CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Windows Azure for Node.jsでキュー、テーブルを操作しよう

Windows Azure 新機能チュートリアル(16)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2012/07/23 14:00
目次

テーブルの一覧の取得

 テーブルサンプルページを表示したときに一覧を取得し表示しています。通常でDBと同じようにクエリを生成し、実行することで結果を取得できます(リスト9)。

リスト9 テーブルの一覧の取得(WebRole1\routes\table.js 24行目~)
//(1)クエリの作成
var tableQuery = azure.TableQuery.select().from(TABLE_NAME);

//(2)クエリの実行
client.queryEntities(tableQuery, function(err, entities, cont) {
  ...
});

 (1)でTableQueryオブジェクトからクエリを作成します。この例ではfromメソッドで指定したテーブル、すべてのプロパティを含むエンティティを取得します。RDBMSのようにJOINやORDER BYなど複雑なクエリを実行することはできません。ここでは説明しませんが、formメソッドの後に、whereやandメソッドを連結することで簡単なクエリは構成できます。

 (2)のqueryEntitiesメソッドでクエリを実行します。第1引数にクエリを指定すると、コールバック関数の第2引数entitiesに配列として結果が格納されます。

エンティティの削除

 一覧に表示されたエンティティ横のチェックボックスにチェックを入れ、削除ボタンをクリックすることでエンティティを削除します(リスト10)。

リスト10 エンティティの削除(WebRole1\routes\table.js 70行目~)
//(1)削除したいエンティティ指定
var entity = {
  PartitionKey : 'pkey',
  RowKey : dels[i],
};
//(2)指定したエンティティを削除
client.deleteEntity(TABLE_NAME, entity, function(err) {
  ...
});

 (1)には削除したいエンティティを指定するために、パーティションキーと行キーを持つデータを作成します。先ほども説明したように、エンティティはパーティションキーと行キーの組み合わせがテーブル全体で一意です。このためパーティションキーと行キーを指定すれば削除したいエンティティを特定することができます。

 (2)のdeleteEntityメソッドでエンティティを削除します。第1引数にテーブル名、第2引数に(1)で作成したデータを指定します。

まとめ

 6月のWindows Azureのアップデートにより、GitやWebMatrix経由からもNode.jsを簡単に使うことができるようになりました。Azure SDKのAPIリファレンスが未整備であるため少し使いにくさがありますが、AzureストレージとNodeを組み合わせて新しいサービスを開発できる環境が整いつつあるでしょう。



  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

連載:Windows Azure新機能チュートリアル

もっと読む

著者プロフィール

  • WINGSプロジェクト statemachine(statemachine)

    <WINGSプロジェクトについて> 有限会社 WINGSプロジェクトが運営する、テクニカル執筆コミュニティ(代表 山田祥寛)。主にWeb開発分野の書籍/記事執筆、翻訳、講演等を幅広く手がける。2018年11月時点での登録メンバは55名で、現在も執筆メンバを募集中。興味のある方は、どしどし応募頂...

  • 山田 祥寛(ヤマダ ヨシヒロ)

    静岡県榛原町生まれ。一橋大学経済学部卒業後、NECにてシステム企画業務に携わるが、2003年4月に念願かなってフリーライターに転身。Microsoft MVP for ASP/ASP.NET。執筆コミュニティ「WINGSプロジェクト」代表。 主な著書に「入門シリーズ(サーバサイドAjax/XM...

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5