CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Flex基礎講座(パート4):データモデルの利用

入力データを処理するデータモデルの作成とMVCの分離手法の解説

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2005/08/02 12:00

 本稿では、ユーザーがMacromedia Flexアプリケーションに入力したデータを取得、および保存するためのデータモデルを作成します。また、フォームから受け取ったデータから新しいオブジェクトを作成する方法や、データグリッド間におけるドラッグ&ドロップの実装方法についても解説します。

目次
※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

著者プロフィール

  • Robert Crooks(Robert Crooks)

    Macromedia所属カリキュラム開発担当ディレクター。これまでに、『Fast Track to Macromedia Flex』を含む、インターネットアプリケーション開発関連の数々の教材を執筆。

  • マクロメディア株式会社(マクロメディアカブシキガイシャ)

    Macromediaは、先端的なソフトウェア会社であり、オープンで統合性のあるWeb開発プラットフォームを通じて、Webプロフェッショナルが魅力あるユーザー体験を提供するためのサービスを提供している。主な製品に「Flash MX 2004」「Dreamweaver MX 2004」「Director...

バックナンバー

連載:Flex基礎講座
All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5