CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

VB6プログラマのためのCurl入門
ちょっと凝ったユーザーインターフェースを作ってみよう

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2009/01/08 14:00

今回は、Curlを使って、ちょっと凝ったユーザーインターフェースを作ってみましょう。CurlプログラムはHTMLを生成するものではありませんが、HTMLと同様に画像を表示することやWebページにリンクを貼ることができます。

目次

Curlで作るリッチクライアント

 Curlは、インターネット時代のリッチクライアントプログラミング言語です。今回は、Curlを使って、ちょっと凝ったユーザーインターフェースを作ってみましょう。CurlプログラムはHTMLを生成するものではありませんが、HTMLと同様に画像を表示することやWebページにリンクを貼ることができます。さらに、Curlを使えば、HTMLでは面倒な表形式やグラフ形式のユーザーインターフェースを容易に作ることもできます。

これまでの記事

文字と画像の表示、Webページへのリンク

 いきなりですが、図1をご覧ください。これは、サイズと色を設定した文字列の表示、画像の表示、およびWebページへのリンクを張ったユーザーインターフェースのサンプルです。HTMLでも作れるものですが、Curlを使って作るとどのようになるのでしょうか。さっそく、やってみましょう。

図1 このユーザーインターフェースをCurlで作る
図1 このユーザーインターフェースをCurlで作る

 Curl IDEを起動したら、「ファイル」メニューから「新規プロジェクト」を選択し、表示されたウインドウで「アプレットプロジェクト」を選択します。「マニフェスト」名に「UISample」と入力し、プロジェクトを保存する「ディレクトリ」に「C:¥CurlSamples¥UISample」と入力します。最後に[OK]ボタンをクリックしてください。

 IDEの左上に表示されたstart.curlをダブルクリックしてエディタを開いたら、自動生成されている宣言文の下に、リスト1に示したコードを記述してください。記述が終わったら、「ファイル」メニューから「全て保存」を選んでプログラムを保存します。

 「実行」メニューから「プロジェクトを実行」を選択すれば、Webブラウザが起動して、先ほど図1に示したユーザーインターフェースが表示されます。リンク先は、CurlのWebページ(http://www.curlap.com/)にしてあります。表示する画像は、あらかじめ適当なファイル(ここでは、cat.jpgです)をC:¥CurlSamples¥UISampleに置いておいてください。

リスト1 図1に示したユーザーインターフェースを実現するコード
|| 文字列の表示1
{text
    font-size = 10pt,
    color = "blue",
    フォントサイズ10pt、青色
}

|| 文字列の表示2
{text
    font-size = 20pt,
    font-weight = "bold",
    フォントサイズ20pt、太字
}

|| 文字列の表示3
{text
    font-size = 30pt,
    font-style = "italic",
    フォントサイズ30pt、斜体
}

|| 画像の表示
{image source = {url "cat.jpg"}}

|| Webページへのリンク
{link href = {url "http://www.curlap.com/"}, CurlのWebページへのリンク}

 「文字列の表示1」~「文字列の表示3」とコメント(Curlでは、|| でコメントを表します)した部分では、{text・・・} で文字列を表示しています。デフォルトの設定でよい場合は、{text・・・} で囲まずに、いきなり文字列を記述するだけで表示されますが、フォントサイズ、色、太字、斜体などを設定する場合は {text・・・} で囲む必要があります。それぞれ、font-size、color、font-weight、font-styleで指定します。画像の表示は、{image source = {url "画像ファイル名"}} で指名します。Webページへのリンクは、{link href = {url "Webページのアドレス"}, リンクを示す文字列} で指定します。

 Curl言語の構文にも慣れたと思いますので、ここでクイズを出題しましょう。画像にCurlのWebページへのリンクを張るには、どうしたらよいでしょうか? 答えはこの記事の最後にあります。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

連載:VB6プログラマのためのCurl入門

著者プロフィール

  • 矢沢久雄(ヤザワヒサオ)

    パッケージソフトの開発・販売に従事するかたわら、書籍や雑誌記事の著作活動、セミナーやカンファレンスにおける講演活動も精力的にこなす自称ソフトウエア芸人です。  

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5