SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

「Cisco DevNet」でアプリ開発者もネットワークを学ぼう!(PR)

ネットワークやカメラを活かすアプリ開発のヒントが満載! シスコ「Meraki D-1 グランプリ」ファイナルステージ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2022年7月15日、シスコシステムズ(以降、シスコ)はMeraki APIを活用して開発した作品のスキルとアイデアで競うコンテスト「第1回 Meraki D-1 グランプリ 2022 ファイナルステージ」を開催した。Merakiはネットワーク機器、カメラ、各種IoTセンサーなどをクラウドで管理するプラットフォーム。イベント当日はファイナリスト5組のプレゼンと、最終審査を経て、グランプリ作品が発表された。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シスコが提供しているクラウド管理型ネットワークに「Meraki」がある。Wi-Fiアクセスポイントやスイッチなどのネットワーク機器、スマートカメラ、各種IoTセンサーなどのハードウェアをクラウドで管理し、公開されたAPIから制御とデータ取得ができる製品となっている。

 ネットワーク機器、カメラ、センサーをAPIで操作するなんて「難しい」と敬遠していないだろうか。応募者たちは「やってみたら、そんなに難しくなかった」と口々に言う。大事なのは挑戦することとアイデアだ。身近で困っていること、実現したいことをMerakiが可能にしてくれるかもしれない。応募者たちのアイデアはいいヒントになりそうだ。

 今回の「Meraki D-1 グランプリ 2022」では26チームの応募があり、そのなかから5チームの作品がファイナリストとして選ばれた。コンテストは作品のスキルとアイデアで競う。審査員は翔泳社 CodeZine編集長 近藤佑子氏、デジタル庁 デジタル社会共通機能グループ GSS 戦略調整官/慶應義塾大学 SFC 研究所上席所員 小野寺好広氏、加えてシスコから執行役員4名が務めた。ファイナリストの応募作品を見てみよう(発表順)。

これでもう起こされない!安否確認自動回答システム

 最初の発表は富士通ネットワークソリューションズ株式会社の有志による「NETS Five!」。

富士通ネットワークソリューションズ株式会社「NETS Five!」
富士通ネットワークソリューションズ株式会社「NETS Five!」

 企業にとって社員の安否確認システム運用は重要であるだけではなく、深夜でも連絡を取り合わなくてはならない苦労もある。そこでNETS Five!ではMerakiを活用して安否確認に自動で返信できるシステムを開発した。機能は大きく分けて(1)地震速報の通知、(2)社員の安全の判断、(3)安否確認システムへの回答となる。

システム構成図
システム構成図

 社員が安全かどうかは、(自宅にいる)社員の端末が自宅Wi-Fiに接続していることや、自宅カメラで撮影した画像を解析して判断する。判定結果をGoogle Sheetsに記録し、判定結果をシステムに回答、および本人に通知する。作品では誤検知を防ぎ、プライバシーを守るための工夫が凝らされていた。

 今後の改善ポイントとして温度センサーで火災や水害などを検知したり、ドアセンサーで避難可能か、屋外に設置したカメラから安全な避難経路検出に役立てたりするなどのアイデアが発表された。

Merakiで実現するスマートオフィス

 渋谷発の老舗IT企業 株式会社ミツイワの「EDA.lab」では、スマートオフィスをテーマに社員から寄せられた7つの要望をMerakiに実装した。

株式会社ミツイワ「EDA.lab」
株式会社ミツイワ「EDA.lab」

 Merakiデバイスとオープンデータなどを複合して、社員の生産性を高める便利な機能を実行する。プレゼンでは3つの機能を紹介した。

システム構成図
システム構成図

 (1)「自分の状況を報連相しちゃうオフィス」では、ドアの開閉センサーと天気データから「豪雨が来そうだから窓を閉めて」などと、オフィスが社員のTeamsに必要な情報を通知する。(2)「扉を出ると行先までの情報を教えてくれるオフィス」では、社員がオフィスから出る時に、出口のカメラから誰かを判定し、予定表から次の目的地までの交通機関の運行状況を通知する。(3)「今、最適なワークスペースを提案しちゃうオフィス」では、外出者にオフィスの混雑状況を伝え、混んでいたら近くのサテライトオフィスを提案する。

 代表者は「オフィスが人に寄り添い、必要な価値を提供するスマートオフィスを実現できたと思います」と話した。

次のページ
Meraki Data Connect―つながりの可視化

関連リンク

この記事は参考になりましたか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Cisco DevNet」でアプリ開発者もネットワークを学ぼう!連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

加山 恵美(カヤマ エミ)

フリーランスライター。茨城大学理学部卒。金融機関のシステム子会社でシステムエンジニアを経験した後にIT系のライターとして独立。エンジニア視点で記事を提供していきたい。EnterpriseZine/DB Onlineの取材・記事や、EnterpriseZine/Security Onlineキュレーターも担当しています。 Webサイト:http://emiekayama.net

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

丸毛 透(マルモ トオル)

インタビュー(人物)、ポートレート、商品撮影、料理写真をWeb雑誌中心に活動。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CodeZine(コードジン)
https://codezine.jp/article/detail/16263 2022/08/23 12:00

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング