

 BYODや、スマートデバイスの運用ルールなどで社内使用端末に制限がある場合もあると思いますが、これらのアプリは利用可能にする方がOffice 365をフル活用できます。

 それぞれ、Word/Excel/PowerPointが提供されています。

 Outlook機能に関しては、OSのメール機能で設定すれば利用できますが、著者は各OSごとに提供されているOWA(Outlook Web App)のクライアントアプリをお勧めします(お勧めする理由は後述します)。

  • OWA for iPhone
  • OWA for iPad
  • OWA for Android(Android Tablet含む)

 他にもOneNote/Lync/Yammer/OneDrive等のクライアントアプリも提供されています。

  • OneNote for iPhone
  • OneNote for iPad
  • OneNote(Android/Android Tablet)
  • Lync 2013 for iPhone
  • Lync 2013 for iPad
  • Lync 2013(Andorid/Android Tablet)
  • Yammer(iPhone/iPad/Android/Android Tablet)
  • OneDrive(iPhone/iPad/Android/Android Tablet)

 かゆい所に手が届かない場合もありますが、大抵の場合はMicrosoft純正品のアプリがあればやりたいことは実現できます。

Office 365管理者必須!? のアプリ

 Office 365管理者にとってスマートデバイス上でも管理に関する情報を知りたいケースがあると思います。そういう時は「Office 365 Admin」を導入するのがおススメです。

 

Office 365 Admin(iPhone/iPad/Android/Android Tablet)

 管理しているテナントに対して以下の機能を提供します。

  • サービス正常性の表示
  • メッセージセンター
  • サービスリクエストの履歴
  • 基本的なユーザー管理機能

 トラブル等はいつ起こるか分からない以上、持ち歩くデバイスでチェックできるこのアプリは管理者の強い味方になるでしょう。

Office 365クライアントアプリのライセンス形態とは?

 Office 365とOffice 365 ProPlusはサブスクリプションを契約することで利用できるようになりますが、スマートデバイス向けのOfficeクライアントアプリは無料でダウンロードできます。実はこの無料でダウンロードできるという点、コンシューマーユーザーであればちょっとした設定でそのまま恩恵を受けられますが、エンタープライズユーザーであれば注意が必要です。注意点はズバリ「ライセンス」。Office 365のクライアントアプリに必要なライセンスは次の表になります。

Office 365を使う場合に必要なOffice 365のライセンス
機能 誰でも 個人/Microsoftアカウント保有者 Office 365 Solo Office 365法人ライセンス
閲覧
個人利用のファイル作成・編集 -
商用利用のファイル作成・編集 - -
機能完全版によるファイル作成・編集 - -
法人向け機能 - - -

 無料で利用できてしまうアプリケーションですが、商用利用の場合正規のライセンスが必要になります。商用利用に必要なプランは下記になります。

  • Office 365 Business
  • Office 365 E3/E4プラン
  • Office 365 ProPlus

 無料で誰でもインストールできてしまう以上、Office 365を導入していない方もMicrosoftアカウントさえあれば利用できてしまいますが、商用利用の際はライセンス違反となる点は注意が必要です。

  • PC or Mac:5台
  • スマートフォン:5台
  • タブレット:5台

 一部のギークの方では上記ライセンス数でも不足しているというかもしれませんが、普通に業務を行う中では十分すぎるライセンス数が提供されています。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • WINGSプロジェクト ナオキ(ナオキ)

    <WINGSプロジェクトについて> 有限会社 WINGSプロジェクトが運営する、テクニカル執筆コミュニティ(代表 山田祥寛)。主にWeb開発分野の書籍/記事執筆、翻訳、講演等を幅広く手がける。2018年11月時点での登録メンバは55名で、現在も執筆メンバを募集中。興味のある方は、どしどし応募頂...

  • 山田 祥寛(ヤマダ ヨシヒロ)

    静岡県榛原町生まれ。一橋大学経済学部卒業後、NECにてシステム企画業務に携わるが、2003年4月に念願かなってフリーライターに転身。Microsoft MVP for ASP/ASP.NET。執筆コミュニティ「WINGSプロジェクト」代表。 主な著書に「入門シリーズ(サーバサイドAjax/XMLD...

バックナンバー

連載:Office 365導入セットアップ入門
All contents copyright © 2005-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5