CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Silverlightに関する記事とニュース

83件中61~80件を表示
  • title.gif
    2010/02/15

    Bing Mapsで遊ぼう! 第1回 ‐SilverlightでBing Mapsを表示しよう‐

     Bing Mapsはマイクロソフトの検索サービスであるBingサービスの1つで、Google Mapsのように地図機能を提供するサービスです。本連載では、そのBing MapsをSilverlightから利用してBing Mapsアプリを作成します。第1回目では開発の準備から、Bing Mapsを表示して任意の座標を表示させるまでを解説します。

  • t.gif
    2010/02/10

    Silverlight 3で作る業務アプリケーションの要 「ナビゲーションフレームワーク」

     Silverlight 3の新機能のうち、多数のサブシステムからなる業務アプリケーションを作成するという観点では、標準的な画面遷移を提供するナビゲーションフレームワークが追加されたというのはうれしい変更点といえるでしょう。今回はナビゲーションフレームワークの概要とその仕組みについて触れていきます。

  • t.gif
    2010/01/18

    Silverlightのオフライン機能による新しい可能性

     もともとSilverlightはブラウザーのプラグインとして動作するため、オンライン環境が前提でした。しかし、Silverlight 3では、ブラウザー外実行(Out-Of-Browser)と呼ばれる新機能により、オフライン/ブラウザー外でSilvelrightを動作させる機能が追加されています。今回は、Silverlight 3のブラウザー外実行について詳しく触れていきます。

  • t.gif
    2009/12/21

    Silverlight 3をSharePointで使おう

     エンタープライズ用アプリケーション開発のためのプラットフォーム「Microsoft SharePoint Server」ではメインとなるアプリケーションがASP.NETで書かれています。また、よりリッチな操作性やユーザーエクスペリエンスを求め、Silverlightの適用も進んでいます。そこで今回は、NetAdvantage Silverlightを使用してSharePoint上でのSilverlightを活用する例をご紹介します。

  • t.gif
    2009/12/01

    Silverlight用の高機能データグリッドコントロール 「xamWebGrid」活用術

     NetAdvantage for WebClientに含まれるxamWebGridは非常に強力なデータグリッドコントロールです。業務用途に欠かせない多くの機能や、ハイパフォーマン ス性を特徴としており、Silverlight 3によるリッチな業務アプリケーション開発には欠かせないツールといえるでしょう。今回はこのxamWebGridに焦点を当て、機能の実現に必要なコー ドを解説します。

  • t.gif
    2009/12/01

    デザインツールの進化 ― Expression Blend 3入門

     Expression Blend 3はSilverlight 3のデザインやデザインプロセスを、効率よく進めることができるデザインツールです。今回はExpression Blend 3の新機能にフォーカスし、新たに追加された機能とその使い方について触れていきます。

  • t.gif
    2009/11/17

    Silverlight 3に新しく追加されたコントロール

     Silverlight 3ではブラウザ外の実行、高度な画像処理機能、開発生産性といった内部的な変更はもとより、そのサイトを利用するエンドユーザーに最も深く関わってくるUIとそのデザインに関しても大きな追加と変更が行われています。連載の2回目である今回は、Sliverlight 3で新たに追加されたコントロールについて、コントロールの概要とその使い方の解説を行います。

  • t.gif
    2009/10/26

    Silverlight 3がやってきた

     Silverlight 2が2008年10月にリリースされてから9か月、2009年7月に待望のSilverlight 3がリリースされました。この連載では、Silverlight 3で提供された機能を適宜コードをあわせながら解説していきます。連載の第1回である今回はこれまでのSilverlightの振り返りと、Silverlight 3の開発環境を作成する上での注意点の解説を行います。

  • t.gif
    2009/10/20

    Expression Blend 3を使ってSilverlight 3でリッチなレイアウトを持ったアプリケーションを作成しよう

     NetAdvantage SilverlightのxamWebTileViewコントロールはSilverlight 3の機能を活かし、今までにないリッチなデータ表現を可能にするレイアウトコントロールです。今回はMicrosoft Expression Blend 3のサンプルデータ作成機能を用いて、リッチなナビゲーションを構築します。

  • t.jpg
    2009/07/16

    マイクロソフト、「ReMIX Tokyo 09」を開催 Silverlight 3の開発ツールも提供開始

     マイクロソフトは16日、ウェブ開発者/デザイナーを対象としたイベント「ReMIX Tokyo 09」を開催。ユーザーエクスペリエンスの向上をテーマに、「Silverlight」や「Expression Studio」を軸にした事例や最新情報が紹介された。また、基調講演でゲストスピーカーの大阪大学大学院の川崎和男教授は、「コンピュータが消える日」と題した講演を行った。

  • t.gif
    2009/03/18

    ASP.NET AJAXの開発をさらにサポート「ASP.NET 3.5 SP1」

     Visual Studio 2008 Service Pack1から、ScriptManagerコントロールの機能強化が行われ、AJAX機能のサポートが行われています。また、ASP.NET Controls for Silverlightにより、Silverlightのメディアやコンテンツをサポートするコントロールの追加も行われています。本稿では、ASP.NET 3.5 SP1/ASP.NET Controls for Silverlightの概要とアプリケーションの作成について学びたいと思い...

  • t.gif
    2009/02/24

    Silverlightとサーバーサービスの連携

     Silverlightはブラウザにダウンロードして動作するアプリケーションです。業務アプリケーションでメインとなる、データの更新や検索、他システムとの連携といった処理を行うには、Silverlightとサーバーサービスで連携する必要があります。本稿は、そのための基礎について解説します。

  • t.jpg
    2009/02/03

    Silverlightを始めるチャンス到来? 今なら入手できるToolkitの日本語版サンプル

     1月27日に開催された「Microsoft tech・days Japan 2009」初日のセッション「Silverlightの未来」では、マイクロソフト株式会社 デベロッパーエバンジェリスト大野元久氏により、Silverlight 2の機能詳細と今後実装が予定されている機能が紹介された。

  • t.gif
    2009/01/29

    Silverlight 2でのデータバインディング

     .NET Framework 3.5のWPFは強力なデータバインディングをサポートしていますが、そのサブセット的位置づけにあるSilverlight 2もやはり多彩なデータバインディングに対応しています。特に、業務アプリケーションの多くは、一般に帳票画面と呼ばれるリソースを表示・編集する画面の集合でできており、この実装においてデータバインディングは欠かせない技術と言えます。本稿ではSilverlight 2のデータバインディングの概要と業務アプリケーションへの実装について扱います。

  • t.gif
    2009/01/26

    .NET Frameworkの最新技術とSilverlightとの連携

     Silverlightと言うとリッチなユーザーインターフェイスや、アニメーションと言ったインタラクティブな要素ばかり注目されがちですが、 Silverlight 2からは、ジェネリックやLINQ、スレッドといった.NET Frameworkの機能がサポートされました。今回はSilverlightで使用できる.NET Frameworkの最新技術とSilverlightの連携について触れていきたいと思います。

  • t.gif
    2008/12/26

    Silverlightアプリでアニメーションを効率よく使うテクニック

     プログラマや業務システムの担当者にアニメーションの話をすると、うちのシステムには必要ないといった感じの答えが返ってきます。確かに業務アプリケーションとアニメーションは無縁のように感じますが、待ってください、これは本当でしょうか? 今回は、Silverlight 2を使って、業務アプリケーションでアニメーションを効率よく使うためにはどうしたらよいのかを考えていこうと思います。

  • t.gif
    2008/12/26

    Silverlight 2で大きく変わったコントロール

     本連載は、業務アプリケーションにおいてSilverlight 2をどのように活用できるかという観点で進めています。Silverlight 2は開発者から見ると.NET Frameworkのサブセット的な位置づけにあり、.NET環境でよく使われる数々のコントロールがサポートされています。今回はサンプルを通していくつかの代表的なコントロールを取り上げ、その使い方を解説します。

  • t.gif
    2008/11/26

    Silverlight 2の業務アプリケーションへの活用 Silverlight 2の紹介

     「Silverlight 2」はプラグインを介すことにより、Webブラウザ上で.NET技術を利用した高度なアプリケーションを作成可能にする技術です。今後、Silverlight 2による業務アプリケーションの実装も視野に入ってくることでしょう。今回はSilverlight 2を業務で活用するメリットに着目して、その特徴を紹介します。

  • 2008/01/22

    Silverlight入門(4)-アニメーションの作成

    本稿では、XAMLによって宣言されたアニメーションをSilverlightで再生する方法について解説します。Silverlightのアニメーションは、オブジェクトのプロパティを指定された時間以内に、目的の値に向かって少しずつ変化させることで実現します。

  • 2007/12/14

    Silverlight入門(3)-JavaScript によるオブジェクトの動的な制御

    本稿では、SilverlightオブジェクトをJavaScriptから操作する方法について解説します。JavaScriptを通して、Silverlightオブジェクトを実行時に生成して表示したり、Silverlightオブジェクトの状態を動的に変更することが可能です。

83件中61~80件を表示
All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5