Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

TFSで行うチーム開発、プロジェクトマネジメント

Visual Studio 2005 Team Systemを使ってみよう-第6回

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Visual Studio 2005 Team SystemのサーバーであるTeam Foundation Serverに用意されている4種類の機能の概要を解説します。これらの機能がどのようなもので、プロジェクトにおいてどう活用していけるのかを想像できることを目標にしています。

目次

はじめに

 Visual Studio 2005 Team System(以下、VSTS)がリリースされ、Visual Studioのターゲットは開発者の枠を飛び越えることになりました。これはプロジェクトマネージャーからテスターまでを包括的にカバーし、チーム開発を強力に支援する製品としてリリースされましたが、まだまだ浸透していないように思います。

 今回は、VSTSのうち、プロジェクト管理に関するさまざまな機能を持つTeam Foundation Server(以下、TFS)に用意されている機能について、それぞれの概要を紹介します。

今までの記事

対象読者

  • .NET Frameworkを利用した開発プロジェクトに携わっている人。
  • Visual Studio 2005 Team Systemに興味がある人。

必要な環境と準備

  • Visual Studio 2005 Team Editionのクライアント製品がインストールされていること。
  • Team Foundation Serverがインストールされていること。

TFSの構成

 TFSはアプリケーション層サーバーとデータ層サーバーの2つのサーバーから構成されています。アプリケーション層サーバー上では後述するソースコード管理や作業項目のトラッキング、チームビルドなどが実行されます。データ層サーバーではMicrosoft SQL Server 2005の機能を使用してTFS操作に必要なデータベースを一括で管理しています。データベースには作業項目やソースコード管理、レポート作成ウェアハウスなどが含まれています。またTFSの操作はTFSクライアントになるチームエクスプローラから行う事ができますが、一部の機能はMicrosoft社の既存の製品からも使用できます。

図1 TFSの主なサービスの配置と利用
図1 TFSの主なサービスの配置と利用

 アプリケーション層サーバーとデータ層サーバーは単一のサーバーに配置することもできますし、また別々のサーバーに配置することもできます。試しに使ってみる、という程度なら単一のサーバーに配置することをお勧めしますが、実際の開発に使用する場合は規模に合わせて構成を決めてください。

TFS4種類の機能

 TFSは非常に多彩な機能をもっていますが、大きくわけて4種類の機能が用意されています。

表1
機能名 内容
ソースコード管理 チェックイン単位でのバージョン管理を行うことのできる。またVSTSのクライアント製品を利用してチェックインに制限をつける事ができる
作業項目管理 作業の進捗状況が入力された作業項目を管理し進捗を把握しやすくする
チームビルド チェックインされているソースコードのビルドを自動的に行う
レポート 作業の進捗状況やバグの発生率などを自動的に表やグラフとして生成し、必要な情報を視覚的に分かりやすく表示する

 また、この他にWindows SharePoint Servicesの機能を使用したドキュメントの管理機能もありますが、本稿では触れません。TFSの上記の機能とVSTSのクライアント製品で作成された成果物の集合体としてチームプロジェクトという単位が提供されています。TFSを使用する際には必ず1つ以上のチームプロジェクトを作成し、チームプロジェクト内で作業を行う必要があります。

 なお、チームプロジェクトの作成はウィザードから簡単に行うことができ、その際MSF for Agile Software Development(以下MSF Agile)もしくはMSF for CMMI Process Improvement(以下CMMI)プロセステンプレートのどちらか一方を選択します。

 それでは、TFSに用意されている4種類の機能について、具体的にどのようなものか、またどう使うかについて見ていきましょう。

プロセステンプレート
 プロセステンプレートはMicrosoftが提供する開発標準のテンプレートで、6つの定義(プロジェクト構造の定義、セキュリティの定義、レポートの定義、ソースコード管理の定義、作業項目の定義、Windows SharePoint Servicesの定義)が含まれます。開発標準にはMSF AgileとCMMIが提供されており、提供される作業項目やレポートなどが異なります。MSF Agileは少人数であったり短期間であったりする開発向け、CMMIは大規模開発向けに提供されています。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 山田 祥寛(ヤマダ ヨシヒロ)

    静岡県榛原町生まれ。一橋大学経済学部卒業後、NECにてシステム企画業務に携わるが、2003年4月に念願かなってフリーライターに転身。Microsoft MVP for ASP/ASP.NET。執筆コミュニティ「WINGSプロジェクト」代表。 主な著書に「入門シリーズ(サーバサイドAjax/XMLD...

  • WINGSプロジェクト りばてぃ/FUJIKO/ナオキ(リバティ, フジコ, ナオキ)

    <WINGSプロジェクトについて> 有限会社 WINGSプロジェクトが運営する、テクニカル執筆コミュニティ(代表 山田祥寛)。主にWeb開発分野の書籍/記事執筆、翻訳、講演等を幅広く手がける。2018年11月時点での登録メンバは55名で、現在も執筆メンバを募集中。興味のある方は、どしどし応募頂...

バックナンバー

連載:Visual Studio 2005 Team Systemを使ってみよう
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5