Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

「コラム」に関する記事

74件中41~60件を表示
  • 2011/12/13

    先輩ライターに訊く、技術文書執筆のアレコレ(3) ~初心者向けの技術文書/合田英二さん

     本連載では、書籍や雑誌といった商用ベースでの技術文書を執筆したことがあるライターの体験談をリレー形式で紹介します。普段、なかなか突っ込んで聞く機会の少ない生の声をお伝えしますので、今後技術文書を執筆してみたいと考えている方の参考になれば幸いです。第三回は、合田 英二(ごうだ えいじ)です。

  • 6233_t.gif
    2011/10/20

    先輩ライターに訊く、技術文書執筆のアレコレ(2) ~チーム執筆/須江信洋さん

     本連載では、書籍や雑誌といった商用ベースでの技術文書を執筆したことがあるライターの体験談をリレー形式で紹介します。普段、なかなか突っ込んで聞く機会の少ない生の声をお伝えしますので、今後技術文書を執筆してみたいと考えている方の参考になれば幸いです。第2回は、須江 信洋(すえ のぶひろ)です。

  • 6165_t.jpg
    2011/09/26

    先輩ライターに訊く、技術文書執筆のアレコレ(1) ~花井志生(宇野るいも)さん

     本連載では、書籍や雑誌といった商用ベースでの技術文書を執筆したことがあるライターの体験談をリレー形式で紹介します。普段、なかなか突っ込んで聞く機会の少ない生の声をお伝えしますので、今後技術文書を執筆してみたいと考えている方の参考になれば幸いです。第一回は発起人の私、花井志生(宇野るいも)です。

  • title.gif
    2009/11/13

    アーキテクチャの情報を伝えるための10のヒント

     ソフトウェアアーキテクトとして成功するには、技術的な情報を関係者に効果的に伝える方法を身につける必要があります。この記事では、アーキテクチャ情報を効果的に提示するための10のヒントについてお話しします。

  • title.gif
    2009/08/17

    初めての省庁系システム開発(技術編第3回)~セキュリティは政府機関の統一基準に従え~

     この連載では、省庁系システム開発において、著者が経験したプロジェクトを例として、どのような技術を使用したかだけでなく、省庁系システム特有 の掟などを書き綴っていきます。本記事では技術編シリーズの第3回として、省庁系システム開発のセキュリティの統一基準や、実装方法の一例を紹介します。

  • title.gif
    2009/08/10

    初めての省庁系システム開発(第6回)~自社に馴染んだ開発手法に持ち込め~

     この連載では、省庁系システム開発において、著者が経験したプロジェクトを例として、どのような技術を使用したかだけでなく、省庁系システム特有の掟などを書き綴っていきます。本記事では、省庁系システム開発において、失敗しないための「開発手法」の選び方や注意点を紹介します。

  • title.gif
    2009/08/05

    グローバルな技術プロジェクトのマネジメントに関するベストプラクティス

     グローバルな技術プロジェクトのマネジメントでは、従来のローカルなプロジェクトのマネジメントとは異なる種類のプラクティスとスキルが必要です。本稿では、さまざまな経験やリソースから得られたベストプラクティス、および技術とマネジメントとの相互作用をうまく活用するためのスキルを紹介します。

  • title.gif
    2009/08/03

    初めての省庁系システム開発(技術編第2回)~認証基盤でつまづくな~

     この連載では、省庁系システム開発において、著者が経験したプロジェクトを例として、どのような技術を使用したかだけでなく、省庁系システム特有の掟などを書き綴っていきます。本記事では、技術編シリーズの第2回として、「省庁系システムの認証方式」について数省庁の例を挙げ、注意すべき点や、公開されている仕様書などがあれば紹介します。

  • title.gif
    2009/07/27

    初めての省庁系システム開発(第5回)~省庁の影にコンサルタントの気配あり~

     この連載では、省庁系システム開発において、著者が経験したプロジェクトを例として、どのような技術を使用したかだけでなく、省庁系システム特有の掟などを書き綴っていきます。本記事では、省庁とベンダーの橋渡し役である「コンサルタント」について紹介していきます。

  • title.gif
    2009/07/20

    初めての省庁系システム開発(第4回)~査読すべき資料を早急に収集せよ~

     この連載では、省庁系システム開発において、著者が経験したプロジェクトを例として、どのような技術を使用したかだけでなく、省庁系システム特有の掟などを書き綴っていきます。本記事では、省庁系システムを構築する上で必要な、ネット上で公開されている資料について紹介していきます。

  • title.gif
    2009/07/13

    初めての省庁系システム開発(技術編第1回)~オープンソースで構築~

     この連載では、省庁系システム開発において、著者が経験したプロジェクトを例として、どのような技術を使用したかだけでなく、省庁系システム特有の掟などを書き綴っていきます。本記事では、技術編シリーズの第1回として、オープンソースを使用しての開発について、説明していきます。

  • title.gif
    2009/07/06

    初めての省庁系システム開発(第3回)~受領資料の意味を熟考せよ~

     この連載では、省庁系システム開発において、著者が経験したプロジェクトを例として、どのような技術を使用したかだけでなく、省庁系システム特有の掟などを書き綴っていきます。本記事では、省庁から受領する多くの資料の中で一番重要で、その後の要件定義工程を進めてゆく上で欠かせない「調達仕様書」について、説明していきます。

  • t.gif
    2009/06/29

    初めての省庁系システム開発(第2回)~コミュニケーションルートを確保せよ~

     この連載では、省庁系システム開発において、著者が経験したプロジェクトを例として、どのような技術を使用したかだけでなく、省庁系システム特有の掟などを書き綴っていきます。第1回「誤字・脱字を侮るな」のとおり、誤字・脱字で失敗すると、その後のコミュニケーションがうまくいきません。本記事では、コミュニケーションルートの確保の方法を紹介します。

  • t.gif
    2009/06/22

    初めての省庁系システム開発(第1回)~誤字・脱字を侮るな~

     この連載では、省庁系システム開発において、著者が経験したプロジェクトを例として、どのような技術を使用したかだけでなく、省庁系システム特有の掟などを書き綴っていきます。本記事では、省庁系特有の守り事について紹介します。

  • t.gif
    2009/01/28

    技術のジェンガ現象の恐さを本気で考えてみよう

     皆さん、ジェンガというゲームをやったことありますか? 積み木の1つを引っこ抜いて一番上に乗せていく。順番にこれを繰り返し、崩れたら負け。技術におけるジェンガ現象とは……。

  • 2008/12/09

    人間という生物の常識からITを考えてみよう

     この連載は、"常識"のやっかいさを知り、そこからエンジニアという仕事について考え、最終的によいモノを作っていこう、という試みです。今回は、生物としての人間にまつわる常識について考えてみたいと思います。

  • 2008/10/28

    エンジニアを惑わす「常識」の正体を知ろう

     この連載は、"常識"のやっかいさを知り、そこからエンジニアという仕事について考え、最終的によいモノを作っていこう、という試みです。今回はエンジニアを惑わす「常識」の正体を明らかにしていこうと思います。

  • 2008/09/29

    コーディングスタイルの常識をぶち壊せ

     エンジニアの皆さんは普段さまざまな常識にとらわれていませんか? そのような常識の多くは、思い込みであり、あなたの能力や生産性を妨げる要因となっています。この連載では固定観念を打ち破り、実務をバリバリこなす鉄人エンジニアへの一歩を踏み出すアイデアの数々を紹介します。

  • t.gif
    2008/09/05

    Mashupの現在と今後

     Mashupという開発モデルが生まれてから数年、その開発モデルが浸透すると同時に本質もだいぶ理解されてきたかと思います。ここではMashupについてのこれまでを振り返るとともに、今後の発展について考えてみたいと思います。

  • t.gif
    2008/05/19

    Webサービスの企画と開発~全自動百科事典『オートペディア(Auto☆pedia)』の場合

    全自動百科事典『オートペディア(Auto☆pedia)』の企画開発の解説を通して、楽しめるWebサービスの作り方を説明します。実際に筆者が企画を立てた思考の流れに沿いますので、「なんかWebサービスを作ってみたいんだけど、どんなサービスを作ったらいいのか分からない」とお悩みの方の一助になるかもしれません。最後に、「オートペディア」のプログラミング上の工夫点についても触れます。

74件中41~60件を表示
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5