Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

「本物のDevOpsを体験できるハッカソン」参加レポート(後編)~チーム対抗によるDevOps実践の競い合い

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/09/16 14:00

目次

チームディスカッション/ハッカソン実践(1日目)

 1日目のハッカソンはイベント開催時刻終了の17:00まで。運営スタッフからは「"残業"は18時までとします」との通達もあり、"残業"時間も含めて各チーム制限時間一杯まで、テーマについてのディスカッションや調査に取り組んでいました。参加メンバーの中にはGitやVisual Studio Online、Azureなどのツールやソフトウェア類を触ったことがないというメンバーも一定数いたほか、チームでやりたいことがうまく行かなかった場合に備えて、適宜サポートメンバーやスタッフによる技術的・実践サポートが展開され、そこかしこでチームメンバーで1つのディスプレイを眺め、問題解決に取り組む姿が見られました。

チームディスカッション/ハッカソン実践(2日目)

 2日目のハッカソンは午前中および午後のチームごとの発表タイムまでの時間目一杯を使う形で引き続き行われました。

 ハッカソンパートでは、実現したい環境を構築するにあたり、「現時点ではそのバージョンは対応していない」「扱っている製品やツールがベータ版のため、動作保証や利用に際するテンプレート、OSイメージなどがなく、場合によってはそれらを作成することからやらなければならない」と言った問題に直面しているケースが多く見られました。それらを何とか自作して臨むチーム、また断念して別の道を模索するチームなど対応はさまざまでしたが、こういう局面・課題にぶつかることで参加者自身にも勉強になる部分が多かった、という声も聞くことができました。

 Visual Studio OnlineやAzureに今回のハッカソンで初めて触った、という人もいましたが、イベント用に用意されていたサンプルアプリを動かしてみることで、アプリの挙動と併せて環境の仕組みや使い方を身に付けることができていたようです。終盤に差し掛かる頃には、ある程度の目処が立ち発表に向けての準備に取り掛かっているチーム、最後の最後まで環境設定やアプリの挙動について試行錯誤しているチームとその雰囲気もさまざまでした。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

バックナンバー

連載:「Microsoft DevOpsハッカソン」体験レポート
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5