Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Twitterのクローン作成で学ぶLiftによる開発の流れ

Scala+Liftによる実践Webアプリケーション開発(4)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2010/02/08 14:00

 第4回を迎えた本連載ですが、これまではLiftのView層やModel層の個々の要素の解説にとどまっていました。今回は、View層とModelを組み合わせて、Twitterのクローンのようなアプリケーションを作成しながら、Liftを利用した開発の流れを説明します。

目次

はじめに

 第4回を迎えた本連載ですが、これまではLiftのView層やModel層の個々の要素の解説にとどまっていました。

 今回は、View層とModelを組み合わせて、Twitterのクローンのようなアプリケーションを作成しながら、Liftを利用した開発の流れを説明することで、具体的なアプリケーションを構築するイメージをつかんでいただける内容になっています。

対象読者

  • Javaは知っているが、Scalaも学んでみたいと思っている方
  • ScalaでのWebアプリケーション開発に興味がある方

必要な環境

最低動作環境
  • J2SE 5.0 JDK
推奨環境
  • J2SE 6.0 JDK
  • Apache Maven 2.10
  • Scala 2.7.5

アプリケーション作成の流れ

 アプリケーションを作成する流れは、次のとおりです。今回は、これまでのおさらいを兼ねて、1からアプリケーションを作成します。

  1. mavenを利用してLiftプロジェクトを作成する
  2. Modelを定義する
  3. 画面のTemplateを作成する
  4. Modelへの検索や登録を行うSnippetを作成する
  5. アプリケーションの設定を追加する

 では、上記の流れに沿って説明を行います。

プロジェクト作成

 mavenコマンドでLiftプロジェクトを作成します。コマンドラインから、リスト1のように入力することで、プロジェクトが作成されます。

[リスト1]プロジェクト作成
mvn archetype:generate -U \
  -DarchetypeGroupId=net.liftweb \
  -DarchetypeArtifactId=lift-archetype-basic \
  -DarchetypeVersion=1.0 \
  -DremoteRepositories=http://Scala-tools.org/repo-releases \
  -DgroupId=demo.twitterclone \
  -DartifactId=twitterclone \
  -Dversion=1.0

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 山田 祥寛(ヤマダ ヨシヒロ)

    静岡県榛原町生まれ。一橋大学経済学部卒業後、NECにてシステム企画業務に携わるが、2003年4月に念願かなってフリーライターに転身。Microsoft MVP for ASP/ASP.NET。執筆コミュニティ「WINGSプロジェクト」代表。 主な著書に「入門シリーズ(サーバサイドAjax/XMLD...

  • WINGSプロジェクト 尾崎 智仁(オザキ トモヒト)

    <WINGSプロジェクトについて> 有限会社 WINGSプロジェクトが運営する、テクニカル執筆コミュニティ(代表 山田祥寛)。主にWeb開発分野の書籍/記事執筆、翻訳、講演等を幅広く手がける。2018年11月時点での登録メンバは55名で、現在も執筆メンバを募集中。興味のある方は、どしどし応募頂...

バックナンバー

連載:Scala+Liftによる実践Webアプリケーション開発
All contents copyright © 2005-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5