Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

増加する「ハイブリッドクラウド」環境でDevOpsが直面する大きな課題/公衆無線LANサービスを提供する「Wi2」は、どのようにその解決に取り組んだか

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/01/06 07:00

目次

「ハイブリッドクラウド」環境で乗算的に増大するデプロイの負荷

 システムリリースのサイクルを早めるためには、開発だけでなく、運用を含めたプロセス全体を考慮し、コミュニケーションとフィードバックの品質を維持しながらスピードを上げていくことが必要だという考え方が、近年主流になっている。いわゆる「DevOps」だ。とはいえ、そうした環境の実現は、口で言うほど簡単ではなくなっているのも、事実である。

 「ハイブリッドクラウド環境において、運用管理は従来以上に負荷の高い作業になります。環境構築手順、動かすサービス、アクセスできる権限などは、インフラごとに管理する必要が出てきます。さらに、システム開発・運用を自社で行おうとした場合、環境ごとの設定やデプロイ手順の違い、リリース管理などで、その負荷は乗算的に増えることになるでしょう。たとえ開発プロセスが迅速になったとしても、そのデプロイに運用側が追いつけなくなる可能性が高いのです」(黒川氏)

 こうした問題に対して、自動化ツールを利用するなど、何らかの対策をとっている企業は少数派だという。

 「インフラ部分の運用管理に関しては、自動化が進んでいる印象があります。しかし、アプリケーションのデプロイに関しては手作業に頼っている企業がほとんどで、何らかの方法で自動化しているというケースはまれなのではないでしょうか」(黒川氏)

 ハイブリッドクラウド環境におけるアプリケーションのデプロイについては、手作業、あるいは全体の状況に詳しい担当者が、独自のツールなどを作って対応しているケースが多いという。前者の場合、環境が複雑になるほどヒューマンエラーが発生するリスクが高まり、後者の場合は、将来そのツールが担当者不在の「ブラックボックス」化してしまう恐れがある。継続的にDevOpsをまわしていく場合、こうした状況がビジネスにとって望ましくないことは明らかだろう。

 システムリリースのスピードアップが求められる一方で、それを配備するインフラはハイブリッド化し、複雑性が増していく傾向にある。その中で、アプリケーションデプロイの手順を標準化しつつ、人為的なミスを減らし、効率を高める「DevOps」を実現していくためにできることは何なのだろうか。

 「この問題は、単に開発部門がツールを入れれば解決するというものではありません。ビジネス面で得られるメリットをドライバーに、より広く、ビジネス部門、ユーザーからのフィードバックまでを巻き込んだ開発プロセスの再構築を行っていくことで、理想的なDevOpsの実現に近づいていくことができると、IBMでは考えています」(黒川氏)

ハイブリッドな環境で業務プロセスの見直しに取り組むWi2の事例

 日本IBMのサポートのもと、全社的な取り組みを通じて、ビジネスが抱える課題の発見と、システムの開発運用を含む業務プロセスの再構築に取り組んでいる企業の1社が、公衆無線LANサービスで知られる「株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレス(Wi2)」である。

 スマートデバイスの爆発的な普及で、公衆無線LANサービスに対する消費者のニーズは一気に拡大した。飲食店や観光スポットにとって、こうしたサービスは顧客を呼び込むためのセールスポイントとなっている。また、最近では日本を訪れる外国人向けの無料無線LANサービス「TRAVEL JAPAN Wi-Fi」を展開するとともに、アクセスポイントの利用動向をマーケティング情報として企業に提供するサービスなどの新たな展開も行っている。

 黒川氏は提案チームの一員として、Wi2の業務プロセス再構築に関わった。Wi2で技術部門を統括する取締役CTO技術運用本部長の小松直人氏からは、「本来あるべき姿がどのようなもので、そのために何をしなければならないかといった、コンサルテーションに近い部分も含めて、Wi2と一緒に取り組んでほしい」とリクエストされたという。

 「Wi2様は質と量の両面からサービスの提供範囲を拡大し続けており、業務プロセスの現状把握と課題を明確にして解決を図る必要がありました。アプリケーションのデプロイという観点ですと、『オンプレミス』と『パブリッククラウド』の2つの環境への同時デプロイが必要でした。現状や今後向かう方向を議論し図式化しました」(黒川氏)

 Wi2では、業務プロセスを再構築するとともに、「IBM Rational Team Concert」と「IBM UrbanCode Deploy」をツールとして導入し、ドキュメント整備や業務プロセスに関する課題に取り組んだ。

 Wi2はIBM UrbanCode Deployの導入によって、サービスのリリースがスピードアップするだけでなく、社内の知識やノウハウを共有するしくみもできていくと考えている。

 「リリースのために必要な作業を自動化するしくみの中には、それまで人が介在していた手続きが入っていくはずです。そこには、それまでに失敗したり苦労したりした部分がすべて網羅されるため、このしくみを使えば新たに担当する人でも間違いなくサービスをリリースできます。このように知識やノウハウを蓄積する方法が変わることが、今回の取り組みでの大きなポイントの一つだと思っています」(小松氏)

関連資料の無料ダウンロード

IBM UrbanCode Deploy導入事例「株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレス」』:

 Wi2が、サービスの提供範囲拡大に伴う業務プロセスの改善にあたり、なぜ日本アイ・ビー・エムの協力を仰ぎ、どのように取り組んできたのかについて詳しく紹介しています。

電子書籍『DevOps For Dummies, 2nd IBM Limited Editon』:

 IBMが広範かつ全体的な視点から「ビジネス主導型のソフトウェア・デリバリーのアプローチ」として捉えたDevOpsの姿について、概要からメリット、導入方法、事例、TIPSに渡って解説しています。


  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 高橋 美津(タカバシ ミツ)

    PCやネットといったIT分野を中心に、ビジネスやゲーム分野でも執筆を行うフリーランスライター。Windowsユーザー。

バックナンバー

連載:事例インタビュー

もっと読む

All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5