Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Mozilla、次世代Webエンジン「Quantum」を発表、正式リリースは2017年後半を予定

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/10/31 15:00

 Mozillaプロジェクトのプラットフォームエンジニアリング担当VP兼暫定CTOであるDavid Bryant氏は、Mozillaの開発者向けブログ「Mozilla Tech」の10月27日付(現地時間)の記事において、Firefoxの次世代Webエンジン「Quantum」プロジェクトの開発を発表した。正式リリースは2017年後半の見込み。

 「Quantum」プロジェクトでは、Firefoxのマルチプロセス化をすすめる「Electrolysis」プロジェクトをさらに推し進めたもので、マルチコアCPUやGPU処理といった最新のハードウェア技術を活用してWebレンダリングのパフォーマンスを向上し、Web技術やコンテンツの進化に対応できるWebエンジンの開発を目指しており、実験的なWebエンジン「Servo」プロジェクトにおいて開発されたコンポーネントを数多く採用する。

 「Quantum」のコンポーネントの多くは、Rust言語が使われており、CSSやDOMの処理、画面のレンダリングなど、根本レベルからの再設計が行われている。

 なお、「Quantum」の最初のバージョンではWindows/Mac/Linux/Android版のリリースを予定しており、iOSへの採用は少々遅れる見込み。


【関連リンク】
Mozilla Japan
「Quantum」(英語)

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5