Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

WCF(Windows Communication Foundation)チュートリアル 後編

Vista時代のプログラミングモデル .NET Framework 3.0入門 (4)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2007/05/09 08:00

前編ではWCFの概要について確認し、HTTPベースでの通信を行うサンプルを実装しました。後編では、通信方式の切替およびIISによるWCFサービスのホスティングについて扱います。

目次

はじめに

 『WCF(Windows Communication Foundation)チュートリアル 前編』では、WCFの概要について確認し、HTTPベースでの通信を行うサンプルを実装しました。後編となる今回は、通信方式の切替およびIISによるWCFサービスのホスティングについて扱います。

対象読者

 本記事はC#でのプログラミングを行ったことがある方を対象としています。サンプルを動作させるための環境設定などは、『WPF(Windows Presentation Foundation)+XAML入門 前編』をご覧ください。

通信方式の切り替え

 では、使用する通信方式をWebサービスBasic-ProfileからTCPに切り替えてみましょう。

 完全にBasic-Profileの設定を消して最初からやり直しても良いのですが、ここではWCFの特徴である、複数の通信方式を混在してのサービス提供に挑戦します。

通信方式の切り替え(サービス提供側)

 まず、WCFMemberServiceGUIプロジェクトで[ツール]-[Microsoft Service Configuration Editor]を実行し、[File]-[Open]よりWCFMemberServiceGUIプロジェクトの「app.config」を開きます。

WCFMemberServiceGUIプロジェクトのapp.config
WCFMemberServiceGUIプロジェクトのapp.config

 右画面の[Create a New Service Endpoint]を実行してサービスに新しいEndpointを追加する"New Service Endpoint Element Wizard"を開始します。

ホスティングするサービスのコントラクト指定
ホスティングするサービスのコントラクト指定

 既にサービスのアセンブリは指定されていますので、このEndpointで扱うコントラクトを指定します。ドロップダウン一覧より[WCFMemberServiceLibrary.ISampleService]を選択して[Next >]をクリックします。

使用する通信方式の指定
使用する通信方式の指定

 使用する通信方式として、[TCP]を選択して[Next >]をクリックします。

サービスを提供するアドレスの指定
サービスを提供するアドレスの指定

 次に、サービスを提供するアドレスを指定します。「net.tcp://localhost:8081/MemberService」を入力して[Next >]をクリックします。

サービス定義完了
サービス定義完了

 これでサービス定義は完了です。[Finish]をクリックします。

 「app.config」を開き、追加された内容を確認します。

作成されたapp.configの内容(TCP版)
<endpoint address="net.tcp://localhost:8081/MemberService"
          binding="netTcpBinding" bindingConfiguration=""
          contract="WCFMemberServiceLibrary.ISampleService" />

 新しいEndpointが追加されています。

X.509証明書についての設定
 以上の手順で作成すると、もともとあったBasic-ProfileのEndpoint定義内に、クライアントを認証するためのX.509証明書についての以下の記述が追加されてしまうことがあります。
 このまま実行するとホスティングアプリケーションの起動時にエラーが発生しますので、削除しておきましょう。
追加された証明書についての設定
<identity>
   <certificateReference storeName="My" storeLocation="LocalMachine" 
      x509FindType="FindBySubjectDistinguishedName" />
</identity>

 以上でサービス提供側の変更は完了です。ビルドして実行し、WCFサービスを開始しておきましょう。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • WINGSプロジェクト 土井 毅(ドイ ツヨシ)

    <WINGSプロジェクトについて> 有限会社 WINGSプロジェクトが運営する、テクニカル執筆コミュニティ(代表 山田祥寛)。主にWeb開発分野の書籍/記事執筆、翻訳、講演等を幅広く手がける。2018年11月時点での登録メンバは55名で、現在も執筆メンバを募集中。興味のある方は、どしどし応募頂...

  • 山田 祥寛(ヤマダ ヨシヒロ)

    静岡県榛原町生まれ。一橋大学経済学部卒業後、NECにてシステム企画業務に携わるが、2003年4月に念願かなってフリーライターに転身。Microsoft MVP for ASP/ASP.NET。執筆コミュニティ「WINGSプロジェクト」代表。 主な著書に「入門シリーズ(サーバサイドAjax/XMLD...

バックナンバー

連載:Vista時代のプログラミングモデル .NET Framework 3.0入門
All contents copyright © 2005-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5