SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

Googleアナリティクス API徹底活用入門

GoogleアナリティクスAPIでアクセスデータを活用するReporting API

Googleアナリティクス API徹底活用入門 第2回

  • X ポスト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 本稿ではGoogleアナリティクスAPI(以降、GA-API)でさまざまな集計データ(ページビュー数や流入元など)をレポートとして活用するためのAPIであるReporting APIを活用し、ランキングによる人気ページ一覧作成などレポーティング自動化に挑戦します。

  • X ポスト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

対象読者

  • Google AnalyticsをAPIで活用したい方
  • API利用初心者

サンプルの動作確認環境

  • 環境の要件:Java(1.8)、Linux(CentOS6.7)

Reporting APIの仕様確認

 現在のレポーティング用APIのバージョンは「Reporting API V4」になります。ひとつ前のバージョンである「CoreReporting API V3」も引き続きサポートされており(2016年10月現在)、正常動作します。そのためオフィシャルサイトでもV3とV4の情報が混在しています。

 ただ今回のようにJavaなどプログラミング言語のクライアントライブラリを利用する場合はソースコードが異なりますので、V3のサンプルはそのままでは動きません。

 古いバージョンはいずれサポートされなくなりますので、新規に作成する場合はV4の情報を参照するようにしてください。

 APIのバージョンはURLで確認できます。

Reporting APIオフィシャルサイト
Reporting APIオフィシャルサイト

ReportingAPIにおけるディメンションと指標

 GA-APIでどのようにディメンションと指標を指定するかはこちらで確認できます。

 例えばランディングページのAPI名を確認したい場合は、検索窓に「landing」と英語のUI名の一部を入力するとAPI名を確認できるようになっています。

Dimensions & Metrics Explorer検索窓
Dimensions & Metrics Explorer検索窓

 検索結果は下記の様になります。

Dimensions & Metrics Explorer検索結果
Dimensions & Metrics Explorer検索結果

 ランディングページのAPI名は”ga:landingPagePath”ということがここから確認できます。

 英語のUI名が分からない場合はGoogleアナリティクスの管理画面を英語表記にして確認できます。「ユーザー設定」>「アカウント情報の編集」から言語の英語表記を選択できます。

Javaクライアントライブラリ

 ReportingAPI向けJavaクライアントライブラリの仕様を調べる際は、JavaDocを利用することになります。

 例えば「項目のソート」を指定をしたい場合にはグローバルナビにあるIndexのページより「sort」の文字列を探してみると下記のように、OrderByクラスがその機能を持っていることがわかります。

Reporting API v4 Java Document Indexページ
Reporting API v4 Java Document Indexページ

 ここからOrderByクラスの詳細ページでメソッドによりソートが指定できることが確認できます。

Reporting API v4 Java Document OrderBy詳細ページ
Reporting API v4 Java Document OrderBy詳細ページ

SpreadSheetアドオン

 プログラミングなしで簡易的にGoogleアナリティクスAPIのレポート機能を利用できるSpreadSheetアドオンを紹介します。

 GoogleアナリティクスSpreadsheetアドオン

 例えば解決したい課題が下記に限定されるようなケースでは、このアドオンを使う方法も有効です。

  • 複数のビューからデータを取得したい
  • Googleアナリティクスのデータを利用しつつ、独自の計算式でKPIなどを表現したい
  • グラフを自由に変更したい
  • 誰でもデータを見ることができるようにしたい

 もちろん下記のような状況ではアドオンのみでは解決できないので、本稿のようにソースコードから利用する事になります。

  • 既存のウェブアプリケーションに統合したい
  • 既存のネイティブアプリケーションに統合したい
  • Googleアナリティクス以外のデータも利用してデータ加工したい

 課題に合った方法であれば、ツールを利用するのも効果的なので、参考にしてください。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
Reporting API活用のためのサンプルコード

この記事は参考になりましたか?

  • X ポスト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Googleアナリティクス API徹底活用入門連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

WINGSプロジェクト 西 潤史郎(ニシ ジュンシロウ)

WINGSプロジェクトについて>有限会社 WINGSプロジェクトが運営する、テクニカル執筆コミュニティ(代表 山田祥寛)。主にWeb開発分野の書籍/記事執筆、翻訳、講演等を幅広く手がける。2018年11月時点での登録メンバは55名で、現在も執筆メンバを募集中。興味のある方は、どしどし応募頂きたい。著書記事多数。 RSS Twitter: @yyamada(公式)、@yyamada/wings(メンバーリスト) Facebook<個人紹介>フリーランスとしてデータ解析エンジニアとして主にビッグデータ関連の仕事をしています。TableauなどBIやビッグデータ処理などビジネスデータ解析環境の構築・運用、また解析系のアプリケーション開発やGoogleアナリティクス活用支援などを行っています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

山田 祥寛(ヤマダ ヨシヒロ)

静岡県榛原町生まれ。一橋大学経済学部卒業後、NECにてシステム企画業務に携わるが、2003年4月に念願かなってフリーライターに転身。Microsoft MVP for Visual Studio and Development Technologies。執筆コミュニティ「WINGSプロジェクト」代表。主な著書に「独習シリーズ(Java・C#・Python・PHP・Ruby・JSP&サーブレットなど)」「速習シリーズ(ASP.NET Core・Vue.js・React・TypeScript・ECMAScript、Laravelなど)」「改訂3版JavaScript本格入門」「これからはじめるReact実践入門」「はじめてのAndroidアプリ開発 Kotlin編 」他、著書多数

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • X ポスト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CodeZine(コードジン)
https://codezine.jp/article/detail/9818 2016/12/21 14:00

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング