Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Scala+LiftフレームワークのModel

Scala+Liftによる実践Webアプリケーション開発(3)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2009/12/30 14:00

 前回は、ScalaのWebアプリケーションフレームワーク「Lift」におけるView層であるテンプレート、Snippetについて説明しました。今回は、LiftのModelを利用したデータアクセスについて、前回のサンプルを改良しながら解説したいと思います。

目次

はじめに

 Liftによるアプリケーション開発、第3回となる本稿は、Modelを利用したデータアクセスについて解説します。

 前回、LiftのView層を解説する際に利用したサンプルを、LiftのModelを利用してデータベースへのアクセスを行うように改良しながら、Modelの使い方について説明します。

対象読者

  • Javaは知っているが、Scalaも学んでみたいと思っている方
  • ScalaでのWebアプリケーション開発に興味がある方

必要な環境

最低動作環境
  • Java SE 5
推奨環境
  • Java SE 6
  • Apache Maven 2.10
  • Scala 2.7.5

LiftのModel

 Liftにおけるデータアクセスコンポーネントは、Mapper and Record Frameworkと呼ばれています。その名のとおり、MapperはJDBCを利用したデータアクセスを提供するコンポーネントで、RecordはMapperを抽象化してJDBC以外の(XMLなど)を対象としたデータアクセスを提供するコンポーネントです。ただし、Recordの方は現在開発中のため、ここではMapperを主に解説することにします。

Modelの特徴

 Modelは、次のような特徴を持っています。

(1)規約による設定

 データベースとのマッピング定義は規約による設定(CoC:Convention over Configuration)を採用しています。テーブル名=Modelのクラス名、カラム名=モデルクラスのプロパティ名という形でマッピングを定義します。

(2)スキーマの同期

 schemifyによるスキーマの同期という機能があります。データベースのスキーマとModelに定義されているプロパティを自動的に同期することができ、スキーマを拡張しながらの開発が可能です。

(3)動的な検索API

 SQLを意識しない動的な検索APIが提供されています。検索条件やソート順などは、ModelのAPIを利用して指定します。開発者が直接SQLを意識して作成することなく動的な検索を実現できます。もちろん、直接SQLを指定した検索も可能です。

(4)CRUD画面の自動生成機能

 CRUD画面の自動生成機能がサポートされています。Modelクラスに、Crudfyというtraitを追加するだけで、簡単な一覧検索、登録、更新、削除を行う画面が自動生成されます。生成する画面は、ある程度開発者が拡張、カスタマイズすることもできます。

MapperとMetaMapper

 Modelを定義するには、MapperとMetaMapperという2つのコンポーネントを作成する必要があります。

 Mapperは、データベース上のテーブルに対応するクラスです。Mapperのインスタンスが、データベース上の1レコードに対応します。Mapperクラスのクラス名がテーブル名に対応し、プロパティの定義がテーブルのカラム名に対応します。Mapperクラスには、データの保存や削除などの、レコード単位の操作を行うメソッドが定義されています。

 MetaMapperは、テーブル単位の定義や操作を行うシングルトンオブジェクトです。MetaMapperオブジェクトは、Mapperクラスのファクトリクラスであり、検索やソート順の定義などを定義します。

 MapperクラスとMetaMapperオブジェクトの関係は、以下の図のようになります。

図1:MapperクラスとMetaMapperオブジェクトの関係
図1:MapperクラスとMetaMapperオブジェクトの関係

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 山田 祥寛(ヤマダ ヨシヒロ)

    静岡県榛原町生まれ。一橋大学経済学部卒業後、NECにてシステム企画業務に携わるが、2003年4月に念願かなってフリーライターに転身。Microsoft MVP for ASP/ASP.NET。執筆コミュニティ「WINGSプロジェクト」代表。 主な著書に「入門シリーズ(サーバサイドAjax/XMLD...

  • WINGSプロジェクト 尾崎 智仁(オザキ トモヒト)

    <WINGSプロジェクトについて> 有限会社 WINGSプロジェクトが運営する、テクニカル執筆コミュニティ(代表 山田祥寛)。主にWeb開発分野の書籍/記事執筆、翻訳、講演等を幅広く手がける。2018年11月時点での登録メンバは55名で、現在も執筆メンバを募集中。興味のある方は、どしどし応募頂...

バックナンバー

連載:Scala+Liftによる実践Webアプリケーション開発
All contents copyright © 2005-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5