CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

試してみよう! FlexではじめるRIA開発

Adobe Flex Builder 3 体験版のインストールとお役立ちリンク集

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2009/07/14 14:00

目次

「Adobe Flex Builder 3 Professional」インストール手順

 次に、Flex Builderをインストールしましょう。ダウンロードした「FB3_WWEJ.exe」をダブルクリックしてインストーラを起動し、[実行]をクリックします。

 なお、以下Windowsでのインストール手順ですが、Macでも同様の手順で行えます。

FB3_WWEJ.exeをダブルクリックして実行
FB3_WWEJ.exeをダブルクリックして実行

 画面中央のプルダウンメニューから設定言語の選択(日本語、English)を行い、[OK]をクリックします。

Adobe Flex Builder 3 インストーラ
Adobe Flex Builder 3 インストーラ

 インストールの開始画面が表示されたら、内容を確認し、[次へ]をクリックします。続いて使用許諾契約が表示されるので、こちらも内容を確認し、[使用許諾契約の条項に同意する]-[次へ]をクリックします。

使用許諾契約
使用許諾契約

 インストール場所(任意)を指定します。今回はデフォルト設定のまま、CドライブのProgram Filesフォルダの中にインストールします。

インストールフォルダを選択
インストールフォルダを選択
※注意:Adobe Flash Player 9の追加インストール

 Flex Builderを使用するためには、Adobe Flash Player 9が必要となります。必要に応じて次の「追加インストール」にて、該当のものにチェックしましょう。

追加インストール
追加インストール

 設定した情報の確認画面に変わりますので、内容を確認して[インストール]をクリックします。

インストール前の要約
インストール前の要約

 以下の画面が出れば、インストールは完了です。

インストール完了
インストール完了

 では、インストールしたFlex Builderを起動してみましょう。次のようなスタートページが表示されます。

起動した画面
起動した画面

 これで、体験版のインストールは完了です。

「Flex Builder 3のアクティベーション」ダイアログ

 体験版は、機能は製品版のものと同じように使えますが、使用期間が60日間に制限されています。初めて起動する際は、「Flex Builder 3のアクティベーション」ダイアログが表示されるので、[トライアル版を継続]ボタンを押してください。体験版としてFlex Builder 3が起動します。

 

 60日の制限を解除する(購入)方法は、Flex Builder 3を起動し、[ヘルプ]から[Flexライセンスの管理]を選択後、「Flex Builder 3のアクティベーション」ダイアログを表示させます。左下の[購入]ボタンをクリックすると、製品版の購入ページへ遷移します。購入後、「Flex Builder 3のアクティベーション」ダイアログの入力ボックス内に、製品版のシリアル番号を入力し、登録することで、製品版への移行が完了します。

 

購入後、シリアル番号を登録すると制限が解除できる
購入後、シリアル番号を登録すると制限が解除できる

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5