CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

FileMakerが持つ最大の強み――「ワンソース・マルチデバイス」の魅力にフォーカス

プロの開発者こそローコード開発ツールを活用しよう!「FileMaker」完全ガイド 第5回

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2022/02/03 12:00

 本記事では、FileMakerのワンソース・マルチデバイスの強みにフォーカスします。この数年で、どんな規模のプロジェクトを支援するケースでも、モバイル対応が求められるようになりました。このモバイル対応においても、FileMakerにはとても大きなアドバンテージがあります。FileMaker GoというiOS/iPadOS環境におけるランタイムエンジンを活用すれば、PC用に作成したデスクトップアプリケーションを、最小限の作業でiPhoneやiPadで動くモバイルアプリケーションとして展開することが可能です。今回は、過去に弊社が実際に構築したiOS/iPadOSアプリを事例として紹介しつつ、FileMaker Goを用いたソフトウェア開発の技術要素について解説します。

目次

はじめに

 こんにちは。株式会社ライジングサン・システムコンサルティングの岩佐です。今回は、Claris FileMakerプラットフォーム(以下、FileMaker)が持つ「最大の強み」といっても過言ではない、ワンソース・マルチデバイスにフォーカスして、その魅力をお伝えしていきます。

 また、本記事の最後には、ローコードを武器にした「内製化支援サービス」という、新しい価値提案についても提言してみたいと思います。

 昨今の業務システム開発プロジェクトでは、何らかの形でiPhone/Padに代表される「モバイルデバイス」を絡めたプロジェクトが多数を占めるようになってきました。おそらく、一昔前のようにPCのみで動くシステムを作ればOKというプロジェクトは、かなり減ってきているのではないかと思います。弊社に引き合いをいただくプロジェクトでもほぼ100%、iPhone/iPadで動く機能の実装を求められます。

FileMakerプラットフォームの動作環境

 FileMakerで開発したソフトウェアは、大きく「デスクトップ」「iOS/iPadOSデバイス」「Webブラウザ」の3つの環境で動作可能です。これらは、一般的に「ユーザインタフェース」を持つソフトウェアになりますが、この条件を外して実行環境をより広く捉えると、第3回で紹介したFileMaker Data APIを活用したWebサービスも構築可能です。

デスクトップアプリケーション

 デスクトップは、まだまだ業務システム開発ではメインとなる動作環境です。そしてFileMakerでは、一般的なWindows環境におけるデスクトップアプリだけではなく、macOSで動くデスクトップアプリケーションも開発可能です。

 さらに FileMaker では、ワンソースで、Mac/Windows双方の環境で動くアプリケーションを開発することができます。これは、社内にMacとWindowsが混在するような企業で社内システムを開発する場合、とても強力な武器になります。

 一般的に、Mac/Windows両方で動かす独自のカスタムアプリケーション(以下、カスタム App)を「ワンソース」で作ろうとすると、現実的にはWebアプリ一択となります。しかし、Web環境で、具体的に動くソフトウェアを実装しようとすると、フロントエンドとバックエンドで異なるプログラミング言語をマスターする必要があります。また、フロントエンドひとつをとっても、HTML5/CSS3/JavaScriptという、それぞれが奥の深い言語をマスターする必要があり、そのための学習コストは非常に高くなります。

 その点、FileMakerであれば、1つの開発プラットフォームでの実装方法を習得するだけで、MacとWindows双方で動くソフトウェアを実装することが可能です。もちろん、必要に応じて、各OSが持つウインドウシステムの違いや、ファイルシステムの違いを意識した作りをする必要はあります。しかし、各OSに応じた振る舞いを記述しなければならない絶対的なコード量は極めて少ないです。

 デスクトップアプリケーションを動かすためには、ローカルデバイスに、Mac/Windowsそれぞれに用意されているClaris FileMaker Proをインストールする必要があります。

デスクトップ(Macの場合)
デスクトップ(Macの場合)
デスクトップ(Windowsの場合)
デスクトップ(Windowsの場合)

モバイルアプリケーション

 FileMakerのプロダクトファミリーでは、FileMaker Goという無料のiOS/iPadOSアプリケーションが提供されています。このFileMaker Goは、FileMakerで実装したソフトウェアを、iOS/iPadOS デバイスで実行するためのランタイム環境と思ってください。

 FileMaker GoとiOS/iPadOSデバイスを用いたソリューションには、大きく2つの運用方法があります。1つは、実装したカスタム Appを FileMaker Server にホストする方法。もう1つは、iPhone/iPad にカスタム Appを配布して、ローカルデバイス内で全ての動作が完結する方法です。

 一般的な業務システム開発のプロジェクトであれば、配布の手間もさることながら、ローカルデバイスには一切データを残さないというセキュリティ的な視点からも、前者のFileMaker Serverにホストする方法で運用する形をとります。この時、FileMaker Goは、FileMakerのカスタム Appの「専用ブラウザ」のような振る舞いをします。

iPad
iPad

 次に、後者のローカルデバイス内で全て完結させるタイプについては、FileMaker GoがExcelやAccessのような役割を担うと想像してください。FileMaker Goは、各デバイスに配布された「データとプログラムが一体化したファイル」である、fmp12ファイルを読み込んでカスタム Appを実行します。

 ローカルデバイスにデータとプログラムが保存される形になるので、セキュリティ的なリスクは上がってしまいますが、この運用方法には「オフライン」でも動作する別の強みがあります。例えば、電波の届きづらい地下施設や山間部、海洋上などで動かすことを前提としたカスタム Appも、この形態であれば運用することが可能です。

ブラウザ(WebDirect)

 上記2つは、FileMaker Pro/FileMaker Goといった、各OS用に用意されている専用のクライアントアプリケーションをインストールする必要があります。しかし動作環境要件によっては、クライアントアプリケーションのインストールが難しいケースもあります。

 例えば、社内で構築したソフトウェアの一部を取引先にも使ってもらいたいというケースを想定した場合、各取引先のローカルマシンにFileMaker Pro/FileMaker Goをインストールしてもらうのはハードルが高くなります。

 このような要求を満たそうとした場合、FileMakerではWebDirectという機能を使って、Webブラウザを経由したユーザインタフェースをユーザに提供することが可能です。また、iOS/iPadOSに関してはFileMaker Goが用意されていますが、Android端末で動かす場合には、このWebDirectをモバイルブラウザ経由で使うことになります。

 ただし、FileMaker Pro/FileMaker Goで動かすカスタム Appと比較すると、操作性・機能ともにかなりの制限があります。また、ライセンス的にも注意すべきことが多いので、実際に使うとなると妥協を強いられる部分が多々あります。十分な事前学習およびライセンスに関する理解が肝要です。


関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

連載:プロの開発者こそローコード開発ツールを活用しよう!「FileMaker」完全ガイド

著者プロフィール

  • 岩佐 和紀(イワサ カズキ)

     1973年、宮崎県出身。現在は長野県長野市に在住。 BMWジャパンやDOLCE&GABBANAジャパンといった外資系企業、及び東証一部上場企業において、情報システム部門の立ち上げから基幹システムの企画・開発・運用まで幅広い経験と実績を持つ。 2006年にフリーエージェントのITコンサルタントとして...

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5