SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

Infragistics NetAdvantageチュートリアル(PR)

Silverlightで地図アプリを構築する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 本稿では、XamMapの利用方法を、都道府県の白地図に人口のデータを表示するサンプルのアプリケーションを開発しながら解説します。NetAdvantage for Silverlight Data Visualizationのコントロールの1つであるXamMapを使うと、そのような地図アプリを簡単に構築することができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめに

 都道府県の白地図上に、地域別になんらかのデータ(人口や売上など)を表示したい、と考える人は多いのではないでしょうか。

 なぜならデータを地図上に表現することは、直感的でわかりやすいものだからです。実際、都道府県の白地図にグラフなどでデータの量を表現した図は、日常の様々なところで見かけると思います。

 NetAdvantage for Silverlight Data Visualizationのコントロールの1つであるXamMapを使うと、そのような地図アプリを簡単に構築することができます。

 本稿では、XamMapの利用方法を、都道府県の白地図に人口のデータを表示するサンプルのアプリケーションを開発しながら解説します。

対象読者

 Visual Basic 2010またはVisual C# 2010でSilverlightアプリケーションを開発した経験がある方。

必要環境

 Visual Basic 2010、Visual C# 2010以降の開発環境。今回のサンプルは原稿執筆時の最新バージョンであるVisual Studio 2010 Ultimate、.NET Framework 4にて作成しています。また、Windows 7 Ultimate(64ビット)において動作を検証しています。

 SQL Server 2008 R2またはSQL Server 2008 R2 Express Edition(with Management Tools)。

 またXamMapを利用するため、NetAdvantage for Silverlight Data Visualization:http://jp.infragistics.com/dotnet/netadvantage/silverlight/data-visualization.aspxが必要となります。こちらは有償の製品ですが、20日間すべての機能を使用できるトライアル版としてインストール可能です。

XamMapの概要

 XamMapは、NetAdvantage for Silverlight Data Visualizationで提供されるコントロールの1つです。

 XamMapを利用すると、Silverlight上に地理データを表示し、さらにパン、ズーム、マウスオーバー、ツールチップなどリッチな操作ができる地図を提供できます。

サンプルアプリで利用しているXamMapの機能

 本稿のサンプルは、都道府県の白地図に、都道府県別に人口の多さを円で表示するアプリケーションです。

 このサンプルで利用しているXamMapの機能は以下です。

機能 説明
データバインディング SQLサーバーに格納した都道府県の白地図の地理データを表示する
カスタマイズしたシンボル SQLサーバーに格納した都道府県別の人口数に応じたシンボル(円)として表示する
ツールチップ シンボル上に都道府県名と人口を表示するツールチップを表示する

XamMapを利用した地図アプリ開発

 それでは、XamMapを利用した地図アプリ開発方法を解説します。はじめに開発手順の全体像を示します。

開発手順の全体像

  1. サンプル用のデータベースを取り込む
  2. Silverlightアプリケーションを作成する
  3. Silverlight対応WCFサービスをWebサイトに追加する。
  4. WCFサービスに、データベースから情報を取得するメソッドを定義する
  5. Silverlightアプリケーションに、XamMapを追加する
  6. XamMapにWCFサービスから取得した都道府県境データをレイヤーとして表示する
  7. XamMapにWCFサービスから取得した人口データをシンボルとして表示する

 それではさっそく開発していきましょう。

次のページ
サンプル用のデータベースを取り込む

この記事は参考になりましたか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Infragistics NetAdvantageチュートリアル連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

菅原 英治(スガワラ エイジ)

シグマコンサルティング株式会社 取締役副社長。SIerでのSE勤務を経て起業。「ジョイ・オブ・プログラミング」をモットーにIT業界を明るく楽しくしたい。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CodeZine(コードジン)
https://codezine.jp/article/detail/5902 2011/05/09 11:30

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング