Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Visual Studio 2005 Team Edition for Software Architectsの4つの分散デザイナ

Visual Studio 2005 Team Systemを使ってみよう - 第2回

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Visual Studio 2005 Team Systemのエディションの一つである、Visual Studio 2005 Team Edition for Software Architectsに用意されている4つの分散デザイナにはどんな機能が用意されているのかを一つ一つ見ていきます。これらの機能を理解することで、分散デザイナがどのような時に利用できるものなのかを理解することを目標としています。

目次

はじめに

 Visual Studio 2005 Team System(以下、VSTS)がリリースされ、Visual Studioのターゲットは開発者の枠を飛び越えることになりました。これはプロジェクトマネージャーからテスターまでを包括的にカバーし、チーム開発を強力に支援する製品としてリリースされましたが、まだまだ浸透していないように思います。今回は、VSTSのうち、設計者向けにリリースされたVisual Studio 2005 Team Edition for Software Architects(以下、VSTA)に用意されている分散デザイナ機能について、それぞれの概要を紹介します。

対象読者

  • .NET Frameworkを利用した開発プロジェクトに携わっている人
  • Visual Studio 2005 Team Systemに興味がある人

必要な環境と準備

 サンプルファイルの内容を確認するためには以下の環境が必要となります。

  • Visual Studio 2005 Team Edition for Software Architects、またはVisual Studio 2005 Team Suiteがインストールされていること
  • SQL Server 2005のいずれかのエディションがインストールされていること

VSTAの4つの機能

 VSTAには、大きく分けて以下の4つのデザイナ機能が用意されています。

  • アプリケーションデザイナ
  • システムデザイナ
  • 論理データセンターデザイナ
  • 配置デザイナ

 VSTAではこれら4つの機能を合わせて「分散システムデザイナ」と呼びます。「VSTAに用意されている分散デザイナ」のような言い方をする場合には、その実態として上に挙げた4つの機能のことを指しています。

 分散システムデザイナに用意されているさまざまな機能を利用することで、アプリケーション設計者、開発者、インフラ設計者のそれぞれがアプリケーションの形態や接続状況を確認したり、アプリケーションが配置される物理的な環境のモデルを確認したり、といった作業を通じて全体が矛盾なく設計されていることを確認できます。

 プロジェクトの早期の段階では必ずと言って良いほどこのような作業が発生すると思いますが、VSTAの機能を利用することで作成した成果物の管理や以降の工程へのシームレスな連携といったメリットを受けることができるようになります。

 それでは、分散システムデザイナに用意されている4つの機能のそれぞれについて、具体的にどのようなものであるか見ていきましょう。

アプリケーションデザイナ

 アプリケーションデザイナを利用すると、これから開発する予定のWindowsアプリケーションやASP.NET Webアプリケーション、ASP.NET Webサービスなどのアプリケーションを視覚的にデザインすることができます。

図1 簡単なアプリケーションのデザイン
図1 簡単なアプリケーションのデザイン

 デザインした一つ一つのアプリケーションには、そのアプリケーションに求められるさまざまな条件、例えばあるASP.NET Webアプリケーションでは、Forms認証が必要など、をアプリケーションデザイナの「設定および制約」として定義できます。

図2 ASP.NET WebアプリケーションにForms認証を設定する
図2 ASP.NET WebアプリケーションにForms認証を設定する

 さて、読者の方が普段作成しているような業務システムのアプリケーションは、一つの実行可能形式(.exeなど)で構成されていることはごく希だと思います。通常、一つのアプリケーションは、複数の実行形式(.exeなど)や複数の共有ライブラリ(.dllなど)から構成されていることがほとんどです。今まで単に「アプリケーション」という単語を利用して説明をしてきましたが、VSTAという製品の中では、「アプリケーション」は一つの実行可能な形式のことを指します。Visual Studioのプロジェクトで言えば、Windowsアプリケーションやコンソールアプリケーション、ASP.NET WebアプリケーションといったVisual Studioテンプレートから生成されるプロジェクトはVSTAの中で1つのアプリケーションという単位になります。一方、クラスライブラリやWindowsコントロールライブラリなどのVisual Studioテンプレートから生成されるプロジェクトはそれだけで実行可能な形式ではないので、VSTAでのアプリケーションという単位にはなりません。長々と説明してしまいましたが、VSTAのアプリケーションデザインとはあくまでも実行可能形式の単位でデザインを行うことを指します。

 このことを念頭に置いた上で、例えばASP.NET Webサービスを利用するASP.NET WebアプリケーションとWindowsアプリケーションをデザインすると次のようになります。

図3 VSTAによるアプリケーションデザイン
図3 VSTAによるアプリケーションデザイン

 ここで、それぞれのアプリケーションは、エンドポイントというもので接続されています。エンドポイントとは、定義した各アプリケーションに接続するための口のようなものです。ですので、エンドポイントはアプリケーションごとにDatabaseエンドポイントや、Webサービスエンドポイントなどが用意されています。例えば、図3中央には、ASP.NET WebサービスのCatalogというものを定義し、Catalogの上部には、CatalogWebServiceという名のWebサービスエンドポイントが定義されています。アプリケーション同様、エンドポイントにも設定と制約を定義することができ、これにより通信手段の限定などの設定を行うことができます。

 アプリケーションデザイナで業務システムなどに必要な一連の実行可能形式の定義が終了したら、次はそれを設計者や担当者が分かりやすいような論理的な単位にまとめるための作業を行います。これには、システムデザイナを利用します。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 山田 祥寛(ヤマダ ヨシヒロ)

    静岡県榛原町生まれ。一橋大学経済学部卒業後、NECにてシステム企画業務に携わるが、2003年4月に念願かなってフリーライターに転身。Microsoft MVP for ASP/ASP.NET。執筆コミュニティ「WINGSプロジェクト」代表。 主な著書に「入門シリーズ(サーバサイドAjax/XMLD...

  • WINGSプロジェクト りばてぃ/FUJIKO/ナオキ(リバティ, フジコ, ナオキ)

    <WINGSプロジェクトについて> 有限会社 WINGSプロジェクトが運営する、テクニカル執筆コミュニティ(代表 山田祥寛)。主にWeb開発分野の書籍/記事執筆、翻訳、講演等を幅広く手がける。2018年11月時点での登録メンバは55名で、現在も執筆メンバを募集中。興味のある方は、どしどし応募頂...

バックナンバー

連載:Visual Studio 2005 Team Systemを使ってみよう
All contents copyright © 2005-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5