CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

試してみよう! FlexではじめるRIA開発

Adobe Flex Builder 3 体験版のインストールとお役立ちリンク集

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2009/07/14 14:00

目次

「Adobe Flex Builder 3 Professional」ダウンロード手順

 では、「Adobe Flex Builder 3 Professional(60日間体験版)」をダウンロードしてみましょう。ダウンロードにはAdobe IDの作成が必要になるため、まずは以下の手順でアカウント情報を登録します。本人確認が行える有効なメールアドレスだけあれば、無償でアカウントを取得できます。

1)Adobe IDを作成

 「Adobe Flex Builder 3 Professional(60日間体験版)」のページにアクセスし、[Adobe IDを作成する]ボタンをクリックします。

 既にAdobe IDをお持ちの方は、画面右側のサインインでメールアドレスをパスワードを入力してログインし、次項に進んでください。

[Adobe IDを作成する]ボタンをクリック
[Adobe IDを作成する]ボタンをクリック

 アカウント情報の登録画面に遷移するので、電子メールアドレス、パスワード、氏名などの登録を行います。赤い*マークは最低限入力が必要な項目です。

 なお、ページ下部の「各種お知らせ」で[メール]にチェックを入れておくと、最新技術情報やキャンペーン情報を記載した各種メールニュースを受け取れるようになります(コラム参照)。

アカウント情報を登録する
アカウント情報を登録する
アドビの最新情報をメールで受け取る

 上図のページ下部にある「各種お知らせ」の[メール]にチェックを入れておくと、Adobe IDとして登録したメールアドレス宛に、最新の製品情報やお得なキャンペーン情報、以下のメールニュース等が配信されるようになります。

 

  1. the edge newsletter
  2. Webやモバイルコンテンツ制作、映像配信などにかかわる人向けに、アドビ製品の最新情報、ユーザー事例やセミナー、開発者向けのTipsなどを紹介。

  3. Adobe Enterprise Solution News
  4. PDFを活用したドキュメントソリューションや、Flashテクノロジーによるリッチインターネットアプリケーション(RIA)に興味がある人に、アドビのエンタープライズ向け製品の最新情報、導入事例やセミナー/イベント情報、開発者向け情報などを紹介。

2)ダウンロード

 必要システム構成を確認してから、プルダウンメニューで目的の動作環境を選択し[ダウンロード]をクリックします。

 なお、ここではスタンドアローン版のインストール手順を紹介しています。既にEclipseを使っていて、プラグイン版としてインストールしたい場合はコラムの手順に従ってください。

ダウンロード選択画面
ダウンロード選択画面

 exeファイルがダウンロードされるので、[ファイルを保存]をクリックし、任意の場所に保存します。

「FB3_WWEJ.exe」のファイルを保存
「FB3_WWEJ.exe」のファイルを保存

 これで体験版のダウンロードは完了です。

※プラグイン版の体験版

 体験版をプラグインとしてインストールするには、Adobe Flex Builder 3 Professional Eclipseプラグイン(60日間体験版)をダウンロードする必要があります。Eclipseプラグイン版をダウンロードするには、IDを作成した後のダウンロード画面でEclipseプラグイン版へのリンクを選択します。

 

Eclipseプラグイン版をダウンロードする場合は赤枠内をクリック
Eclipseプラグイン版をダウンロードする場合は赤枠内をクリック

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5