CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

EclipseでWebプロジェクトを作ってみよう(2)〜WTPプラグインと動的Webプロジェクト

20年経ってもデファクトスタンダードIDEのEclipse入門 第7回

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/06/25 11:00

目次

デプロイ先サーバの管理

 WTPでは、作成するプロジェクトと、デプロイするアプリケーションサーバが別管理となっています。ここまでの話は、あくまでプロジェクトの作成方法の解説でした。ここからは、サーバの管理方法を紹介します。

サーバの管理は専用ビューで行う

 デプロイ先アプリケーションサーバの管理は、サーバービューで行います。Java EEパースペクティブの場合は、デフォルトで画面下部にサーバービュータブが存在します。それをクリックすると、図14の画面となります。

図14:サーバービュー
図14:サーバービュー

 もし、サーバービューが表示されていない場合は、第1回で紹介した方法を参考に、表示させてください。現在、何もサーバ定義が作成されていないので、図14のような表記になっています。そのリンクをクリックするか、ビュー上を右クリックして表示されたメニューから
[新規] > [サーバー]
を選択してください(図15)。

図15:新規サーバーメニューを選択
図15:新規サーバーメニューを選択

 すると、図16の画面が表示されます。

図16:新規サーバーの定義画面
図16:新規サーバーの定義画面

 現在、Tomcat 9むけのアプリケーションを作成しているので、図16のように、[Tomcat v9.0 サーバー]を選択してください。なお、先述のように、Pleiades All in Oneに含まれているサーバ環境は、Tomcat 6〜9です。図16にはそれ以外の選択肢も用意されていますが、それらを利用する場合は、あらかじめランタイム環境として追加しておく必要があります。こちらについても後述します。

サーバにプロジェクトを追加

 図16の状態で[完了]をクリックすると、サーバ定義が作成され、Eclipseがそのサーバを管理できるようになり、起動や終了などが行えるようになります。ただし、それはあくまでサーバのみで、そこにアプリケーションをデプロイできるようにするには、サーバ定義にプロジェクトを関連付ける必要があります。これは、サーバ定義を作成したあとでももちろん可能ですが、図16の画面で[次へ]をクリックして表示される図17の第2画面であらかじめ設定可能です。

図17:プロジェクトの追加および除去画面
図17:プロジェクトの追加および除去画面

 この画面の左側に現在追加可能なプロジェクトが表示されるので、追加するものを選択して[追加]をクリックするか、[すべて追加]をクリックしてください。追加されたものは右側に移動します。その状態で[完了]をクリックすると、サーバ定義が作成され、サーバービューが図18のようになります。

図18:作成されたサーバ定義
図18:作成されたサーバ定義

 もしあらかじめ作成されたサーバ定義に、プロジェクトを追加する場合は、サーバ定義を右クリックして表示されるメニューから、[追加および除去]を選択すると、図17と同じ画面が表示され、追加できるようになっています。

図19:サーバ定義を右クリックして表示されたメニュー
図19:サーバ定義を右クリックして表示されたメニュー

サーバ定義の詳細表示

 このようにして作成したサーバ定義については、そのサーバ定義をダブルクリックすることで詳細内容が確認できます。試しに、ここで作成したTomcat 9のサーバ定義をダブルクリックすると、エディタ領域に図20のウィンドウが表示されます。

図20:サーバ定義の詳細内容
図20:サーバ定義の詳細内容

 また、サーバ定義を作成すると、プロジェクトエクスプローラー上に自動的にServersというフォルダが作成され、その中に、作成したサーバ定義に関する設定ファイルが格納される仕組みとなっています(図21)。

図21:自動生成されたServersフォルダ
図21:自動生成されたServersフォルダ

サーバの起動と終了

 サーバの起動と終了も、サーバービューから行います。サーバ定義を右クリックして表示される図19のメニューから、[開始]を選択します。すると、コンソールタブ上に、Tomcatの起動に関するさまざまなログが表示され、Tomcatが起動します。無事起動が終了すると、図18のようにサーバ定義右横に「停止」と記述されていた表記が、図22のように「始動済み」に変わります。

図22: 起動したサーバ
図22: 起動したサーバ

 さらに、サーバに追加されているFirstEEProjectにも「同期済み」と表示されています。この状態で既にTomcatへのデプロイが完了したことになります。試しに、先に作成したHelloServletを、前回と同様のコードに書き換え、URLパターン/helloでアクセス可能なように@WebServletアノテーションを記述し、その上で、以下のURLにアクセスすると、図23の画面が表示されます。

図23:「Hello World!」と表示されたブラウザ画面
図23:「Hello World!」と表示されたブラウザ画面

ファイルの変更後はサーバを再起動

 これで一通りアプリケーションの作成環境は整いました。ただし、動的Webプロジェクトでのアプリケーション作成には注意が必要なことがあります。それは、Eclipse内のファイルの変更を行った場合、サーバを再起動しなければならない、ということです。これは、サーバービューでサーバ定義を右クリックして表示されたメニューから[再開]を選択します(図24)。

図24:ファイルの変更を反映させるにはサーバの再開が必要
図24:ファイルの変更を反映させるにはサーバの再開が必要

 変更が即時反映さえるTomcatプロジェクトに比べて不便ですが、アプリケーションサーバを利用する上では、こちらが正攻法といえます。

デバッグもデバッグ起動が必要

 もう1つ、Tomcatプロジェクトに比べて不便に感じる点がデバッグです。前回紹介したように、Tomcatプロジェクトでは単にブレイクポイントを置くだけで、デバッグ可能でした。

 一方、動的Webプロジェクトの場合は、ブレイクポイント置いた上で、サーバをデバッグ起動する必要があります。これは、サーバ定義を右クリックして表示される図19のメニューから[デバッグ]を選択します。既にサーバが起動している場合は、メニューは図24のようになっているので、[デバッグで再起動]を選択します。

Tomcatのホットリロード

 先述のように、動的Webプロジェクトでは、ファイルの変更を反映させるには、原則サーバの再起動が必要です。ただし、Tomcatの場合、即時反映させることが可能です。それは、Tomcatには、そのような機能が含まれており、これを「ホットリロード」あるいは「自動再ロード」といいます。

 このホットリロードの可、不可は、設定で変更できます。本番環境では、もちろん不可に設定しますが、開発段階では可の方が効率がよいです。図20のサーバ定義の詳細内容を表示させた画面の左下から[モジュール]タブを選択します。図25の画面が表示されます。

図25:サーバ定義のモジュールタブ
図25:サーバ定義のモジュールタブ

 Webモジュールの表中の自動ロードが「使用不可」になっています。これは、[編集]ボタンをクリックして表示されるダイアログで変更できます。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

連載:20年経ってもデファクトスタンダードIDEのEclipse入門

もっと読む

著者プロフィール

  • WINGSプロジェクト 齊藤 新三(サイトウ シンゾウ)

    <WINGSプロジェクトについて> 有限会社 WINGSプロジェクトが運営する、テクニカル執筆コミュニティ(代表 山田祥寛)。主にWeb開発分野の書籍/記事執筆、翻訳、講演等を幅広く手がける。2018年11月時点での登録メンバは55名で、現在も執筆メンバを募集中。興味のある方は、どしどし応募頂きた...

  • 山田 祥寛(ヤマダ ヨシヒロ)

    静岡県榛原町生まれ。一橋大学経済学部卒業後、NECにてシステム企画業務に携わるが、2003年4月に念願かなってフリーライターに転身。Microsoft MVP for ASP/ASP.NET。執筆コミュニティ「WINGSプロジェクト」代表。 主な著書に「入門シリーズ(サーバサイドAjax/XM...

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5