CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

EclipseでWebプロジェクトを作ってみよう(2)〜WTPプラグインと動的Webプロジェクト

20年経ってもデファクトスタンダードIDEのEclipse入門 第7回

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/06/25 11:00

目次

ランタイム環境の追加方法

 これで、一通り、動的WebプロジェクトによるEEアプリケーション作成が行えるようになりました。最後に、ランタイム環境の追加方法を紹介しておきましょう。

ランタイム環境の管理は設定画面

 現在利用可能なアプリケーションサーバ、つまり、ランタイム環境の管理は、Eclipseの設定画面から行えます。設定画面を表示させ、左ペインから
[サーバー] > [ランタイム環境]
を選択してください。図26の画面が表示されます。

図26:ランタイム環境設定画面
図26:ランタイム環境設定画面

 この画面は、図16の新規サーバーの定義画面右下にある、[ランタイム環境の構成]リンクをクリックしても表示されます。この画面に表示されているランタイム環境リストは、まさに図4の新規動的Webプロジェクト作成画面のターゲットランタイムドロップダウンリストの選択肢そのものです。ここにランタイム環境を追加することで、作成できる動的Webプロジェクトの種類も、サーバ定義の種類も増えます。

Tomcat 10を追加してみる

 [追加]ボタンをクリックしてください。図27の画面が表示されます。なお、この画面は、図4の新規動的Webプロジェクト作成画面のターゲットランタイムドロップダウンリスト右横の[新規ランタイム]ボタンをクリックして表示される画面と同じです。

図27:新規サーバーランタイム環境画面
図27:新規サーバーランタイム環境画面

 この画面から、アプリケーションサーバの種類を選択します。手始めにTomcatの最新版である10を追加していきましょう。なお、Tomcat 10はPleiades All in Oneには含まれていないので、あらかじめTomcat 10のダウンロードページからバイナリzipファイルをダウンロードし、適切なフォルダ内に解凍、配置しておいてください。図27の画面から[Apache Tomcat v10.0]を選択し、[次へ]をクリックしてください。すると、図28の画面が表示されます。

図28:Tomcatサーバーの追加画面
図28:Tomcatサーバーの追加画面

 [Tomcatインストールディレクトリー]にあらかじめ配置しておいたTomcat 10のフォルダを指定します。その上で、[完了]をクリックすると、図29のようにランタイム環境としてTomcat 10が追加されています。

図29:Tomcat 10が追加されたランタイム環境設定画面
図29:Tomcat 10が追加されたランタイム環境設定画面

 この状態で動的Webプロジェクトを作成しようとすると、図4の新規動的Webプロジェクト作成画面のターゲットランタイムドロップダウンリストから、Tomcat 10が選択できるようになります。また、図16の新規サーバーの定義画面からも、Tomcat 10が選択できるようになります。

Tomcat自動ダウンロード

 図28のTomcatサーバーの追加画面には、[ダウンロードしてインストール]のボタンがあります。こちらをクリックして表示されたウィザードに従えば、実はTomcatのダウンロードを自動で行えます。

 ただし、環境によってはうまくダウンロードできない場合があります。さらに、手動でダウンロードするよりは、少し古いバージョンとなっています。そのため、本稿では手動でダウンロードした上で、そのフォルダを指定する方法を採用しています。次項で紹介するWildFlyについても、同様の理由で、手動でダウンロードする方法で紹介します。

WildFlyを追加してみる

 最後にTomcat以外のアプリケーションサーバの追加方法も紹介しておきましょう。ここでは、JBossのコミュニティ版であるWildFlyを追加してみます。このWildFlyも、Tomcat 10同様に、WildFlyのサイトにある[DOWNLOAD THE ZIP]ボタンから最新版(バージョン23)のzipファイルをダウンロードし、適切なフォルダ内に解凍、配置しておいてください。

 その上で、図26の[追加]ボタンをクリックして表示される新規サーバーランタイム環境画面をスクロールしていき、[Red Hat JBoss Middleware]フォルダを展開し、中の[JBoss AS, WildFly & EAP Server Tools]を選択し、[次へ]をクリックします(図30)。

図30: [JBoss AS, WildFly & EAP Server Tools]を選択
図30: [JBoss AS, WildFly & EAP Server Tools]を選択

 すると、図31のライセンスに同意を求める画面が表示されます。

図31:ライセンスに同意を求める画面
図31:ライセンスに同意を求める画面

 実は、JBossやWildFly用のランタイム環境を作成しようとすると、別途プラグインをインストールする必要があります。図31のライセンス画面はそのためのものです。同意のラジオボタンを選択し、[完了]をクリックすると、プラグインのダウンロード、インストールが始まります。途中、インストールの許可などのダイアログや、Eclipseを再起動するダイアログなどが表示されるので、その都度先に進んでください。

 最終的にEclipseが再起動され、もう一度、新規サーバーランタイム環境画面を表示させると、JBoss関連のランタイムの選択肢が増えています。このうち、図32のように、[JBossコミュニティー]フォルダを展開し、中の[WildFly 23 Runtime]を選択し、[次へ]をクリックしてください。

図32:[WildFly 23 Runtime]を選択面
図32:[WildFly 23 Runtime]を選択面

 すると、図33の画面が表示されるので、[ホームディレクトリー]にあらかじめ配置しておいたWildFly 23のフォルダを、[ランタイムJRE]として[JavaSE-14]を選択して[完了]をクリックします。

図33: WildFly 23用ランタイムの追加画面
図33: WildFly 23用ランタイムの追加画面

 これで、WildFly用の動的Webプロジェクトの作成や、サーバ定義の作成が行えるようになります。

まとめ

 今回は、EclipseでWebアプリケーションを開発するためのプラグインの2回目として、WTPによる動的Webプロジェクトの作成方法、および、サーバ定義の方法を紹介しました。次回は、EclipseからGit操作が行えるプラグインである、EGitを紹介します。



  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

連載:20年経ってもデファクトスタンダードIDEのEclipse入門

もっと読む

著者プロフィール

  • WINGSプロジェクト 齊藤 新三(サイトウ シンゾウ)

    <WINGSプロジェクトについて> 有限会社 WINGSプロジェクトが運営する、テクニカル執筆コミュニティ(代表 山田祥寛)。主にWeb開発分野の書籍/記事執筆、翻訳、講演等を幅広く手がける。2018年11月時点での登録メンバは55名で、現在も執筆メンバを募集中。興味のある方は、どしどし応募頂きた...

  • 山田 祥寛(ヤマダ ヨシヒロ)

    静岡県榛原町生まれ。一橋大学経済学部卒業後、NECにてシステム企画業務に携わるが、2003年4月に念願かなってフリーライターに転身。Microsoft MVP for ASP/ASP.NET。執筆コミュニティ「WINGSプロジェクト」代表。 主な著書に「入門シリーズ(サーバサイドAjax/XM...

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5