Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Microsoft EdgeのJavaScriptエンジン「Chakra」のオープンソース化を発表

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/12/07 16:45

 米Microsoftは、JavaScriptエンジン「Chakra」の主要なコンポーネントを「ChakraCore」としてオープンソースで公開することを、12月5日(現地時間)に発表した。

 「ChakraCore」には、Microsoft Edgeで使用されているJavaScriptの主要なコンポーネントがすべて含まれる。

 ChakraCoreはJavaScriptの仮想マシンであり、さまざまな製品に組み込んだり、NoSQL databaseやプロダクティビティソフトウェア、ゲームエンジンなどのスクリプト機能が必要なアプリケーションを動作したりできる。Node.jsなどのプラットフォームをもつサーバーや、クラウドベースのサービスにも利用可能である。

 ChakraCoreは、Microsoft Edgeで使用されているChakraと以下の2点において異なる。1つめは、ChakraのプライベートバインディングをブラウザおよびUniversal Windows Platformに公開していない。2つめは、Chakraで現在、利用可能なCOMベースのDiagnostic APIの代わりに、新たなDiagnostic APIのセットをサポートしている。これは、プラットフォームを問わず、標準化されれば、さまざまな実装に対して相互運用が可能となるだろう。

 1月にまずWindowsのみを対象にリリースされるが、将来的には、他のプラットフォームでもChakraCoreをサポートするよう、取り組んでいる。

 同じく1月、GitHubにChakraCoreのリポジトリーを開く予定。このコミュニティがオープンソースプロジェクトの中心となることを期待している。


【関連リンク】
日本マイクロソフト
「Microsoft Edge’s JavaScript engine to go open-source」(英語)

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5