Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Androidアプリの脆弱性検査ツール「Secure Coding Checker」最新版(バーション2017.02.09)が提供開始

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/02/09 12:42

 ソニーデジタルネットワークアプリケーションズは2月9日、Androidアプリケーションの脆弱性検査ツール「Secure Coding Checker」の最新版(バージョン2017.02.09)を提供開始した。

 Secure Coding Checkerは、Androidアプリケーションが、日本スマートフォンセキュリティ協会(JSSEC)が提供する「Androidアプリのセキュア設計・セキュアコーディングガイド」に準拠しているかどうかを診断するツール。脆弱性の有無だけではなく、具体的な修正方法も確認することができる。

 最新版では、同ガイドの2017年2月1日版に対応した他、SQLiteやファイルを扱う際に、他アプリから読み書きできるモードを使用していると注意するように変更された。

 年間ライセンスの価格(税別)は、個人向けが1万1千円、法人向けのスタンダードプランが70万円、エンタープライズプランが100万円から。

 
【関連リンク】
Secure Coding Checker
『Androidアプリのセキュア設計・セキュアコーディングガイド』

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5