Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Flex基礎講座(パート3):コンテナの利用

ナビゲーションコンテナやレイアウトコンテナの利用方法の習得

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2005/08/01 12:00

 本稿では、Flexのナビゲーションコンテナやレイアウトコンテナを利用して、複数のビューが備わったアプリケーションを作成します。このほかに、アイテムの集合をレイアウトしたり、チャートを描画したりする方法も紹介します。

はじめに

 このチュートリアルではFlexのナビゲーションコンテナやレイアウトコンテナを利用して、複数のビューが備わったアプリケーションを作成します。ここでは、レイアウトコンテナのいくつかの使用法に加え、データの配列を柔軟に表示することができるTileListコントロールの使用法も解説します。また、Macromedia Flex 1.5に新たに搭載されたチャート用コンポーネントの使用法も紹介します。

 なお、このチュートリアルはMacromediaカスタマートレーニンググループに所属する、Robert Crooksが執筆した4部構成のチュートリアルのパート3です。

本チュートリアルの内容

  • Applicationタグの使い方
  • TabNavigatorの使い方
  • ViewStackの使い方
  • LinkBarの使い方
  • Panelコンテナの使い方
  • HBoxの使い方
  • VBoxの使い方
  • TileListコントロールの使い方
  • LineChartコンポーネントとそのサブコンポーネントの使い方
  • Labelコントロールの使い方
  • Buttonコントロールの使い方
  • ActionScriptでの配列の作り方
  • ActionScriptでのオブジェクトの配列の作り方
  • 一覧アイテムのイベントに対するActionScriptのイベントハンドラの作り方

この記事に必要なもの

 このチュートリアルをフォローするには、つぎに挙げるソフトウェアやファイルをインストールする必要があります。

Macromedia Flex

 Flexのトライアル版に関する詳細については、Flex FAQを参照してください。また、トライアル版の入手方法については、こちらを参照してください。

テキストエディタ

 Flex Builder、もしくはDreamweaver MX 2004、あるいはXMLとActionScriptのコードが記述できるコードエディタ(Notepadのような簡単なテキストエディタでも可)が必要です。なおFlex BuilderはFlexサーバーとともにダウンロードできます。また、Dreamweaver MX 2004のトライアル版の入手方法については、こちらを参照してください。

このチュートリアルのためのソリューションファイル

 container.zipには、このチュートリアルで紹介するcontainers.mxmlのソースコードが収録されています。

この記事のために必要な予備知識

アプリケーションの作成

 このチュートリアルではナビゲーションコンテナとレイアウトコンテナの使用法に焦点を置き、簡単なアプリケーションを構築します。ここでは、TabNavigatorコンテナを利用して、ビューを2つ持つグローバルナビゲーションシステムを作成します。また、ビューの1つには、LinkBarViewStackナビゲーションコンテナを利用して、2つのサブビューが備わったローカルナビゲーションシステムも作成します。

 各ビューにはPanelHBoxFormなどのさまざまなレイアウトコンテナも利用します。アイテムの集合をレイアウトするためのTileListコントロールや、データを視覚化するためのLineChartの使用法にも触れていきます。

図1.Formビュー
図1.Formビュー
図2.タイル表示
図2.タイル表示
図3.線グラフ
図3.線グラフ

Applicationオブジェクトの作成

 Flexアプリケーションの開発は、まずXMLの宣言とApplicationブロックを記述することから始まります。Applicationタグの中には、つぎに示すMXクラスライブラリの名前空間宣言を記述します。

xmlns:mx="http://www.macromedia.com/2003/mxml"

 なお、接頭辞のmxはこのライブラリのすべてのタグに対して使用します。

  1. 新規ファイルを開いて、このファイルを「flex_tutorials」ディレクトリに「containers.mxml」として保存します。
  2. ファイルの最初に、つぎのXML宣言を追加します。
  3. <?xml version="1.0"?>
    
     
  4. XML宣言のつぎに、MXML名前空間の指定の入ったApplicationタグを追加します。
  5. <mx:Application xmlns:mx="http://www.macromedia.com/2003/mxml">
    </mx:Application>
    

データ配列の作成

 このチュートリアルのパート1ではタグの構文で配列を作成する方法を紹介しましたが、ここではActionScriptで作成する方法を紹介します。

  1. Applicationブロックの中にScriptブロックを追加し、この中にCDATAセクションを記述して、XMLパーサーがスクリプトをXMLのコードとして解析しないようにしておきます。
  2. <mx:Script>
        <![CDATA[]]>
    </mx:Script>
    
     
  3. Scriptブロックの中で配列変数のmyArrayを定義し、この変数の値に配列データの[0,1,2,3,4,5,6,7,8,9]を代入します。
  4. var myArray=[0,1,2,3,4,5,6,7,8,9];
    

オブジェクトの配列の作成

 オブジェクトの配列も作成します。オブジェクトの配列は後ほど作成するコントロールで使用するとともに、チャート用コンポーネントにデータを供給するためにも使用します。このチュートリアルのパート1で作成したオブジェクトの配列では、<mx:Object>タグ内にタグをネストすることでオブジェクトのプロパティを宣言しましたが、ここでは<mx:Object>タグの属性を利用してプロパティを作成する構文を使用します。

  1. Scriptブロックの後に<mx:Array>ブロックを追加します。
  2. <mx:Array id="myArrayOfObjects">
    </mx:Array>
    
     
  3. <mx:Array>ブロックの中に<mx:Object>タグを4つ追加し、それぞれのタグに、次に示すlabelvolumerevenueプロパティを追加します。
  4. <mx:Object label="Q1" volume="1600" revenue="10000"/>
    <mx:Object label="Q2" volume="1500" revenue="9000"/>
    <mx:Object label="Q3" volume="1900" revenue="12000"/>
    <mx:Object label="Q4" volume="2300" revenue="14000"/>
    

グローバルナビゲーション用のTabNavigatorコンテナの追加

 TabNavigatorコンテナは、このコンテナ内に宣言されるレイアウト用コンテナのlabel値をもとにして、ナビゲーション機能を自動的に生成します。

  1. Arrayブロックの後にTabNavigatorコンテナを追加し、マージンなどのプロパティを次のように設定します。
  2. <mx:TabNavigator id="tabNav" marginLeft="10" marginTop="20">
    </mx:TabNavigator>
    

メインビュー用のHBoxレイアウトとPanelコンテナの追加

 Flexクラスライブラリには、画面上の視覚要素を整列させるために数々のレイアウトコンテナクラスが収録されています。ここでは、これらのうち2つをメインナビゲーションビューを構築するために利用します。

  • HBoxレイアウトコンテナ:コンテンツを横並びに整列
  • Panelコンテナ(パート1,2にて使用済み):コンテンツを縦、横、両方向に整列するとともにタイトルバーを表示

 なお、Panelの場合、データバインディングを利用して、Panelコンテナの高さとTabNavigatorコンテナの高さをリンクすると良いでしょう。このテクニックを利用すれば、相対的にサイズが指定できるうえにコードでサイズを指定する量が減り、UIをリフォームする際やディスプレイサイズの異なるデバイスにアプリケーションを移植する際などに便利です。この場合、データバインディングを利用する部分を波括弧({ })で囲みます。この波括弧は、Flexコンパイラに対して、括弧内のコンテンツをActionScriptの表現式または変数として評価することを指示します。

  1. TabNavigatorコンテナのブロックの中にHBoxコンテナを追加し、labelプロパティに「View 1: Form/Tile」を設定します。
  2. <mx:HBox label="View 1: Form/Tile" width="500" height="400">
    </mx:HBox>
    
     
  3. HBoxコンテナのブロックの後にPanelコンテナを追加し、labelプロパティを「View 2: Pseudo Bar Chart」、idheighttitleプロパティを次に示すように、それぞれ設定します。
  4. <mx:Panel label="View 2: Sales Trends Chart"
    title="Sales Trends">
    </mx:Panel>

サブビュー用のViewStack、LinkBar、Panelコンテナの追加

 TabNavigatorコンテナのベースのクラスとなるのが、コンテナの配列を含むViewStackナビゲーションコンテナです。なお、コンテナの配列間のナビゲーションにはselectedIndexもしくはselectedItemプロパティ(selectedIndexは配列内のコンテナの位置、selectedItemはコンテナのid値をそれぞれ利用して参照)を利用します。TabNavigatorコンテナはViewStackクラスを継承するものなので、ViewStackが既に内蔵されています。その他のナビゲーションコンテナは、明示的に定義したViewStackコンテナをdataProviderとして使用しますが、この場合でもナビゲーションの詳細はシームレスに処理されます。

 ViewStackコンテナの幅と高さを設定する際には、Flex 1.5の新機能であるパーセンテージでのサイズ指定を利用します。Flex 1.5からは、幅や高さをピクセル値だけでなく、親コンテナとのパーセント比率でも指定することができます。(この際、コンテナ内の他のコンテンツのために充分なスペースが確保されていることが前提となります。)

 LinkBarナビゲーションコンテナには縦、横、というように方向を指定するためのプロパティがあるので、グローバルナビゲーションとサブナビゲーションのいずれの場面でも便利です。ここでは、サブナビゲーションのためにLinkBarナビゲーションコンテナを利用します。

  1. HBoxコンテナの中にViewStackコンテナを追加し、idプロパティを「vStack」に設定します。
  2. <mx:ViewStack id="vStack">
    </mx:ViewStack>
    
     
  3. HBoxコンテナ内のViewStackコンテナの前にLinkBarコンテナを追加し、dataProviderプロパティをViewStackコンテナにバインドし、directionプロパティを「vertical」に設定します。
  4. <mx:LinkBar dataProvider="{vStack}" direction="vertical"/>
    
     
  5. ViewStackコンテナの中にPanelを2つ追加し、1つ目のPaneltitlelabelプロパティを「Form」に設定します。2つ目のPanelには、titlelabelを「Tile」に設定し、idを「tilePanel」に設定します。
  6. <mx:Panel title="Form" label="Form">
    </mx:Panel>
    <mx:Panel id="tilePanel" title="Tile" label="Tile"
    width="220" height="210">
    </mx:Panel>
     
  7. ファイルを保存し、アプリケーションをブラウズしてみます。画面上の2つのタブと、LinkBarコンテナの2つのリンクをクリックし、これらのナビゲーションが自動的に処理されていることを確認してください。また、ブラウザの[戻る]、[進む]ボタンもクリックしてみてください。ナビゲーションコンテナは、ナビゲーション時のイベントをブラウザの履歴機能と連携させるので、ブラウザの[戻る]、[進む]ボタンは通常のWebページ同様に動作します。

Formコンテナの追加

 ここまででアプリケーションのナビゲーションが完成したので、ここからはレイアウトコンテナの使用法に重点を置きます。ここでは、まず、フォームのコントロール群を自動的に整列し、さらにフォームのデータ処理を支援するFormコンテナを利用します。(このチュートリアルではデータ処理の支援機能を利用しません。詳細については、Flexドキュメンテーションを参照してください。)フォームのデータに対しては、ここで紹介するように、一般的なイベントハンドラが使用できます。

 Formコンテナ内には次の2つのコンテナクラスがネストできます。

  • FormHeading:1つまたは複数の見出しを作成(オプション項目。代わりにLabelを使用することも可)
  • FormItem:1つのコントロール、またはコントロール群とそのラベルを作成

 Formの中には、HTMLのselectコントロール同様の機能を提供するComboBoxを使用します。ComboBoxの詳細については、Flex基礎講座(パート1):はじめてのFlexアプリケーション開発を参照するようにしてください。ComboBoxの中に表示するアイテムは、単なる値の配列またはオブジェクトの配列として用意します。ここでは、先程Scriptブロックの中で作成した配列を使用します。

 また、このセクションでは、ControlBarコンテナも作成します。ControlBarは横方向に配置を行うPanelのフッターになるオプションのコンテナです。

  1. 「Form」というタイトルのついたPanelコンテナの中にFormコンテナを追加します。
  2. <mx:Form>
    </mx:Form>
    
     
  3. Formコンテナの中にFormHeadingを追加し、labelを「My Form」に設定します。
  4. <mx:FormHeading label="My Form"/>
    
     
  5. FormHeadingの後にFormItemコンテナを追加し、labelを「Pick a Number」に設定します。
  6. <mx:FormItem label="Pick a Number">
    </mx:FormItem>
    
     
  7. FormItemの中にComboBoxを追加し、idを「myCombo」に、dataProviderプロパティを「myArray」へのバインドにそれぞれ設定します。
  8. <mx:ComboBox id="myCombo" dataProvider="{myArray}"/>
    
     
  9. Formコンテナの後(引き続きPanelの中)にControlBarコンテナを追加します。
  10. <mx:ControlBar></mx:ControlBar>
    
     
  11. ControlBarコンテナの中にLabelを追加し、textプロパティには文字列の「You chose: 」とComboBoxselectedItemプロパティへのバインディングを設定します。
  12. <mx:Label text="You chose: {myCombo.selectedItem}"/>
    
     
  13. ファイルを保存して、ブラウザでフォームの動作を確認します。ComboBoxでアイテムを選択すると、ControlBarコンテナのラベルが変化するのが確認できます。

TileListの追加と、オブジェクトの配列の表示

 1つ目の主要ビューの第2ビューには、dataProviderから供給されたアイテムをタイル状に配置するTileListコントロールを使用することにします。TileListはアイテムがグリッド状に表示されることを除けば、以前に使用したListComboBoxコントロールとほぼ同じです。なおTileListにはMouseOverMouseDownビヘイビア(カスタマイズ可能)が組み込まれており、changeイベントを利用することでイベントハンドラを呼び出すことができます。

  1. 「Tile」というタイトルのついたPanelコンテナの中にTileListコントロールを追加して、dataProviderを「myArrayOfObjects」にバインドするよう設定し、widthheightをともに「100%」に設定します。また、changeイベントを「setStatus(event.target.selectedItem)」に設定します。
  2. <mx:TileList dataProvider="{myArrayOfObjects}"
    change="setStatus(event.target.selectedItem)" width="100%"
    height="100%"/>
     
  3. アプリケーションのコードの最初にあるscriptブロックの中に、setStatus()関数を定義するためのfunctionブロックを追加します。この関数では、Object型の引数、「item」を受け付けるようにし、戻り値をなしに設定します。
  4. function setStatus(item:Object):Void    {            }
    
     
  5. functionブロックの中で、「Tile」タイトルのついたPanelstatusプロパティに「"Revenue: "+item.revenue+" Volume: "+item.volume」を代入します。
  6. tilePanel.status="Revenue: "+item.revenue+" Volume: "
    +item.volume;
    
メモ
 この関数に渡されるアイテム(item)は、イベントが発生したrepeatedオブジェクトに関連づけられたオリジナルデータのアイテムです。
  1. ファイルを保存し、アプリケーションをブラウズしてみます。TileListによってタイル状に表示されたアイテムをクリックし、Panelコンテナのステータス欄に各アイテムのデータが表示されることを確認します。

LineChartコンポーネントの作成

 このチュートリアルの最後のステップでは、Flex 1.5最新のチャート用コンポーネントを利用して、オブジェクトの配列から線グラフを生成することにします。LineChartコンポーネントは、このコンポーネントに埋め込まれた「軸」用のコンポーネントなどの一連のコンポーネントを利用することで、グラフの外観を定義します。

  1. 「View 2」のPanelの中に<mx:LineChart>コンポーネントを追加し、dataProviderを「myArrayOfObjects」にバインドするとともに、heightを周囲のパネルの高さに対して「100%」になるように設定します。
  2. <mx:LineChart dataProvider="{myArrayOfObjects}" height="100%">
    </mx:LineChart>
    
     
  3. <mx:LineChart>タグブロックの中に<mx:horizontalAxis>ブロックを追加します。
  4. <mx:horizontalAxis>
    </mx:horizontalAxis>
    
     
  5. <mx:horizontalAxis>ブロックの中に<mx:CategoryAxis>タグを追加し、dataProviderを「myArrayOfObjects」にバインドするとともに、categoryFieldにオブジェクトのlabelプロパティを設定します。
  6. <mx:CategoryAxis dataProvider="{myArrayOfObjects}"
    categoryField="label"/>
     
  7. <mx:LineChart>ブロック内の<mx:horizontalAxis>ブロックの下に、<mx:series>ブロックを追加します。
  8. <mx:series></mx:series>
    
     
  9. <mx:series>ブロックの中に、<mx:Array>ブロックを追加します。
  10. <mx:Array></mx:Array>
    
     
  11. <mx:Array>ブロックの中に、グラフの線を定義する、2つの<mx:LineSeries>タグを追加します。線種(form)を「Curve」に設定し、yFieldnameの値は、dataProviderから供給されるオブジェクトのvolumeプロパティやrevenueプロパティに対応するようにしておきます。
  12. <mx:LineSeries yField="volume" form="curve" name="Volume"/>
    <mx:LineSeries yField="revenue" form="curve" name="Revenue"/>
    
     
  13. これで完成です。ファイルを保存し、アプリケーションの動作を確認しましょう。ボタンをクリックして、動作を確認ください。

完成した「containers.mxml」ファイルのコード
<?xml version="1.0"?>
<mx:Application xmlns:mx="http://www.macromedia.com/2003/mxml" >
    <mx:Script>
        <![CDATA[
            // データ配列
            var myArray=[0,1,2,3,4,5,6,7,8,9];
            // タイル用のハンドラ
            function setStatus(item:Object):Void
            {
                tilePanel.status="Revenue: "+item.revenue
+" Volume: "+item.volume;
            }
        ]]>
    </mx:Script>
    <mx:Array id="myArrayOfObjects">
        <mx:Object label="Q1" volume="1600" revenue="10000"/>
        <mx:Object label="Q2" volume="1500" revenue="9000"/>
        <mx:Object label="Q3" volume="1900" revenue="12000"/>
        <mx:Object label="Q4" volume="2300" revenue="14000"/>
    </mx:Array>
    <!-- グローバルナビゲーション -->
    <mx:TabNavigator id="tabNav" marginLeft="10" marginTop="20">
        <!-- ビュー 1 -->
        <mx:HBox label="View 1:Form/Tile" width="500" height="400">
            <!-- サブナビゲーション -->
            <mx:LinkBar dataProvider="{vStack}"
direction="vertical"/>
<mx:ViewStack id="vStack" width="80%" height="100%"> <!-- form ビュー --> <mx:Panel title="Form" label="Form"> <mx:Form> <mx:FormHeading label="My Form"/> <mx:FormItem label="Pick a Number"> <mx:ComboBox id="myCombo"
dataProvider="{myArray}"/>
</mx:FormItem> </mx:Form> <mx:ControlBar> <mx:Label
text="You chose:{myCombo.selectedItem}"/>
</mx:ControlBar> </mx:Panel> <!-- tile ビュー --> <mx:Panel id="tilePanel" title="Tile" label="Tile"
width="220" height="210">
<mx:TileList dataProvider="{myArrayOfObjects}"
change="setStatus(event.target.selectedItem)"
width="100%" height="100%"/>
</mx:Panel> </mx:ViewStack> </mx:HBox> <!-- ビュー 2 --> <mx:Panel label="View 2: Sales Trends Chart"
title="Sales Trends">
<mx:LineChart dataProvider="{myArrayOfObjects}"
height="100%">
<mx:horizontalAxis> <mx:CategoryAxis dataProvider="{myArrayOfObjects}"
categoryField="label"/>
</mx:horizontalAxis> <mx:series> <mx:Array> <mx:LineSeries yField="volume" form="curve"
name="Volume"/>
<mx:LineSeries yField="revenue" form="curve"
name="Revenue"/>
</mx:Array> </mx:series> </mx:LineChart> <mx:ControlBar> </mx:ControlBar> </mx:Panel> </mx:TabNavigator> </mx:Application>

つぎのステップ

 是非つぎのチュートリアルに進み、さらにFlexの習得を深めてください。

 このチュートリアルの内容にご関心をお持ちいただけた場合は、Flexにデフォルトで含まれているサンプルアプリケーションなども一度目を通すようにしてください。Flexの搭載機能をデモするサンプルが多数収録されています。

「FlexではじめるRIA開発」特集、絶賛公開中!


  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • Robert Crooks(Robert Crooks)

    Macromedia所属カリキュラム開発担当ディレクター。これまでに、『Fast Track to Macromedia Flex』を含む、インターネットアプリケーション開発関連の数々の教材を執筆。

  • マクロメディア株式会社(マクロメディアカブシキガイシャ)

    Macromediaは、先端的なソフトウェア会社であり、オープンで統合性のあるWeb開発プラットフォームを通じて、Webプロフェッショナルが魅力あるユーザー体験を提供するためのサービスを提供している。主な製品に「Flash MX 2004」「Dreamweaver MX 2004」「Director...

バックナンバー

連載:Flex基礎講座
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5