CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Silverlightで地図アプリを構築する

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2011/05/09 11:30
目次

サンプル用のデータベースを取り込む

 まずは、サンプル用のデータベースをSQLサーバーに取り込みます。

 このデータベースには、都道府県境の地理情報と都道府県別の人口が格納されています。次の手順でSQLサーバーに取り込みましょう。

データベースのアタッチ

  1. サンプルのデータベース、XamMapDB.zipをダウンロードする。
  2. zipファイルを解凍し次の2ファイルを確認する。
    • XamMapDB.mdf
    • XamMapDB_log.ldf
  3. SQLServer ManagementStudioを起動し、ローカルのデータベースに接続する(※使用しているOSが、Vistaや7の場合は管理者権限で実行してください)
  4. データベース上で右クリックし、アタッチを選択し、データベースのアタッチ画面を表示します。
  5. データベースのアタッチ画面で追加ボタンを押し、XamMapDB.mdfを選択しOKボタンで完了します。
  6. XamMapDBが、SQLサーバーにアタッチされます。

データベースの確認

 アタッチしたデータベースの内容を確認します。

都道府県境の地理データ

 XamMapDBデータベースのPrefectureテーブル上で右クリックし、上位1000行の選択を実行し、Prefectureデータを取得します。すると空間結果タブで、日本の都道府境の地理データを地図の形で確認することができます。

都道府県別の人口データ

 XamMapDBデータベースのPopulationテーブルには、都道府県別の人口が格納されているので、確認してください。PopulationテーブルのPrefectureId列とPrefectureテーブルのId列で関連しています。

都道府県別の地理データと人口データを取得するストアド プロシージャ

 XamMapDBデータベースのストアド プロシージャには、GetPrefecturePopulationという名前のストアド プロシージャが定義されています。GetPrefecturePopulationは、PrefectureテーブルとPopulationテーブルを結合し、都道府県別の地理データと人口を取得するSelect文を実行した結果を返します。

テーブルを分割した理由

 ところで、このサンプルだけでの利用に限っては、Prefectureテーブル、Populationテーブルと分割する必要性はありません。しかし、カスタマイズしやすさを考え、このような構成としました。

 たとえば、人口ではなく、売上データを表示したい場合。このデータベースに都道府県別の売上データを持つテーブルを作成しデータを入れることで、簡単にカスタマイズすることができるのです。

 以上で、サンプル用のデータベースを取り込むことができました。次に、取り込んだデータをXamMapに表示するSilverlightアプリケーションを作成します。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

著者プロフィール

  • 菅原 英治(スガワラ エイジ)

    シグマコンサルティング株式会社 取締役副社長。SIerでのSE勤務を経て起業。「ジョイ・オブ・プログラミング」をモットーにIT業界を明るく楽しくしたい。

バックナンバー

連載:Infragistics NetAdvantageチュートリアル

もっと読む

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5