CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

VB6プログラマのためのCurl入門
コントロールを貼り付けてビジュアルプログラミング

第1回

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2008/10/01 11:50

目次

ユーザーインターフェースのデザイン

 Curl IDEの左側にツリー形式で表示された項目の中からvle-container.scurlをダブルクリックしてください。ビジュアルレイアウトエディタ(以下VLEと略します)が起動します。VLEは、Curl IDEとは別のウインドウになっています(図3)。VLEの使い方は、VB6のフォームデザイナによく似ています。VB6ユーザーなら、VLEを直感的に使いこなせるでしょう。

図3 起動直後のビジュアルレイアウトエディタ
図3 起動直後のビジュアルレイアウトエディタ

 キー入力された2つの数値の加算結果を表示するアプリケーションを作成してみましょう。同様のアプリケーションをVB6で作成する場合は、フォームにテキストボックスを2つ、ラベルを1つ、コマンドボタンを1つ貼り付け、それぞれのプロパティを設定し、コマンドボタンのClickイベントに加算を行うコードを記述することになります。VLEでも、ほとんど同じ手順です。

 VLEの左端にあるパレットから中央のレイアウトに、TextField(VB6のテキストボックスに相当します)を2つ、TextDisplay(VB6のラベルに相当します)を1つ、CommandButton(VB6のコマンドボタンに相当します)を1つ貼り付けて、好みの位置とサイズで配置してください(図4)。Canvas(コントロールを貼り付ける土台のことで、VB6のフォームに相当します)のサイズも調整してください。コントロールの選択や配置の方法は、VB6と同様です。

図4 パレットに表示されたコントロール
図4 パレットに表示されたコントロール

 CommandButtonに表示されている文字列は、デフォルトでcommand-button-1になっています。これを「加算実行」に変更しましょう。そのためには、Canvasに貼り付けられたCommandButtonをクリックして選択し、VLEの右端にあるプロパティで「ラベル」の値を「command-button-1」から「加算実行」に変更します。このあたりの使い勝手も、VB6と同様です(図5)。これで、アプリケーションのユーザーインターフェースのデザインが完了しました(図6)。

図5 プロパティを設定する
図5 プロパティを設定する
図6 アプリケーションのデザインが完了したところ
図6 アプリケーションのデザインが完了したところ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

著者プロフィール

  • 矢沢久雄(ヤザワヒサオ)

    パッケージソフトの開発・販売に従事するかたわら、書籍や雑誌記事の著作活動、セミナーやカンファレンスにおける講演活動も精力的にこなす自称ソフトウエア芸人です。  

バックナンバー

連載:VB6プログラマのためのCurl入門
All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5