Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Silverlight/WPFで使える逆引きTips集
――カレンダー機能編

(2) Calendarコントロール

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2010/10/08 14:00

 本連載ではSilverlightやWPFで使えるTipsを逆引き形式で紹介してきます。今回はSilverlightとWPFで使用できるカレンダー機能(Calendarコントロール)のノウハウを解説します。

目次

はじめに

 この連載ではSilverlightとWPFで使える、逆引きTipsを紹介していきます。今回は、SilverlightとWPFで使えるカレンダー機能(Calendarコントロール)について取り上げます。

対象読者

 Visual BasicまたはVisual C#、および、Silverlight/WPFのプロジェクト作成方法、XAMLについて基礎的な知識がある方を対象としています。

必要な環境

 下記を使ってプログラミングできる環境(筆者はこの環境で検証し執筆しています)。

  • Visual Studio 2010
  • Microsoft Silverlight 4 Tools for Visual Studio 2010

 Microsoft Silverlight 4 Tools for Visual Studio 2010は、Microsoftダウンロードセンターより入手できます。Visual Studio 2010が準備できない方は、Visual Studio 2008およびVisual Studio 2008 Silverlight Tools 3.0の組み合わせでも構いません。ただし、この場合は本連載で取り上げるTipsが動作しない可能性もあります。あらかじめご了承ください。

今回紹介するTips 

  1. Calendarコントロールとは
  2. 表示種類を設定する
  3. 表示する日付の設定をする
  4. 現在の日付を強調表示する
  5. 単一または複数の日付の選択を許可する
  6. 現在選択されている日付を取得する
  7. 任意の日付を選択する
  8. 使用できる範囲を設定する
  9. 週の始まりの曜日を設定する
  10. 選択できない日付を設定する
  11. カレンダーのサイズを変更する
  12. 背景に画像を設定する
  13. カレンダーが変更されたことを知る
  14. 表示種類(月、年、10年)が変更されたことを知る
  15. 選択されている日付が変更されたことを知る

1. Calendarコントロールとは

 Calendarコントロールとは、その名が示すとおりSilverlightアプリケーションやWPFアプリケーションにカレンダー機能を提供するコントロールです。

 Calendarコントロールを使用すれば、下記のようなスケジュール管理するアプリケーションを作ることが可能です。

Calendarコントロールの例
Calendarコントロールの例
 

2. 表示種類を設定する

 DisplayModeプロパティを使用すると、表示部の種類を、月、年、10年のいずれかにすることができます。

DisplayModeプロパティにはCalendarMode列挙体を設定します。

CalendarMode 列挙体
メンバー名 説明
Month 一度に1ヶ月ずつ表示する
Year 一度に1年ずつ表する
Decade 一度に10年ずつ表示する

 下記は、3つのCalendarコントロールを配置し、それぞれ月、年、10年表示に設定する例です。

表示種類(月,年,10年)を設定する例
表示種類(月,年,10年)を設定する例
XAMLの例
<Calendar Name="Calendar1" DisplayMode="Month" />
<Calendar Name="Calendar2" DisplayMode="Year" />
<Calendar Name="Calendar3" DisplayMode="Decade" />
VBの例
Private Sub Window_Loaded(ByVal sender As System.Object, 
    ByVal e As System.Windows.RoutedEventArgs) Handles MyBase.Loaded

    Calendar1.DisplayMode = CalendarMode.Month  '1ヶ月表示
    Calendar2.DisplayMode = CalendarMode.Year   '1年表示
    Calendar3.DisplayMode = CalendarMode.Decade '10年表示
End Sub
C#の例
private void Window_Loaded(object sender, RoutedEventArgs e)
{
    calendar1.DisplayMode = CalendarMode.Month;		// 1ヶ月表示
    calendar2.DisplayMode = CalendarMode.Year;		// 1年表示
    calendar3.DisplayMode = CalendarMode.Decade;	// 10年表示
}
ポイント

 表示種類(月,年,10年)を設定するには CalendarMode プロパティを使用する。

 

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • HIRO(ヒロ)

    HIRO's.NETのHIROです。 とある半導体工場のSEです。 VB.NET, C#, PowerShellによるプログラミングを楽しんでいます。 最近はBlog でPowerShellについて書いています。 2008/07/07にPowerShell from Japan!!という...

バックナンバー

連載:Silverlight/WPFで使える逆引きTips集

もっと読む

All contents copyright © 2005-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5