CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

サイバーセキュリティクラウド、2020年7月~8月のサイバー攻撃検知レポートを発表

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/09/08 08:00

 サイバーセキュリティクラウドは、お盆休みなど長期休暇を含む7月1日~8月31日を対象にしたサイバー攻撃検知レポートを、9月4日に発表した。

 同レポートは、同社が提供するWebサイトへのサイバー攻撃を可視化・遮断するクラウド型WAF「攻撃遮断くん」、AWS WAF自動運用サービス「WafCharm(ワフチャーム)」で観測した攻撃ログを集約し、分析・算出している。

 7月1日~8月31日の期間、「攻撃遮断くん」「WafCharm」導入企業に対して、月平均32238832件のサイバー攻撃を検知した。

サイバー攻撃検知数比較
サイバー攻撃検知数比較

 2020年上半期に検知したサイバー攻撃数の平均と比較すると、Webサーバを構成するソフトウェアの脆弱性に対する攻撃として分類される「web attack」や、攻撃の対象を探索・調査したり、無作為に行われる単純な攻撃で脆弱性を探す方法である「Web scan」、アプリケーションのセキュリティ上の不備を意図的に利用してシステムを不正に操作する「SQL Injection」などの増加によって、30%以上増加している。

 8月18日には、2020年内最多の検知数となる1746611件のサイバー攻撃を検知し、8月7日には2番目に多い1647089件を検知した。

 同社は、7月・8月に攻撃数が増加した要因として、新型コロナウイルス感染症の感染が再度拡大したことで、企業のテレワーク体制が長引いていること、7月・8月は従業員が夏季休暇を取得するなど、オフィスが手薄になりがちなことから、このタイミングを狙ってサイバー攻撃が増加した可能性が高いと考えている。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5