Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

5分でわかるActiveReports帳票-らくらく始める帳票作成(2007年度版)

ActiveReports for .NET 3.0Jで作るサンプル帳票

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2007/08/03 14:00

 Visual Studio用コンポーネントActiveReports for .NETは優れたレポートデザイナ、レポートビューアを備えている帳票作成コンポーネントです。本連載では最新版の「ActiveReports for .NET 3.0J」を使って帳票アプリケーションの作成方法を紹介します。

目次
編集部注

 本稿の内容を増補改訂したアップデート版が提供されています。詳しくは連載の目次「5分でわかるActiveReports帳票」をご参照ください。

はじめに

 ActiveReports for .NET(以下ActiveReports)はVisual Studioと統合された使いやすいレポートデザイナや高機能なレポートビューア、多彩な出力形態をサポートする帳票作成コンポーネントです。今回はActiveReportsの最新版3.0Jを利用した帳票アプリケーションの開発の流れを、サンプルを交えながら紹介します。

ActiveReportsのレポートデザイナ画面
ActiveReportsのレポートデザイナ画面

対象読者

  • Visual Basic 2005またはVisual C# 2005を使ってプログラムを作ったことのある方。
  • 帳票作成ツールに興味のある方。

必要な環境

(注:Express EditionではActiveReportsをインストールできません)
  • Visual Studio 2005、Visual Studio .NET 2003でプログラムが作れる環境。

 本記事のサンプルコードはC# 2.0/Visual Basic 2005で記述しています。

 なお、今回紹介するサンプルには作成した帳票をPDF形式で出力する機能があります。開発環境のほか、出力したファイルを閲覧するためにAdobe Readerが必要になります。

ActiveReports for .NET 3.0Jのインストール

 今回はじめてActiveReportsを使用する方は、まずクライアントPCにActiveReportsをインストールする必要があります。有償の製品ですが、プロダクトキーを入力せずにインストールすることで、トライアル版として使用できます。制限事項などの詳細については、インストーラに同梱されているリリースノートを参照ください。

 インストーラは、グレープシティのWebページからダウンロードできますので、ここからダウンロードしてインストールしてください。製品ページ左側の[ダウンロード]-[トライアル版]をクリックし、ダウンロード方法([FTP]または[HTML])を選択すれば入手できます。ファイルはLZH形式で圧縮されています。

 ActiveReportsにはStandardとProfessionalの2つのEditonがありますが、今回はProfessional Editonをインストールします。各Editonの違いは、製品ヘルプを参照ください。

コントロールの追加

 インストール後はすぐに帳票アプリケーションの開発を行うことができますが、このあとのサンプルアプリケーション開発を効率よく行うため、ここではVisual StudioのツールボックスにActiveReportsのコントロールを追加する手順を紹介します。

 ツールボックスにコントロールを追加するには、メニューバーの[ツール]-[ツールボックスアイテムの選択]をクリックします。「ツールボックスアイテムの選択」ダイアログが表示されるので、追加したいコントロールにチェックを入れて[OK]ボタンを押します。

「ツールボックスアイテムの選択」ダイアログ
「ツールボックスアイテムの選択」ダイアログ

 異なるバージョンのActiveReportsがインストールされていると、複数のViewerコントロールが表示されます。異なるバージョンのActiveReportsを共存させている場合は、バージョンをインストーラやリリースノートから確認し、コントロール使用時にバージョンが混在しないように注意してください。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 宮本奈紗(ミヤモトナサ)

    株式会社システムインテグレータ ERPソリューション部所属。 ERPシステムの設計・開発に従事。業務でActiveReportsを使用。

  • 渡辺俊史(ワタナベトシフミ)

    株式会社システムインテグレータ パッケージ開発部所属。ECサイト構築パッケージの設計・開発に従事。VSUG(Visual Studio User Group) データベース・データアクセスフォーラムリーダー。 blog:t.watanabe weblog

バックナンバー

連載:5分でわかるActiveReports帳票

もっと読む

All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5