CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

格安VPSサーバで実用的なRuby on Railsアプリ運用環境を構築する

ServersMan@VPSにおけるRoRアプリ運用環境 最短構築手順

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2010/09/01 14:01

目次

MySQLの設定

 MySQLのインストールはyumで行います。また、RubyからMySQLに接続するためのライブラリに必要なパッケージmysql-develもインストールします。

リスト3 mysqlインストール
# yum install mysql-server
# yum install mysql-devel

 初回起動時に以下のコマンドでMySQLのrootパスワードを設定します。

リスト4 mysqlの起動と rootパスワード設定
# /etc/init.d/mysqld start
# mysqladmin -u root password 'パスワード'

PHPの設定

 phpMyAdminを動かすために、PHPをphp、php-mysql、php-mbstringの最小構成でインストールします。php-mysqlはPHPからMySQLに接続するための、php-mbstringはPHPで日本語を扱うためのモジュールです。

リスト5 PHPのインストール
# yum install php php-mysql php-mbstring

 また、phpMyAdminではセッションを利用しますので、以下のコマンドでPHPのセッションを保存するためのディレクトリの権限を書き込み可能にしておきましょう。

リスト6 PHPのセッションを保存するためのディレクトリの権限変更
# chmod 777 -R /var/lib/php/session/

phpMyAdminの設定

 PHPがインストールできたら、続いてphpMyAdminをインストールします。以下のコマンドでアーカイブを取得後、「/opt」以下のディレクトリに展開し、展開後のディレクトリ名を「phpMyAdmin」とリネームします。

リスト7 phpMyAdminのインストール
# cd /opt
# wget http://sourceforge.net/projects/phpmyadmin/files/FphpMyAdmin/F2.11.10/FphpMyAdmin-2.11.10-all-languages.tar.gz/download
# tar xvzf phpMyAdmin-2.11.10-all-languages.tar.gz
# mv phpMyAdmin-2.11.10-all-languages phpMyAdmin

 MySQLを接続するための設定はconfig.inc.php内に記述します。config.inc.phpは「libraries/config.default.php」にひな型ファイルがありますので、このファイルをリネームして作成します。

リスト8 config.inc.phpファイル作成
# cd phpMyAdmin
# cp libraries/config.default.php config.inc.php

 config.inc.phpで変更するのは以下の箇所です。MySQLのユーザー(root)に対して、前項で設定したパスワードを設定します。

リスト9 config.inc.php(抜粋)
$cfg['Servers'][$i]['user'] = 'root';
$cfg['Servers'][$i]['password'] = 'パスワード';

 以上の設定でphpMyAdminは利用できます。phpMyAdminはセキュリティ上の理由から、ドキュメントルートの外に配置して、エイリアス設定を行います。本記事では「/opt」以下にphpMyAdminを設置して、「/etc/httpd/conf.d/」ディレクトリに設定ファイル「phpMyAdmin.conf」を作成するものとします。

リスト10 phpMyAdmin.conf
Alias /phpMyAdmin/ "/opt/phpMyAdmin/"
<Directory "/opt/phpMyAdmin/">
    Options -Indexes FollowSymLinks MultiViews Includes ExecCGI
    AcceptPathInfo On
    AllowOverride All
    Allow from all
</Directory>

 また、以下のコマンドで基本認証のための.htpasswdを作成します。

リスト11 .htpasswdファイル作成
# htpasswd -c /etc/httpd/conf/.htpasswd ユーザー名
# New password: 
# Re-type new password: 
Adding password for user ユーザー名

 「ユーザー名」には任意のユーザー名を指定します。その後にパスワードを2回入力して、基本認証のためのユーザーとパスワードを設定します。その後に、「/opt/phpMyAdmin」ディレクトリに、.htaccessを作成してください。

リスト12 .htaccess
AuthType Basic
AuthUserFile /etc/httpd/conf/.htpasswd
AuthGroupFile /dev/null
AuthName "Enter password"
Require valid-user

 Apacheを再起動後、VPSのドキュメントルートに関わらず、「http://[ドメイン]/phpMyAdmin/」のアドレスで、基本認証が課せられたphpMyAdminにアクセスできます。


  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 山田 祥寛(ヤマダ ヨシヒロ)

    静岡県榛原町生まれ。一橋大学経済学部卒業後、NECにてシステム企画業務に携わるが、2003年4月に念願かなってフリーライターに転身。Microsoft MVP for ASP/ASP.NET。執筆コミュニティ「WINGSプロジェクト」代表。 主な著書に「入門シリーズ(サーバサイドAjax/XM...

  • WINGSプロジェクト 片渕 彼富(カタフチ カノトミ)

    <WINGSプロジェクトについて> 有限会社 WINGSプロジェクトが運営する、テクニカル執筆コミュニティ(代表 山田祥寛)。主にWeb開発分野の書籍/記事執筆、翻訳、講演等を幅広く手がける。2018年11月時点での登録メンバは55名で、現在も執筆メンバを募集中。興味のある方は、どしどし応募頂...

All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5