CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

C#の標準化作業がオープンソースに

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/04/09 10:00

 米Microsoftは、C#の標準化作業をオープンソース化することを、4月5日(現地時間)に発表した。なお、C#コンパイラは2014年にオープンソース化されている。

 C#標準化のオープンソース化は、作業を容易にすることを目的に.NET Foundationの下で行われており、言語の革新や機能の設計から実装、標準化まで、すべてがオープンソース化された。オープン化によって、言語設計チーム、コンパイラの実装チーム、標準化委員会の3者間でのやり取りが容易になるとともに、すべての会話は公開される。

 ECMAのC#標準化委員会であるTC-49-TG2が、C#の標準案作成を担っており、標準化作業の状況はC# 6の標準テキストで確認できる。具体的な作業の内容は、dotnet/csharplangリポジトリでホストされているドラフト仕様と、現在のC# 5標準テキストとのマージで、C# 7の機能も組み込まれる。

 C#に関連するリポジトリとしては、C#の言語設計と進化の取り組みが含まれる前述のdotnet/csharplangのほか、コンパイラと関連ツール実装用のdotnet/roslyn、C#に関する標準テキスト作成のためのdotnet/csharpstandardの、合わせて3つのリポジトリが存在する。

 これから数か月にわたる期間中に、dotnet/csharplangとdotnet/docsのスペックテキストのイシューが、新しいdotnet/csharpstandardリポジトリに移動されるほか、C# 6のすべてのプルリクエストがレビューされ、標準リポジトリへのマージ後にdocs.microsoft.comにおけるC#の仕様が、標準化委員会によって標準化されたバージョンと置き換えられる。さらに、提案されたC# 6ドラフトがdocs.microsoft.comで公開された後に、dotnet/csharplangからC# 6のドラフト仕様が削除される。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5