CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Silverlightで地図アプリを構築する

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2011/05/09 11:30
目次

Silverlightアプリケーションを作成する

 XamMapを利用したSilverlightアプリケーションを作成します。

Silverlightアプリケーションプロジェクトの作成

  1. Visual Studioを起動する
  2. メニュー→ファイル→新規作成→プロジェクトを選択し、新しいプロジェクト画面を表示する
  3. インストールされたテンプレートリストから、Silverlightを選択する
  4. Siverlightアプリケーション プロジェクトを選択し、任意の名前(本稿ではXamMapSample)をつけてOKボタンをクリックする
  5. 新しいSilverlightアプリケーション画面が表示される
  6. Silverlightアプリケーションを新しいWebサイトでホストする、のチェックをONにし、OKボタンをクリックする

ソリューションの構成の確認

 作成したSilverlightアプリケーションプロジェクトのソリューションの構成を確認します。ソリューション内には、Silverlightアプリケーションプロジェクト(=XamMapSample)とそのアプリケーションをホストするWebサイトプロジェクト(=XamMapSample.Web)の2つのプロジェクトが作成されています。

Silverlight対応WCFサービスをWebサイトに追加する

 Silverlightアプリケーションは、原則として、直接データベースにアクセスすることができません。ブラウザに読み込まれ実行されるクライアントサイドの技術だからです。

 このサンプルでは、Silverlightアプリケーションからデータベースにアクセスするために、次の手順でSilverlightをホストするWebサイトプロジェクト(=XamMapSample.Web)にWCFサービスを追加し、そのサービス経由でアクセスします。

WCFサービスの追加手順

  1. Webサイト(=XamMapSample.Web)プロジェクトで右クリックし、追加→新しい項目を選択する
  2. 新しい項目の追加画面のインストールされたテンプレートリストから、Silverlightを選択する
  3. Silverlight対応WCFサービス を選択する
  4. 任意のサービスの名前(本稿ではXamMapService)を入力し、追加ボタンをクリックする

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

著者プロフィール

  • 菅原 英治(スガワラ エイジ)

    シグマコンサルティング株式会社 取締役副社長。SIerでのSE勤務を経て起業。「ジョイ・オブ・プログラミング」をモットーにIT業界を明るく楽しくしたい。

バックナンバー

連載:Infragistics NetAdvantageチュートリアル

もっと読む

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5