CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

組織の1メンバーがDevOpsを促進するには? ニューノーマルな時代を生き抜くために【デブサミ2021】

【19-D-2】やったもんがち!ニューノーマル時代を生き抜くために、組織の1メンバーであるあなたがDevOpsを促進する方法

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/03/29 12:00

 不確実な時代の到来に伴い、変化に柔軟に対応するための開発の在り方として注目される「DevOps」。特に「ニューノーマル」と言われるコロナ後において、その重要性は高まるばかりと言われている。なぜ、この時代に「DevOps」が大切なのか、そして「DevOps」を実践していくために組織の1メンバーとしてどんな行動を起こせるのか。JFrog Developer Advocateの横田紋奈氏が、自身の経験を踏まえつつ「DevOps」の効果と可能性について語った。

目次
JFrog Developer Advocate Java女子部、JJUG 横田紋奈氏
JFrog Developer Advocate Java女子部、JJUG 横田紋奈氏

DevOpsの本質はコラボレーション、ニューノーマル下の開発現場で高まる価値

 「DevOpsを取り入れたい。だけど一歩を踏み出せずにいる人は少なくない。そんな方に行動を起こすためのプラクティスや私の経験を伝えたい」

 冒頭でそう語った横田氏(JFrog)は、この1年の間、コロナ禍によりほぼリモートワークで過ごし、ついには京都に移住といった、まさにアフターコロナの「ニューノーマル」な働き方だった。そんな「ニューノーマル」と「DevOps」についてはセットで語られることが多く、世の中には肯定的な声が多い。その理由について、横田氏は「DevOpsの本質が『コラボレーション』だから」と語る。

 そもそもDevOpsは専門ツールの導入や開発手法の一種など、決まったやり方を指すものではない。顧客に価値を素早く届けるために、開発・運用が協力する文化的な姿勢・取り組みのこと。つまりはコラボレーションを促進するものということになる。

 DevOpsという概念がなかった頃は、開発と運用が完全に別組織として仕事をし、互いの理解を十分に行うことはほとんどなかった。相手領域での作業が必要な時は、その都度依頼するという、互いに独立した関係だった。一方DevOpsの登場によって密接なコラボレーションが可能になり、文化やツール、ベストプラクティスはそれを支える存在として登場してきた。

 「DevOpsが実現できれば、組織やビジネスがうまくいき、自社や自分の価値が上がる。開発も運用も互いのことを考慮し、質の高い成果を出せ、できることが増える。『責めない文化』でバトルが減り、気持ちよく働くことができるだろう。そして、作業の効率化によって時間ができ、新しいことにチャレンジできるし、そもそも早く帰れる」と横田氏はDevOpsのメリットについて語る。

 そして、DevOpsでなかった開発者時代について、「チームがバラバラなのに関係者は多く、リリースにすごく時間がかかった。待ち時間も心理的な負担も大きかった」と振り返り、「DevOpsになって責任範囲は広がるが、作ったものがすぐに公開できて反応が返ってくるのは作り手としてはうれしいもの」と話す。

 しかしなぜ、改めてニューノーマルと絡めて語られることが増えてきたのか。コロナ禍以降、ニューノーマルにおいては、開発の現場においても急速な変化への対応が求められ、リモートワークの難しさが生じている。そこにDevOpsを活用してコラボレーションを促進できれば、問題を解決できると考えられている。そのためDevOpsの価値が改めて認識され、「実践が必須」という機運が高まってきた。

 それでは、どうやってDevOpsを実践するのか。横田氏は、DevOpsそのものはルールや方法論ではないため、ベストプラクティスを取り入れながらも、開発と運用のコラボレーションを大切にしながら自分たちなりに実現するのでいいと言う。「他の真似をする必要もなければ、ゴールもない。ずっと『どうしたらいいものができるのか』といった問いや議論をし続けることになる」

 つまり、「DevOpsは組織の数だけ正解がある」ということであり、自分たちで「やったもんが勝ち!」なわけである。しかしながらフレキシブルゆえに、何をすればいいのか戸惑う人も少ない。

 横田氏は、よくもらう質問として「結局何から始めたらいいですか?」「ベストプラクティスを教えてほしい」「DevOpsの考え方を取り入れることのメリットを周りの人に伝えるにはどうしたらいいですか?」「上の人が動いてくれないんですが......」などがあることを紹介。その多くがチームや組織が動くべきと考え、一人では何をしたらいいのかわからないでいる。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

著者プロフィール

  • CodeZine編集部(コードジンヘンシュウブ)

    CodeZineは、株式会社翔泳社が運営するソフトウェア開発者向けのWebメディアです。「デベロッパーの成長と課題解決に貢献するメディア」をコンセプトに、現場で役立つ最新情報を日々お届けします。

バックナンバー

連載:【デブサミ2021】セッションレポート

もっと読む

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5