CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

VB6プログラマのためのCurl入門
コントロールを貼り付けてビジュアルプログラミング

第1回

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2008/10/01 11:50

目次

アプリケーションの実行

 VB6では編集内容を保存しなくても実行できますが、Curlでは必ず保存してから実行します(保存しないで実行しようとすると、保存を促すメッセージが表示されます)。Curl IDEの「ファイル」メニューから「すべて保存」を選択してください。保存できたら、「実行」メニューから「プロジェクトを実行」を選択してください。「特権が必要なアプレットです」といった内容のエラーメッセージが表示されるはずです。Curlはセキュリティ上の理由から、特権を持った環境でないとCurlアプリケーションを実行できないようになっているからです。

 現在使用しているコンピュータに特権を与えるには、「Curlコントロールパネル」というツールを使います。Windowsの「スタート」メニューから「Curl RTE」→「Curlコントロールパネル」を選択して、Curlコントロールパネルを起動してください。Curlコントロールパネルの「セキュリティ」タブページで「このコンピュータ」をクリックし、右側に下線付きで表示される「特権ディレクトリの追加」をクリックします(図8)。

図8 Curlコントロールパネルの「セキュリティ」タブページ
図8 Curlコントロールパネルの「セキュリティ」タブページ

 「特権ディレクトリの追加」ウインドウが表示されたら、「このコンピュータのディレクトリパス」にC:¥CurlSamplesと入力して[OK]ボタンをクリックします(図9)。これによって、C:¥CurlSamples以下のディレクトリに保存されたCurlアプリケーションに特権が与えられます。[閉じる]ボタンをクリックして、Curlコントロールパネルを閉じてください。

図9 特権ディレクトリを追加する
図9 特権ディレクトリを追加する

 Curl IDEに戻り、「実行」メニューから「プロジェクトを実行」を選択してください。今度は、エラーメッセージが表示されずに、Webブラウザの中でCurlアプリケーションが実行されるはずです(図10)。

図10 Curlアプリケーションの実行結果
図10 Curlアプリケーションの実行結果

 これで、はじめてのCurl体験は終了です。Webブラウザ閉じてCurlアプリケーションを終了してください。VLEとCurl IDEそれぞれで「ファイル」メニューから「終了」を選択してウインドウを閉じてください。

 はじめてCurlを体験したVB6ユーザーは、どのような感想を持たれたでしょう。「確かにCurl IDEの使い方はVB6に似ているが、Curl言語の文法がVB6とまるきり違うので、習得するのに時間がかかりそうだ」という感想が多いと思います。確かにCurl言語の文法は、VB6とは大きく異なりますが、とても整然とした規則になっているので、ノリさえつかめれば習得はそれほど困難ではありません。次回は、Curl言語の基本文法を説明しましょう。



  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

著者プロフィール

  • 矢沢久雄(ヤザワヒサオ)

    パッケージソフトの開発・販売に従事するかたわら、書籍や雑誌記事の著作活動、セミナーやカンファレンスにおける講演活動も精力的にこなす自称ソフトウエア芸人です。  

バックナンバー

連載:VB6プログラマのためのCurl入門
All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5