Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

はじめて使うJazz (3)
― ソースコード管理

渋谷テクニカルナイト講師陣が語る新技術動向 第5回

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2009/02/27 15:00

 「はじめて使うJazz」シリーズも、はや3回目。今回のテーマは、ソースコード管理とビルド管理です。Rational Team ConcertにはSubversionと同種のソースコード管理に加え、ビルド管理の仕組みも組み込まれています。それらを組み合わせて、アジャイル開発で言うところの「継続的統合(CI:Continuous Integration)」環境を組み上げよう! というのが、今回のお題です。

目次

今回は「継続的統合」

 「はじめて使うJazz」シリーズも、はや3回目。読者の皆さん、Jazz.netサイトからダウンロードして実際にお試しになってますか? こうして回を重ねる間にも、Rational Team Concert(以下、RTC)の日本語化作業は着々と進んでいます。第1回の頃は、日本語化マイルストーン1というバージョンが公開されていましたが、本稿執筆時点でマイルストーン2を経て、既にリリース候補版(RC0)になりました。

 さて、3回目のテーマは、ソースコード管理とビルド管理です。RTCにはSubversionと同種のソースコード管理に加え、ビルド管理の仕組みも組み込まれています。それらを組み合わせて、アジャイル開発で言うところの「継続的統合(CI:Continuous Integration)」環境を組み上げよう! というのが、今回のお題です。

 RTCのソースコード管理には、アジャイル開発を意識した独特の機能が組み込まれています。このことが、CVSやSubversionに慣れた開発者にとっては、分かりづらいと思われてしまうのも事実です。

 そこで今回は、

  • まずは、ソースコード管理周りの基本を理解する。
  • ビルドものぞいてみる
  • アジャイルっぽくCIしてみる

 と、3段階で話を進めていこうと思います。

 マニアックな深みにはまらないよう注意しつつ、話を進めましょう。

まずはJazzのソースコード管理の基本を理解する

 本シリーズの第1回目で、既にプロジェクトをソースコード管理に登録するまでの手順を説明しました。ちょっと流れをおさらいして見ましょう。忘れてしまった方は、第1回目をブラウザの別ウィンドウで見つつ読み進めてください。

  • ステップ0
    普通にEclipseのプロジェクトを作る(連載では、「HelloJazzWorldプロジェクト」を作りました)。
  • ステップ1
    Eclipseの[プロジェクトの共用]機能を呼び出し、リポジトリー・タイプとして[Jazzソース管理]を選択する。
  • ステップ2
    「コンポーネント」を指定します(図1)。
図1
図1

 ステップ1までは、Subversionを利用した場合と同じ流れなので違和感がないと思いますが、ステップ2に入ると、いきなり「じゃず・わーるど」に突入しています。

 「既存リポジトリー・ワークスペース内のコンポーネントの選択」という文を理解するところから始めましょう。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 藤井 智弘(フジイ トモヒロ)

    日本アイビーエム株式会社 ソフトウェア開発研究所 Rationalエマージング・ビジネス・サービス。ソフト開発ってホントはもっとおもしろかったはず!という思いのもとで、”管理管理!”でも”開発者の自由!”でもなく、その程よいバランスこそが解と、啓蒙活動...

バックナンバー

連載:渋谷テクニカルナイト講師陣が語る新技術動向

もっと読む

All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5