Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Java開発者のためのCurl入門-Eclipseプラグイン導入編

第1回

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2008/10/01 12:00

目次

Curlアプリケーションの作成

 それでは、Curlプロジェクトを作成し、HelloWorldを作成します。

Curlプロジェクトの作成

 Eclipse上で、Curlプロジェクトを作成する手順は次のようになります。

1

 メニューから「File」→「New」→「Project...」を選択します。

2

 New Projectダイアログが表示されるので、Curlフォルダから「Curl Project」を選択し、「Next」ボタンを押下します。

3

 New Curl Projectダイアログが表示されるので、Project NameとProject Typeを選択し(今回は「Project with an applet file」を選択)、「Finish」ボタンを押下すると、次のようにCurlプロジェクトが作成されます。

HelloWorld

 「start.curl」ファイルを開きます。start.curlには、あらかじめ次のような記述がされています。

{curl 6.0 applet}
{curl-file-attributes character-encoding = "shift-jis"}
{applet manifest = "manifest.mcurl",
    {compiler-directives careful? = true}
}

 次のようにソースコードを変更します。

{curl 6.0 applet}
{curl-file-attributes character-encoding = "shift-jis"}
{applet manifest = "manifest.mcurl",
    {compiler-directives careful? = true}
}

Hello World!

 ソースコードを記述し終えたら、ソースを右クリックして、Curlアプレットを実行します(Alt+Shift+Xキーの後に[C]キーで実行も可能です)。

 実行すると、ブラウザが起動し、ブラウザ上に「Hello World!」と表示されます。

 また、次のような記述を行うことで、フォントのスタイルを変更することが可能です。

{text
    font-style="italic",
    font-size=30pt,
    color="red",
    Hello World!
}

{bold{italic Hello World!}}

 上記のソースコードを追加した場合の実行結果は、次のようになります。

まとめ

 第1回目の今回は、Curlの簡単な説明と、HelloWorldを実行するまでを説明しました。次回以降は、サーバとの接続する方法について説明をしていく予定です。



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 木村聡(キムラサトシ)

    2000年からJavaによるWeb開発に携わる。Seasarプロジェクトコミッタであり、コミッタとしての経験をもとに現在は仕事としてフレームワークの開発を行っている。 著書に、「Javaフレームワーク開発入門」や「Eclipseで学ぶはじめてのJava」等がある。

バックナンバー

連載:Java開発者のためのCurl入門
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5