SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

VB6プログラマのためのCurl入門(PR)

VB6プログラマのためのCurl入門
プロシージャとクラスについての比較

第3回 Curl言語のノリをつかもう(その2)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 VB 6.0では、Sub~End SubおよびFunction~End Functionという構文でプロシージャを作り、クラスモジュールでクラスを作ります。Curlでは、これからがどのように表現されるのでしょう。できるだけシンプルなサンプルプログラムを示しますので、Curl言語のノリをつかんでください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

VB 6.0と比較しながらCurl言語のノリをつかもう

 前回に引き続いて、Curl言語の基本的な言語構文を説明します。今回取り上げるのは、プロシージャとクラスの作り方です。VB 6.0では、Sub~End SubおよびFunction~End Functionという構文でプロシージャを作り、クラスモジュールでクラスを作ります。Curlでは、これからがどのように表現されるのでしょう。できるだけシンプルなサンプルプログラムを示しますので、Curl言語のノリをつかんでください。

これまでの記事

プロシージャの作り方

 はじめに、プロシージャを作ってみましょう。Curl IDEを起動したら、「ファイル」メニューから「新規プロジェクト」を選択し、表示されるウインドウで「アプレットプロジェクト」を選択します。「マニフェスト名」に「ProcSample」と入力し、プロジェクトを保存する「ディレクトリ」には前回と同様に「C:¥CurlSamples¥ProcSample」と入力します。最後に[OK]ボタンをクリックしてください。

 Curl IDEの左上にツリー表示された「start.curl」をダブルクリックします。これによって、ソースコードを編集するエディタのウインドウが開きます。エディタの中には自動生成された数行のコード(Curlのプログラムであることを示す宣言文)があります。これらのコードの後に続けてCurl言語でプログラムを記述します。これから示すサンプルプログラムのコードでは、宣言文の後に記述するものだけを示します(ここまでの手順は、後で別のサンプルを作るときも同様です。サンプルごとに新規プロジェクトを作成し、適当なマニュフェスト名を付け、マニュフェスト名と同名のディレクトリに保存してください)。

 VB 6.0では、値を返さないプロシージャをSub~End Subという構文で作り、値を返すプロシージャをFunction~End Functionという構文で作ります。Curlでは、値を返す、返さないにかかわらず {define-proc・・・} という構文で作ります。値を返さない場合は、戻り値のデータ型としてvoid(「無し」を意味する)を指定し、値を返す場合はintやdoubleなどのデータ型を指定します。

 サンプルを示しましょう。リスト1は、2つの引数の加算結果を返すadd-numプロシージャです。プロシージャ名が複数の単語(ここではaddとnum)を組み合わせたものとなっている場合は、ハイフンで区切るのがCurlのノリです。

リスト1 2つの引数の加算結果を返すプロシージャ
{define-proc {add-num a:int, b:int}:int
    {return a + b}
}

 {define-proc・・・} の中に { } で囲んで「プロシージャ名」と「引数名:データ型」を記述します。引数が複数の場合は、カンマで区切ります。ここでは、int型のaおよびbの2つの引数があります。 } の後にある:intは、プロシージャの戻り値のデータ型がint型であることを示しています。プロシージャの処理は、やはり { } で囲みます。{return a + b} という処理は、引数aとbの加算結果をプロシージャの戻り値として返すことを意味しています。このように、{ } を多用するのもCurlのノリです。

次のページ
プロシージャの呼び出し方

修正履歴

この記事は参考になりましたか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
VB6プログラマのためのCurl入門連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

矢沢久雄(ヤザワヒサオ)

パッケージソフトの開発・販売に従事するかたわら、書籍や雑誌記事の著作活動、セミナーやカンファレンスにおける講演活動も精力的にこなす自称ソフトウエア芸人です。 

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CodeZine(コードジン)
https://codezine.jp/article/detail/3323 2008/12/02 14:00

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング